雑貨

《大切に使い続けたい》アンティーク掛け時計でおしゃれな時を刻む

関連キーワード

時計と言うものは時を刻むもので、特にアンティークな掛け時計には何かしらの歴史がそこにあって、長い歴史のロマンさえ感じます。現在は、クォーツやデジタル時計が広まり、正確に時間を調整する電波時計も現れていますが、アンティーク時計はゼンマイを毎日巻いて、その反発力でゼンマイがほどけていく力が歯車などに伝わり時を刻んできました。そんなアンティークな時計にしかない魅力もあり、デザイン性にも優れたアンティーク掛け時計をご紹介できればと思います。

スポンサー

アンティーク時計の今後にも貴重な価値が・・・

最近は、「アンティーク」と呼ばれる時計も目にするようになったのですが、現在のクォーツやデジタル時計がこれから先にこれらと同じように「アンティーク」と呼ばれるようになるのかと言うと、その精密な電子基板や回路が機械式のようには数十年も100年ももたないのではと言われています。電化製品でも精密になったがゆえに、昔の方が長持ちしたよねと感じることがあったりもしませんか。つまり、今のアンティークな時計はとても貴重な存在で、ただ古いというだけでなく、長く時間を刻み続けている大切な逸品ということです。とても大切にしていかなければならない存在です。

アンティークと呼ばれる時計は1960年代頃までの時計を言われることが多く、その頃の時計は、大量生産ではなかったためにデザインや作りにも凝った物が多く、最近はそれらのデザインを模したアンティーク調と言うデザインのものも安価で手に入るようになってきました。それらのデザインを模して楽しむ時計です。

また、歴史のある文字盤などはそのままに中の機械だけをクォーツに変えた時計なども見られるようになってきました。それも古い時計を大事にしようという姿勢を持ちながら最新の技術で手を加えているものです。

素材とデザインの巧みな惹きつけられる魅力

こうしたアンティーク掛け時計の良さは、そこに使われている素材が様々で、デザインも自由で面白いことと言えます。インテリア性が高く飾っておくだけで壁の雰囲気が変わるものが多くありますのでご紹介していきます。

スポンサー

板に配された文字盤がアートな掛け時計

掛け時計自体がインテリア性のあるアートとなっています。遊び心もあって素材感を活かした面白い時計です。どんな部屋の雰囲気づくりにも使えそうです。

アイアンフレームがアンティーク感満載の存在感のある掛け時計

大きなアイアンフレームの掛け時計は存在感もあり、周りにグリーンなどを飾ればさらに雰囲気をよくしてくれますのでおすすめです。文字盤自体をデザインとして扱っている所が素敵です。

スポンサー

素材や造りにもこだわった高価なアンティーク掛け時計

写真は、アンティーク掛け時計としては17万円以上する高額のハワードミラー社のレトロ調の時計です。外枠は黒のサテン、その内枠は金色、さらに内側は錬鉄の文字盤となっています。沢山の素材を使い分け緻密な細工が施されています。こうした素材にもこだわり抜いた姿勢が私たちには魅力となり、惹き付けられるのでしょう。

錘りの動きも楽しいロマンチックな容姿の振り子時計

振り子時計と言えば、古いイメージがあり、懐かしい感じもしますが、写真は、機械式の8日巻きで、チェーンドライブの振り子の錘りが吊り下げられていて、それが時と共に下がっていく様子を見ているだけでも飽きません。振り子時計としては何とも言えないオシャレさです。

壁に付けた時の雰囲気たっぷりの両面時計

掛け時計の種類の中でも、両面になっているものがあるのをご存知ですか。海外の映画の駅でみかけるような両面から見られる時計です。この取り付けた時の絵のアンティーク感がいいですね。壁のコーナーなどに取り付けると雰囲気が出ます。
これを壁に飾ると庭や玄関から時間を見る事ができたりと意外と重宝する時計です。思った以上に実用的にも活かせる両面時計です。

レトロ感漂う昭和の木の掛け時計

そして1960年代に入ると、大量生産の時代で、それまでのデザインや作りが簡素化されていきましたが、それがまた昭和の時代の特徴として異なるレトロ感を漂わせます。この姿はまさに時代を映しているかのような昭和の掛け時計です。文字盤の文字やガラスのカーブの仕方、木の使われ方など全てに味わいがあり、インテリア性が高いものとして飾ることができます。

使い続けたいアンティーク掛け時計

実はアンティークな時計は、使わなかったり、メンテナンスされないままであったりすると、いくら昔の丈夫な造りであったとしても、数十年などという長い年月は持たなくなるそうです。使われないことで錆びたり、劣化したり、動かなくなったりすぐにしてしまいます。そういえば、昔は時計屋さんにメンテナンスに通うなんてこともありましたよね。

今アンティークとして存在している時計の一つ一つが大事にされてきたと言えるものです。作り手側の素材や細工、デザインへのこだわりと、使う側の愛着が人を惹きつけるアンティーク掛け時計の大きな魅力です。ぜひ一つあなたも長い時を刻む時計を飾ってみませんか。

スポンサー

    ▲ページトップ