ガーデニング

花を誘引して一緒に飾る『庭の柵』を楽しみませんか?

2016-08-01

関連キーワード

花を誘引して一緒に飾る庭のを楽しみませんか?四季折々、違った花の咲くフェンスやウェルカムボードはそれだけで、住まう人やお客様の目を楽しませてくれます。ここでは花をへ誘引する方法と、に飾るオススメの植物についてご紹介します。

花と一緒に楽しむ柵

アイアンのがおしゃれな庭となっています。高さが揃っていないアイアンもリズム感があって優雅な雰囲気です。バラのアーチも作られていて、レンガを敷いた庭に花のを見ながらお茶を楽しめるスペースの完成です。
庭全体を囲うように白いを作り、その上にバラを這わせるという素敵なフェンスづくりです。庭への出入りにゲートも作られていて美しい庭造りが完成。白いに白バラというのがイングリッシュガーデンのようなナチュラルさを演出しています。

花を柵に誘引して飾って楽しむ

このように白いウッドフェンスに花を誘引するのは素敵ですよね。誘引するのに適したつる性の花で、できれば四季咲きのずっと咲いてくれるような花や葉が落ちない常緑のものが理想と言えます。
よくおすすめとなるのが、バラクレマチスの四季咲きのつる性のあるものです。特に花を一杯つけてくれるものとしておすすめが、バラで言えば「カクテル」や「アイスバーグ」「アンジェラ」などです。
バラクレマチス以外にもツルニチニチソウ、ハツユキカズラアイビー、アブチロン(チロリアンランプ)などがあり、花の可愛さで言えばアブチロンはかわいいランプ状の花が魅力です。

基本的にこれらはに這わせて垂れ下がらせるスタイルを取りますが、どんどん伸びてきた際の手入れも大変で、あまりにおい茂るために整える作業が必要なものもあり、手入れが楽なものを選ぶことも大事です。他のお家の庭を見て何を植えているのか研究し、管理の様子なども見ながら手入れのしやすいものを選んでみませんか。美しく育つ姿は楽しみでもありますので頑張って作りたい花で覆われたです。

また、最初から地植えせず、鉢で育てて管理しやすいかどうかや花や葉の付き具合をチェックするのも前段階として行うといいかもしれません。結構、葉の付き具合で葉ばかりになったり、花の色の雰囲気によってもの色の表情が変わったりしますので全体に広がった時のことを考えながら育てやすいかどうかと美しさを確かめることも大事となってきます。

つるバラに四季咲きはない!?花を咲かせるためにエネルギーを費やす神秘的な話とは・・・

つる状に伸びる「つるバラ」をに使いたいと思いますが、「つるバラ」の中には「四季咲き」のバラがないというのを知っていますか。実はバラは開花することでエネルギーがとても奪われるため、つる性のように枝をどんどん伸ばすことができなくなります。
「つるバラ」は、開花しない枝があってこそ枝を次々と伸ばしていくことができ、「つるバラ」の中にずっと咲き続ける「四季咲き」はないということが言われます。
いわゆる「四季咲き」と言うバラは、そういったことで「木立ち」が基本的な特徴となっていて「つるバラ」のようにはならないということです。つまり、まとめますと「四季咲き」のバラは、「木立ち」しかないという結論になるのです。
という中で「つるバラ」の中に、繰り返し花を咲かせるバラとして、秋まで返り咲きがある「繰り返し咲き」という「シュラブローズ」などのバラがあります。これらのバラは、フェンスを覆うのにも適しているのですが、特徴として先端に花を咲かせるため、足元がさみしくなってしまうと言う短所があります。先端にだけ花を咲かせることでつる性として伸びていけるという種類のバラです。
そこで、この「繰り返し咲きのつるバラ」の足元に、「四季咲き」の木立ちのバラを植えてあげると、足元にも花が咲くように作ることができます。両方の種類のバラを植えることで全体を美しく花で覆うことができます。「繰り返し咲きのつるバラ」と「四季咲き」を上手く組み合わせることで完璧なバラができるという貴重な話です。

それぞれの花による柵の魅力と手入れ法

それではの魅力と手入れ法をみていきましょう。

・バラ(つる性)

多くの人がフェンスなどに絡ませて楽しんでいるバラですが、そのつるバラの誘引は、実は人の手によってしてあげる必要があります。水平に導くことで上に向かって枝が伸びるようになります。害虫にかかりやすく肥料も大事で育て方が難しいバラですが、その美しさは華やかで魅力的です。

・クレマチス(四季咲き)

最近よく見られるクレマチスの四季咲きと呼ばれる中には、テッセンとフロリダ系、上を向いて大きな花を咲かせる大輪や、横や下向きに多数の花が咲く小、中輪のヴィチセラ系、チューリップやベルの形のかわいいテキセンシス系・ヴィオルナ系などがあります。水はけがよく、水もち、肥料もちのよい用土がよく、初心者にも育てやすいのでおすすめと言えます。

・アブチロン(チロリアンランプ)

下向きに花を咲かせ、赤い可憐な花などを長期間咲かせ、南国の雰囲気を漂わせる花です。日当たりと風通しのいい所を好み、春から秋は邪魔な枝があれば切っていくことでどんどん枝が出るのを管理します。つるを管理しながらこうした花の咲くフェンスを楽しんでみませんか。どんどん育っていく姿をみることは楽しみなとなります。
いかがでしたか?と花を一緒に飾る方法として自体に棚を作って花を飾ったり、ぶら下げたり、また上に花を這わせたり、の足元に花を沢山植えたりして様々な演出を楽しんで下さい。ナチュラルな雰囲気を作るために花ととのとても素敵な競演となり、花や草木が育つとも表情をその都度変えることでしょう。

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ