登山

初心者だからこそ、ちゃんと揃えたい基本の登山用品

関連キーワード

最近では登山ブームの影響もあり、登山用品を買い求める登山初心者が増えてきています。
ですが、実際に登山用品店に足を運んでみたものの、何を揃えていいのか分からないといった声もよく聞かれます。

この記事では、そういった登山初心者の方にも分かりやすいように、これだけは用意しておきたい持ち物、登山用品を紹介していきたいと思います。

これから用具を買おうと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサー

登山靴

なんといっても、一番最初に用意するべき登山用品は登山靴です。
登山未経験者が普段使っている運動靴で大丈夫と考えて初登山に行き、散々な目にあったという話はよく耳にします。

登山用に作られた登山靴と、普通の運動靴ではその機能に大きな差があります。
飛んだり跳ねたりといったスポーツをするには運動靴でよいのですが、坂道を上ったり下ったり、木の枝を踏み越えたりといった動作を伴う登山において運動靴は適していません。

それどころか、足をくじいてしまったり、岩場で足首を切ってしまったりといった怪我や事故を招く原因になってしまいます。

登山靴には様々なメリットがあります。
・生地がしっかりしているので、防水性が高い
・靴底に深い溝があり、滑りにくい
・足首をくるむようにできていて、踏み外した際に足首をひねりにくくなっている。

このようなメリットは登山の際には大変重要になってきます。

では、実際に登山靴を選ぶ際にはどういった基準で選べばいいのか説明します。
登山靴は同じサイズの靴でも、メーカーや靴のタイプによって少しずつ幅や長さが異なってきます。
ですから、購入の際には実際に履いて感触を確認することをオススメします。

お店の人に初心者であることを伝え、いくつか靴を用意してもらい、ためし履きをして一番感触がよい靴を選ぶとよいでしょう。
また、登山の日に新しい靴をおろして使い始めると靴ズレになってしまう可能性があるので、登山の何日か前に実際に履いて少し歩いておいてください。

ザック(リュックサック)

次に用意するべき登山用品はザック(リュックサック)です。
軽めのトレッキングや日帰りの登山であれば、20~30リットル程度の容量で余裕をもって対応できます。
宿泊施設のある山小屋で1泊、2泊するような場合はもう少し大きめの40リットル程度の容量のザックが必要になってきます。

無人小屋や、路肩でのテントを使うような本格的な登山になってくると、さらに大きい70リットル程度の容量があるザックが必要になってきます。
用途に応じてザックを使い分ける必要があります。
初心者のうちは30リットル程度のザックを用意しておくとよいでしょう。

用意するザックの容量が決まったら、次に自分の体にフィットするかどうかをチェックしてください。
自分の体にフィットしているザックを選べば、歩行時にザックが揺れることを防げるので疲れが軽減されます。

ではどうやって自分の体にフィットしたザックを選べばよいのでしょうか。
実は、登山靴と同じようにザックもメーカーや商品によって形状が様々です。
同じ容量のザックでも、縦に長いものや横幅があるものなどいろんなタイプがあります。
ですから、登山用品店で実際に背負ってみて、自分の体に一番フィットしているものを買うとよいでしょう。

自分の体にフィットした商品が見つかったからといってすぐに購入を決めてはいけません。
その商品の色もチェックしてください。
遭難や滑落といったもしもの際には、なるべく派手な色のザックを使っている方が発見しやすいので、なるべく派手な蛍光色のザックを選んでください。

スポンサー

雨具

「山の天気は、女心のように変わりやすい」という格言があるように、朝は快晴だった山が午後には土砂降りになってしまうといったことは、山ではめずらしいことではありません。

山の頂上で天気が急に変わって雨になった際に雨具がなければ、雨風で体が冷え、真夏であっても低体温症になる危険性があります。 ですから、出発するときに雲ひとつない快晴だったとしても、必ず雨具は持っていかなければなりません。

では、どのような雨具を用意すればよいのか説明していきます。

まず注意するポイントは防水性と通気性です。
防水性がなければ雨で衣服が濡れてしまいますし、通気性がなければ自分が書いた汗が内側にこもって衣服がベタベタになってしまいます。
その2つを兼ね備えているのが「ゴアテックス」の雨具です。

ゴアテックスは防水透湿素材と呼ばれる素材で、外からの水を弾きつつ中の湿気を外に逃がすことができます。
ですからゴアテックスで作られた雨具は登山に最も適しているといえます。

値段は上下セットで3万円程度の商品が主流です。
実際に着てみれば分かりますが、ちゃんとした雨具を着ていると多少の雨風ではまったく寒くありません。
3万円と聞くと高い気がしますが、いざというときに自分の命を守ってくれる用具だと考えれば安い買い物だと思います。

以上3点が必ず用意しておく登山用品です。
安全で快適な登山を楽しむためにも、しっかりと自分にあったものを用意するようにしましょう。

スポンサー

    ▲ページトップ