~座禅の作法~「合掌で心を調える」合掌のはじまりや、正しい合掌の仕方をおさらい

関連キーワード

両手の掌を合わせる合掌は、日本人には欠かせない礼法のひとつ。

寺社仏閣で神仏に祈るとき、先祖の墓や仏壇にお参りするとき、自然に両手が合わさる人が多いのではないでしょうか。合掌は座禅の作法でもたびたび行います。海外では、アジアでは合掌して挨拶するものというイメージがあって、日本人のあいさつも合掌とお辞儀のセットと思い込んでいる人が多いようです。海外に行った日本人の映画スターやプロスポーツ選手も、その期待に応えて合掌とお辞儀で挨拶することも。

この合掌にはどんな意味がこめられているのか、どんな種類があるのか、合掌の意味を探ってみます。

スポンサー

右手は仏の象徴、左手は衆生を表す

合掌の習慣は、インドで始まりました。インドでは右半身は清浄、左半身は不浄なものとされていて、食事をするときは右手だけ、トイレの後始末は左手という習慣があります。仏教の場合も右が聖なるものとみなされていて、右手は仏の象徴で清らかなものや知恵を表します。左手は衆生、つまり自分自身であり、不浄さを持っていますが、行動力の象徴でもあります。両手を合わせることにより、仏と自分が一体になること、仏への帰依を示しています。また。他人に向かって合掌をすることは、武器を手にしていないこと、相手に対して暴力的な意思がないことを示すとともに、相手の心の中にある仏様の心、仏性に対して敬い尊ぶ気持ちを伝えるものです。

掌を合わせる所作は、仏教の普及とともに各地に広がり、南アジアや東南アジアの日常的なあいさつにも取り入れられました。インドやネパールの仏教徒、ジャイナ教徒、ヒンドゥー教の間では肘を張った形で合掌してお辞儀をする「ナマステ」があいさつです。タイでは「ワイ」といって、掌をぴったり合わせるのではなく、蓮のつぼみのように少し膨らませて合掌します。「ワイ」は年少者や目下の人から年長者、目上の人に対する敬意をあらわすもので、親指の位置が高くお辞儀が深いほど尊敬の念を表しているそうです。

日本では、「こんにちは」の挨拶で合掌はしませんが、「いただきます」や「ごちそうさま」のように食事の前後には合掌する風習があります。この風習は食べ物や作ってくれた人に感謝を表すとともに、自分の命と食べ物の命とを重ね合わせるという気持ちから生まれたものです。食べ物である植物や動物も自分と同じ命をもっていて、神様や仏様ともひとつになるもの、それぞれ違うもの同士を重ね合わせてつなぐ気持ちが合掌の心と言えるのかもしれません。

神社でも合掌して祈る方が多いですが、実は神道の場合、合掌という礼法はありません。神社では、お賽銭を入れた後に2回礼をして、手を2回たたき、もう一度頭を下げる「二礼二拍手一礼」という参拝方法が一般的。島根県の出雲大社では「二礼四拍手一礼」など、神社によっても参拝のルールは違いますが。合掌をもとめられることはありません。柏手を打つときにまず掌を合せるので、それが合掌といえなくもありませんが、「合掌して祈る」のは仏教のスタイルなのです。

密教で重視される合掌の形「十二合掌」

仏教の宗派の中で、合掌に特徴があるのは密教です。密教では右手を仏様、左手を衆生とするほかに、右手を大日如来の智慧を表す金剛界、左手を大日如来の慈悲を表す胎蔵界、または理と智、定と慧に当てはめることもあります。密教では、合掌に十二種類の形があると分類されています。

「堅実心合掌」…… 最も一般的な合掌です。両方の手の指をまっすぐに伸ばして、ずれや隙間のないようにぴったりと重ね合わせます。素直で偽りのない祈りの心を表現するとされています。

「虚心合掌」…… 両手の掌の間に、少し隙間ができるように、軽くふくらませて重ね合わせます。子どものような穢れのない心を表現するとされています。

「金剛合掌 」…… 指を少し開き、右手を上に交互に組むようにして掌を合わせます。より強い仏への帰依を表すとされて、帰命(きみょう)合掌とも呼ばれています。お不動様をお参りするときなどに使います。

スポンサー

座禅での合掌の作法

曹洞宗の座禅を例に、禅堂で座禅を行うときの合掌の作法についておさらいしてみましょう。

合掌の種類は掌をぴったりと重ね合わせる堅実心合掌です。顔から10㎝くらい離したところで、指先が鼻と同じ高さになるように掌を重ね合わせます。肘は軽く張って肩の力を抜きましょう。普段の合掌よりも肘を上げ、やや高めの位置で合掌するのがポイントです。歩くときや立っているときの手は、叉手(しゃしゅ)にします。左手の親指を握りこみ、手の甲を外に向けて右手で軽く押さえて、胸に軽くあてます。

又手で入堂し、聖僧様に向かって合掌して低頭します。合掌して低頭することを問訊といいます。座る場所にきたら、隣り合った人、向かい合う人に対して、それぞれ問訊を行います。これを隣位問訊、対坐問訊といいます。両隣に当たる人、対面になる人はこれに応えて合掌します。警策をお願いするとき、受けた後、経行鐘や放禅鐘が鳴ったときは合掌低頭します。立ち上がったときも隣訊門訊や対座問訊を行います。

禅寺にいるお坊さんは、座禅を組むときはもろちん、朝夕のおつとめで入堂するとき、廊下で人とすれ違うとき、食事のとき、就寝するときなど、何かことあるごとに合掌をしています。掌を合わせるという形を調えるたび、仏様と自分を重ね合わせることができて、それが心を調えることにもつながっているようです。家庭で座禅を行う際にも、合掌の心を忘れずに、仏様と自分とを重ね合わせる気持ちで臨みたいですね。

スポンサー

    ▲ページトップ