ワイン

本当に知っている?ボジョレーヌーヴォーの真実!【ボジョレーを埼玉県に例えてみた】

関連キーワード

おしゃれな飲み物として定着したのち、資産価値のある高級なお酒、普段使いできる手軽なお酒とさまざまな立場をウロウロしてきたワイン。

フランスワイン、イタリアワイン、チリワイン、アメリカワインなど、産地によっても年々評価が変化する中で我々日本人の中で唯一長年揺らぐことの無いワインがあります。それが、ボジョレーヌーヴォーです。毎年、11月の第3木曜日に発売を解禁されるボジョレーヌーヴォーはこの時期になるとお祭り騒ぎかのごとく大盛り上がりします。

しかし、ボジョレーとかヌーヴォーとかそういったことを騒いでいるわりには、ボジョレーヌーヴォーとは何か?と言われても分からないという方が多いようです。その理由ですが、名前だけ先走り、さらには意味も無く日本市場が新物として扱ってきたからということが挙げられます。

ここでは、知っていると賢く、知らないと恥ずかしいボジョレーヌーヴォーの真実についてを紹介しましょう。ぜひ、覚えておいてください。

スポンサー

ボジョレーは産地の名前!

まず、ボジョレーヌーヴォーと聞いて、何がボジョレーか分かる方は少ないようです。ボジョレーとは産地の名前です。まず、世界的ワインの銘醸地として知られるフランスのブルゴーニュ地方は知っているでしょうか。

ロマネコンティ、ジュヴェルシャンべルタン、モンラッシェなどなど、1本で10万円を軽く超えてしまうような高級ワインを生み出す産地です。それが、ボジョレーヌーヴォーと何の関係があるのか、という方はここから驚きます。

実は、ブルゴーニュ地方の南側にボジョレーという地区があるのです。つまり、ボジョレーヌーヴォーはブルゴーニュ地方に属す地区だったということなのです。フランスの話で例を出すと分かりにくいでしょうから、分かりやすく説明すると、ブルゴーニュ地方は日本でいう関東地方のことです。

そして、例えばロマネコンティが茨城県だったとしたら、ボジョレーは埼玉県ということです。つまり、ボジョレーヌーヴォーは日本の関東地方で例えるなら、埼玉県産のワイン新酒ということで世界に出回っているわけです。

ボジョレー最高と、ボジョレーヌーヴォーが出回る季節にさまざまな飲食店で騒いでいるということは、前述した例に置き換えたとしたら、フランス中で埼玉県最高と日本酒の新酒を飲みながら騒ぎ立ている現象なわけです。

日本はボジョレー最大の輸出国

日本で毎年話題となるボジョレーヌーヴォーですが、別にボジョレーヌーヴォーは日本のためだけに造っているわけではありません。現地でも飲まれますし、世界各国に輸出されています。

とはいえ、どこが一番買っているかというとやはり日本なわけです。なんと、ボジョレー地区のワインの輸出量の半分を占めるのが日本ですので、ボジョレーとしては日本にそっぽを向かれるのが一番困るわけです。

ボジョレーヌーヴォーを広めたのはフランスのリジョンのシェフとも言われていますが、とにもかくにも新物が好きな日本人の特性に完全に合致したということが大きいようです。

フランスで大イベントといえば、10月が収穫祭ですし12月がクリスマスなわけです。そこで11月という時期は何も無いのでワインの売り上げが一気に落ち込みます。そこで、ボジョレーヌーヴォーという新酒を売ってワイン売り上げを盛り上げようという動きが盛んになったのです。

なんと、今では日本の俳句でも秋の季語になるほどに定番化したボジョレーヌーヴォー。日本にとっては、ワインというよりも、ボジョレーヌーヴォーなのです。

スポンサー

何でボジョレーだけなの!?

なぜ、ボジョレーヌーヴォーはボジョレーだけなのでしょうか。フランスには数多くの産地があるわけですし、積極的にボジョレーだけが新酒をアピールする必要性はありません。実は、これには理由があると言われています。

まず、ボジョレー地区でACボジョレーを名乗るためには、ガメイを使う必要があります。ガメイという品種はピノノワールをよりさっぱりさせ薄くし、良く言えばすっきり、悪くいえば酸っぱく薄いワインを生み出す品種です。

そのため、どうしても北側のピノノワールを育てる地域に勝てないわけです。逆に利点としてはフルーティーですっきりしているので、早めに飲めるという部分があります。

そこで、MC法という醸す技術などを駆使した飲みやすくフルーティーなワイン造りをはじめたわけです。こういった取り組みによりボジョレーのワインが見直されたのです。

日本でしか話題にならないわけ

ボジョレーヌーヴォーは先述しましたが、日本が最大の輸出国です。もちろん、さまざまな国に輸出がされているのですがなぜ他の国では売れないのでしょうか。

実は、イタリアやドイツ、オーストラリアなどでは新酒がしっかりとあるのです。さらに、ボジョレーヌーヴォーより早く出荷されるものばかり。別にわざわざ自国の新酒があるのにフランス、ボジョレーヌーヴォーを飲む必要は無いということです。

スポンサー

ボジョレーにも高級ワインがある!

さて、ここまで見ていくとボジョレーはあまり品質の高いワインを生み出せない産地と思われてしまいます。実は、ボジョレーにはグランクリュと呼ばれる最高峰の産地もしっかりとあります。

グランクリュはヌーヴォーを出荷できませんので、正真正銘ボジョレーの普通のスティルワインです。11個の畑があり、熟成能力の高い濃密なガメイワインを生み出す最高峰のワインです。

ただし、北側に位置するロマネコンティなどを有するコートドドール、シャブリといったワイン産地があれば、どうしても陰に隠れてしまうのは仕方ありません。もし、ボジョレーの本当の実力を知りたい方はこういったグランクリュを飲んでみると良いのではないでしょうか。

まとめ

ボジョレーヌーヴォーとひとことで言っても、実はさまざまなドラマが隠されていたことが分かると思います。さらに、ボジョレーは素晴らしいグランクリュもある。

もし、人より差をつけたいのであれば、メディアの流れに乗りすぎず、しっかりと学ぶことが大切です。ぜひ、ボジョレーを応援して、歴史のあるれっきとしたワイン産地としてアピールしていきましょう。

スポンサー

    ▲ページトップ