登山

登山の基本は防寒から!体温調整に欠かせないおすすめインナーをご紹介。

関連キーワード

重い荷物を背負って歩き続けるため、登山時には普段のウォーキング時より格段に汗をかきます。
また、突然の雨などによって衣服が濡れてしまうケースも何度も遭遇します。
湿ったインナーが肌に張り付いて、時間と共に体が冷えていく経験をしたことがあるといった声もよく聞きます。

そのようなケースを防ぐためには、登山用に特別に作られたインナーを用意しておくことが必要です。

この記事では、なぜ登山用のインナーが必要なのか、実際インナーを購入する際にはどのようなポイントに注意して選べばよいのか説明していきたいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサー

登山時に

人間は常に汗をかくことで体温を調節しています。
体温が上がりすぎてしまうと、自然と汗をかく量が増え、その汗が気化するときに気化熱を体の表面から奪っていくことで体温が下がります。

ところが、インナーが汗を吸い込んでしまってベタベタの状態だと、汗をかいてもその汗が気化できないため体温を下げることができません。
そのせいで余計に汗をかき、その汗がインナーにしみこんでさらにベタベタの状態になるという悪循環に陥ってしまいます。

汗をかいてから時間がたつと、今度は汗でベタベタになったインナーが冷えてきて体温をどんどん奪っていきます。
こうなると体力を消耗してしまいますし、注意力も低下しケガや事故を起こしやすくなってしまいます。
場合によっては低体温症を引き起こしてしまうケースもあります。

普段のスポーツであれば、雨が降ってきたら中止したり、ウエアが濡れても着替えれば対応できるのでこういった心配はありません。
ですが、登山中であれば山の頂上で急に雨が降ってきたからといって登山をやめるということはできません。

雨が降っても風が吹いてきても山のふもとまで自力で降りなければなりません。
ですから、登山時には普段とは異なった登山用のインナーが必要になってくるのです。

登山用のインナーに備わっている機能

登山用のインナーにはいろいろな機能が求められます。
その中でも特に、

・汗をかいた際に体の表面の水分を吸収してくれる吸水性
・吸収した汗をすばやく蒸発させることができる速乾性
上記の2点が特に重要です。
これらの機能が優れていれば、登山時に汗をかいてもすばやく吸収し、蒸発させることができるので、時間と共に体温が奪われるといったことは起こりません。

登山用に販売されているインナーであれば間違いなくそういった機能が備わっています。
また、特殊な繊維で作られているので、保温性に優れていますし、中には防菌・防臭効果が備わっているものも販売されています。

では、実際どのインナーがおすすめなのか紹介していきたいと思います。

スポンサー

おすすめの登山用インナー

・パタゴニア「キャプリーン」シリーズ
http://www.patagonia.jp/home

化学繊維のキャプリーン・ベースレイヤーで、優れた通気性と速乾性があります。
実際にユーザーと直接意見交換をし続けることで、素材や構造の改良を絶え間なく続けており、年々よりよい商品に進化しています。
着心地もよく、家庭にある普通の洗濯機で洗濯できます。

用途ごとに少しずつ特徴がある4種類が販売されています。

キャプリーン1
肌触りにこだわっており、着心地が特に優れている。ベースレイヤーとして着用が可能です。

キャプリーン2
温暖な気候から冷涼な気候まで対応できる。昼間と夜間の寒暖の差が激しいエリアには最適な商品です。

キャプリーン3
特に冷えが厳しいエリアに対応。冬山登山には必須といっていいほどの商品です。

キャプリーン4
保湿性に特に優れた商品です。
登山する時期やエリア、その日の天候や気温に応じて使い分けることで、快適な登山ができます。

・アークテリクス「フェーズ」シリーズ
http://www.sunwest.biz/arcteryx/

生地を部位によって細かく使い分けており、インナーの体への密着度と身体の動かしやすさという相反する2点を同時に実現した商品。
ポリプロピレンとポリエステルを組み合わせてつかうことで、高い吸水性と速乾性を持っています。

耐久性が特に優れており、耐久性が一番高いインナーとして登山愛好家の間で広く知られています。
値段は多少高いが、長く使えるのでコストパフォーマンスの点で優れていると言えます。

・モンベル「ジオライン」シリーズ
日本発のアウトドアブランドの商品です。
素材となっている糸1本1本から独自に開発されています。
遠赤外線効果のある特殊な素材を使うことで、暖かさを持続できます。

防菌・防臭効果にも優れており、着心地がとても優れています。
また、日本発のブランドということもあって、日本人向けに作られているので、体にフィットしやすいというメリットもあります。

いかがでしたか?
いくつかおすすめのインナーを紹介しましたが気に入ったものは見つかったでしょうか。

登山の際にはインナーは、体温調節・体温維持といったとても重要な役割を担います。
自分の体にあった商品を選ぶことで快適に登山を楽しむことができます。
この記事を参考にして見つけていただければ幸いです。

スポンサー

    ▲ページトップ