雑貨

【プレゼントにも最適】表情と物語、景色があるガラスコップに凝ってみませんか

関連キーワード

最近は、女性の人も家で晩酌と言う人も多くなったのではないでしょうか。そんな時にお気に入りの好きなガラスコップで毎日飲むことができたらいいですよね。そんなガラスコップ探しをしてみませんか。

吹きガラスなどは一点一点手作りの良さがあり、ねじられたり、ガラスの厚みが異なっていたり、様々な特色を持った表情の異なるものが沢山あります。それらの表情を大事に選んでみませんか。透明がゆえにゆらぐ輝きと光の表情を味わって楽しむことができればと思います。

スポンサー

ゆらめくグラスの美しさで乾杯!

吹きガラスで作られた厚みを帯びたガラスの「ゆらめく酒盃」です。作家、原光弘さんの作品で、分厚い分、光でいろいろなゆらめきを魅せる酒盃です。ぜひ自分で光に当ててこの厚みを楽しんで下さい。
こちらも作家、原光弘さんの作品で、ゆらめくシャンパングラスです。底が厚くなっていて光の屈折や輝きの美しさが異なります。この複雑な光の屈折を堪能しながらシャンパンをおしゃれに飲んでみませんか。持った感じの重さも柔らかな手触りも手作り感を感じて美味しくなりそうです。
このグラスの表面のゴツゴツした削ったような質感を楽しんで頂きたいグラスです。千葉県のガラス作家PRATO PINOさんの作品で、細かいガラスの模様が一つずつ異なった輝きを見せ、ビールが美味しい一口ビアグラスです。グラスを透かしながらビールの輝きを楽しみながら飲んでみませんか。一つ一つ形が違うのも手作りの良さです。

アンティークな質感と色合いを楽しんで

こちらはアンティークグラスの雰囲気を持った色合いが素敵なグラスです。下のねじれた部分がとても味わいのあるグラスへと仕上がっています。色の濃淡を味わって頂きたいグラスです。手に持った具合もよくフィットします。
ロックグラスと言うとなんだかごつい感じのものになってしまいがちですが、ロックグラスに、こんなかわいいロマンティックなグラスはいかがですか。「菊★ROCKグラス大」で、この優しい丸みを帯びたフォルムと柔らかなラインはどこか懐かしい雰囲気を醸し出す手作りの吹きガラスです。美しく描かれる影、ガラスの陰影を楽しんでロックを飲んでほしいグラスです。

日本の美をグラスのデザインに

こちらは花岡央さんの作品の「ren=レン」シリーズです。連子(れんじ)から来ていて、京都の町屋の建物の格子をモチーフに作られています。色がついている部分と透かしの部分が格子戸のような光を放ち、模様を作っています。様々な色で雰囲気は異なる格子の光を演出しますので、どれを選ぶのかも楽しみになります。renシリーズのグラスを上から光を通してみるとこんな感じに見えます。光のプリズムが美しい模様を浮かび上がらせています。光を透かしながら美しい世界を味わって下さい。
この模様の繊細さは、ある物をデザインしたものです。実は、サミットの贈呈品として日本を代表するお土産になった江戸切子のロックワイングラスです。「米つなぎ」の紋様と言い、「華硝」と言うブランドのオリジナルの紋様です。実は米粒を表現していて、これまで稲穂や米俵の紋様などのグラスはありましたが、小さな米粒を繊細に描いたものはなく、素晴らしい技術に支えられた芸術品と言えます。一粒一粒の大きさを手で変えて調整して作成しているそうです。まさに日本の細かな手作業による作品で、これを作れるのも世界で一人だけと言われる逸品です。「五穀豊穣」への祈りや繁栄の意味を持ったグラスは、高価ではありますがサミットの贈呈品と思えばプレミアム感がありますよね。

切子の美しさとその歴史の話

先ほどのグラスは江戸切子でしたが、こちらは薩摩切子です。最近はこだわって切子のグラスでお酒を飲む人も増えています。切子の歴史をひも解くと、とても面白い事がわかります。

最初に伝わったのは江戸時代中頃ということで、当時は長崎に「切子」が伝来しました。それが大阪で作られたあとに江戸へ伝わって「江戸切子」が誕生するという歴史になっています。長崎にも大阪にも切子の技術が伝わっていたというのはあまり知らない歴史でした。

また薩摩切子は、その後の江戸時代末に江戸切子の影響を受けながら透明ガラスに色ガラスを重ねた生地にカットを施すというさらに変化した切子です。この「色被せガラス」を手で一つずつ削りとっていく作業は洗練された技術が必要です。切子のカットの技術と繊細な色の組み合わせという日本の技術を味わえるのは幸せと言うものです。

最後に、表情をもったガラスコップの魅力とは

どのグラスも細やかな技術によって支えられた美しさです。その丁寧な仕事ゆえに作り出された美しさです。私達はそのグラスをゆっくり堪能しながらお酒を飲んだり時間をゆったりと過ごしてみませんか。わざとねじって手作り感があるグラス、そしてそこからは美しい輝きが放たれ味わいのある表情を見せます。伝統の技やまた日本の美しい景色を模した美しいデザインと、職人の趣向を凝らした手から伝わる思いがお酒の美味しさをきっと倍増させるに違いありません。毎日持つグラスには表情のあるものをぜひ選んで手に取ってみませんか。

スポンサー

    ▲ページトップ