登山

美しく、そして危険。冬山登山への挑戦は徹底的な準備と覚悟を持って臨もう

関連キーワード

みなさんは冬山登山の経験はありますか?

冬の山はとても魅力的で、四季の中で一番いい経験ができるという声がよく聞かれます。
ですが、四季の中で一番魅力的であると同時に、一番危険な季節です。

毎年、冬になると必ずといっていいほど冬山登山での遭難事故のニュースが流れます。
特に、高齢者の登山が増えてきた最近では、遭難件数が年々増えているとの報告があります。

そういった点をふまえて、この記事では冬山登山の魅力だけでなく、注意点も説明していきたいと思います。
正しい知識をしっかり身につけて、安全な冬山登山ができるようにしましょう。

スポンサー

冬山登山の魅力

みなさんは冬山登山にどういうイメージを持っていますか?
安全というイメージを持っている方は少ないと思います。

実際、冬山登山は危険です。
毎年のように冬の山で遭難し命を落とす登山者がいます、しかしそれでも登山者の数はいっこうに減りません。
むしろ毎年増加の一途をたどっています。
なぜそこまでして冬の山に登るのでしょうか?

想像してみてください。
積雪であたり一面が真っ白な銀世界となり、聞こえてくるのは雪が積もる際のかすかな音のみ、冷たい風がほほを刺激し、厳しい大自然を目で耳で肌で感じさせてくれるのです。

そんな厳しい大自然の中を歩くことによって得られる感動というのは、経験したものにしか理解できない素晴らしさがあります。
だからこそ、人は危険を承知で冬の山に登り続けるのです。

魅力があることは分かったけれど、どんな危険性があるの?
そう思われた方も多いと思います。

次は冬山登山の危険性について説明していきます。

冬山登山の危険性

冬山登山の際、注意点は大きく2つあります。

1つ目は防寒対策、しっかり対策できていないと低体温や凍傷といった危険性があります。
2つ目は積雪、積雪によって普段とは山の姿がまったく変わってしまうので、どれだけ山に詳しい人でもルートを見失ってしまう危険性があります。

では、どういう対策が必要なのでしょうか

実は、山に登り始めた後にできることはほとんどありません。
山に登る前の準備が重要なのです。
事前の準備が9割、山の中でできる対策は残りの1割といわれています。

登山前に準備しておくべきことが3つあります。

・余裕を持ったプランニング
冬の山は積雪によって登山道の状況は常に変化し続けています。
また、気温が低く風も強いので、体力の消耗が激しくなります。
ですから、他の季節と同じようなペースでの移動はできないということを自覚しておいてください。
ゆとりのある計画を立てましょう。

・雪崩対策
自分が登るルートで雪崩が起こる可能性が高いポイントを事前にチェックしておきましょう。
当日になって積雪が激しい場合は、そういった雪崩の危険性があるポイントを迂回して登るようにしてください。

・登山届
どれだけ準備をしても遭難や滑落を100パーセント避けることはできません。
もし救助が必要になった場合は、登山届けを出しておけば救助活動がスムーズに行えます。
必ず登山届を提出してから登るようにしましょう。

以上の3つのポイントをしっかり押さえておいてください。
しっかり準備すれば、安全に冬山登山をすることができます。

スポンサー

冬山登山オススメの装備

冬の山に登る際にオススメの装備をいくつか紹介していきたいと思います。
すべてが必要というわけではなく、その日の体調や山の状態などを考慮して、必要だと思われるものを使うようにしてください。

・ニット帽(ビーニー)
冬山登山の際には、耳まで隠せるタイプのニット帽がオススメです。
耳が出たままだと、冷たい風が直接あたってしまいます。
登山用品店などでは「ビーニー」という名称で扱われています。

・ネックウォーマー
耳を隠すのと同様に、首元もしっかり隠しておきたいです。
ネックウォーマーがあるのとないのとでは、保温性が全然違うので必需品といってもよいでしょう。 
首元から胸元にかけてしっかりと保温できれば、低体温になるリスクを減らすことができます。

・登山タイツ
トレッキングパンツの下に保温タイツを履けば、保温性が高まります。
どうしても足元は冷えやすくなるので、これも必需品といっていいでしょう。
日常の下着として売っている保温タイツでは、汗をうまく排出できずにベタベタになってしまうことがあるので注意が必要です。
専門店に売っている登山用の保温タイツを使うようにしましょう。

・テルモス(保温水筒)
登山専用の特殊な水筒で、普通の水筒よりもはるかに強力な保温力を備えています。
道中であたたかい飲み物を飲めば、体力を回復させることができます。
万が一遭難したときのことを考えると、飲み水があれば心強いので多めに持っていくといいでしょう。

 以上冬山登山オススメのアイテムでした。

ここまで、冬山登山の魅力、危険性を解説してきましたがいかがだったでしょうか?
冬の山は魅力的である反面、危険性も高くなっています。
しっかりと準備をしてから登るようにしてください。

スポンサー

    ▲ページトップ