温泉

お手軽銭湯から究極の贅沢宿まで~日帰り温泉の楽しみ方[首都圏編]~

2016-08-01

関連キーワード

忙しい毎日が続いていると、ゆったりと露天風呂に入って月でも眺めたくなりますね。温泉には行きたいけれど、宿に泊まるようなお金や時間の余裕がない。そんなとき、手軽に利用できるのが日帰り温泉。都内の銭湯から、泊まるよりも贅沢な日帰り温泉プランまで、東京近郊で電車でも行きやすい日帰り温泉を紹介します。たまには日帰り温泉でリフレッシュしてみては?

スポンサー

1000円札1枚で楽しめる銭湯感覚のお手軽温泉

都内限定1000円以内で気軽に楽しめる良質な温泉を紹介します。もう休日まで待たなくても大丈夫。平日でもちょっと足を延ばせば温泉でまったりできますよ。

品川区「武蔵小山温泉 清水湯」
都内の温泉銭湯、しかも2種類の源泉が楽しめると聞くと、温泉ファンではなくても一度は入ってみたいと思うのではないでしょうか。黒湯は都内に多い重炭酸ソーダ泉。ナノバブル化されており、温泉効果がさらにアップして入浴後も温かさが長続きすると評判です。黄金の湯は地底深くからわきでている東京では珍しい黄土色の海水温泉。ヨード成分が多く、切り傷などにも効果がある美肌の湯です。料金でサウナと女性専用の岩盤浴施設があります。
■場所:品川区小山3-9-1
■アクセス:東急目黒線 武蔵小山駅東口より徒歩5分
■料金:460円
■URL:http://www.shimizuyu.com/

大田区「桜館」
大田区は東京都の湯処。蒲田温泉など黒湯の温泉が20軒近くあり、銭湯でも温泉が楽しめます。
池上にある桜館もそのひとつ。泉質はナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉。屋上に展望風呂がついている壱の湯と露天風呂がある弐の湯があります。一番人気の展望風呂は壱の湯にあり、湯あみしながら月見ができます。利用できない日もあるので、ホームページで確認を。1日~14日は女性が壱の湯、15日~月末は男性が壱の湯と入れ替え制になっています。桜の季節は花見しながら温泉が楽しめますよ。
■場所:大田区池上6-35-5
■アクセス:東急池上線 池上駅より徒歩6分
■料金:460円
■URL:http://sakurakan.biz/

板橋区「前野原温泉 さやの湯処」 
「さやの湯処」は都内では珍しい、うぐいす色をしたにごり湯の温泉。含ヨウ素-ナトリウム-塩化物強塩温泉。源泉かけ流しの源泉風呂のほかに、循環温泉の露天風呂、井戸水使用の内湯、ドライサウナ、スチームサウナがあり、別料金で岩盤浴も楽しめます。さやの湯処の魅力は古民家を改造したしっとりと落ちついた和のたたずまい。四季折々に彩りを変える庭園があり、旅館のようなくつろぎ感があります。回数券を利用すると、平日は1回750円、土日休日は980円で入浴できます。
■場所:東京都板橋区前野町3-41-1
■アクセス:都営三田線「志村坂上」駅下車 A2出口 徒歩8分
■料金:平日/860円 土・日・祝日/1100円※2016年8月より
■URL: https://www.sayanoyudokoro.co.jp/

旅の風情を格安で!プチ旅行気分で遊びに行く日帰りの湯

一日たっぷり使える休日は、ほんの少し遠出して、プチ旅行を楽しんでみてはいかが?低予算で楽しめるラクラク日帰りの湯を紹介します。

埼玉県北葛飾郡「杉戸天然温泉 雅楽の湯」
新宿から約1時間20分で行ける東武動物公園駅。そこから無料送迎バスで5分の「雅楽の湯」は、生源泉かけ流しの湯を楽しめる日帰り温泉として知られています。黄茶褐色で約46度の生源泉かけ流しの風呂は、内湯・つぼ風呂・露天の石風呂の3種類。そのほかに高濃度炭酸温泉、超微細気泡で乳白色のシルク風呂、露天の寝湯や中庭を眺めながら入れる足湯、岩盤浴など各種の風呂を楽しめます。休憩所やエステなどの施設も充実。レストランでは十割そばが人気です。
■場所:埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸2517
■アクセス:東武伊勢崎線東武動物公園駅より徒歩23分または無料送迎バスで約5分
■料金:平日/1050円 土・日・祝日/1150円 
■URL:http://www.utanoyu.com/index.html

神奈川県横須賀市「横須賀温泉 湯楽の里」
関東の各地でチェーン展開をしているスーパー銭湯の湯楽の里グループ。その中でも人気か髙いのが、電車なら新宿から約1時間半で行ける「横須賀温泉 湯楽の里」。泉質はナトリウム-塩化物強塩泉。ぬる湯で高濃度の炭酸泉の風呂は冷え性などに効果が高いといわれています。なんといっても最大の魅力は展望露天風呂。まったりと温泉につかりながら見る湘南の海の眺めは最高です。旅に出たというプチリゾート気分にさせてくれますよ。
■場所:神奈川県横須賀市馬堀海岸4-1-23
■アクセス:京急本線馬堀海岸駅から徒歩12分
■料金:平日/1030円 土・休日・特定日/1230円
■URL:http://www.yurakirari.com/yuranosato/tenpo/yokosuka.php

東京都「奥多摩温泉 もえぎの湯」
温泉はロケーションで選ぶという方におすすめしたいのが、奥多摩温泉。新宿駅から約2時間の青梅線奥多摩駅を中心に、温泉宿や入浴施設が点在しています。東京都内とは思えないほど緑豊かな奥多摩の大自然で、四季折々の景観が楽しめます。日帰りの入浴施設として人気がある「もえぎの湯」。泉質はメタホウ酸とフッ素で、とろんとした湯は浸かると肌がツルツルになると評判。露天風呂からの多摩川の清流と奥多摩の山なみの眺望がすばらしく、秘境気分に。風呂上りは大広間で休憩や食事ができますよ。登山シーズンの休日はトレッキング帰りの人で混雑するので、のんびりしたい人は平日にどうぞ。
■場所:東京都西多摩郡奥多摩町氷川119-1
■アクセス:JR青梅線奥多摩駅より徒歩8分
■料金:2時間まで700円 延長1時間200円
■URL:http://www.okutamas.co.jp/moegi/

スポンサー

宿泊するより贅沢かも!?温泉地を楽しむ日帰りの旅

人気の温泉地やスペシャルな温泉宿を、あえてデイユースで楽しむのも大人ならではの贅沢。たとえば、温泉町の外湯巡りに徹するのも楽しい思い出になります。
最近は趣向をこらした料理でもてなしてくれる日帰りブランの宿も増えています。温泉旅館でゆったりと一日過ごすのもいいですね。恋人とのデート、夫婦の記念日、1泊2日で出掛けるのが難しくなった大人家族のお出かけにいかがでしょうか。

山梨県 石和温泉
新宿からJRの特急で約1時間30分の石和温泉は、神経痛や打ち身に効能があるアルカリ性単純温泉。宿や温泉施設は駅から徒歩圏内にあって、電車でのアクセスも抜群です。関東からの日帰り客を見込んでデイリープランを用意している宿がたくさんあります。いちごや桃、ぶどうなどのフルーツ狩り&温泉&食事のプラン、露天風呂付き個室&会席料理付きプランなどで、日帰り温泉をぜいたくに楽しんではいかがですか。
「華やぎの章 慶山」は、自家源泉かけ流しの湯を持つ大きなホテルですが、こちらでも日帰り入浴が可能。会席料理やランチバイキングの食事をすると入浴料がサービスになります。
■場所:「華やぎの章 慶山」/山梨県笛吹市石和町市部822
■アクセス:JR中央本線石和温泉駅より徒歩約5分
■料金:日帰り入浴1000円 ランチバイキング2000円 
■URL:http://www.keizan.com/

神奈川県 箱根温泉
箱根湯本まで新宿から小田急ロマンスカーで1時間40分。車のアクセスもよく周辺の観光場所もたくさんある箱根は、旅館やホテルのデイユースプランも充実。休憩室や食堂利用のリーズナブルな日帰り入浴プランから、客室利用でランチとディナーの2食付きプランなど、さまざまなニーズにこたえてくれますよ。じゃらんなどの旅行サイトならお得なプランが探せます。デイユースプランが充実している「箱根 花紋」は自家源泉掛け流しの宿。ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉で、10種類の湯殿がある湯めぐり茶屋や、足湯、貸切露天風呂と、贅沢な湯遊びが楽しめます。
■場所:「箱根 花紋」/神奈川県足柄下郡箱根町湯本435
■アクセス:小田急線箱根湯本駅よりバス5分
■料金:松花堂弁当付き大広間休憩で5000円
■URL:ww.hakone-kamon.jp

新潟県 越後湯沢温泉 
温泉旅なら外湯巡りがはずせない、という方におすすめしたい日帰り温泉は、東京駅から1時間20分、「雪国」で知られる越後湯沢温泉。気軽に立ち寄れる外湯や温泉施設がたくさんあって、スキーや雪遊び、フジロック帰りの立ち寄り湯としても人気です。湯沢町営浴場の外湯めぐり券を購入すると、1500円で5カ所の外湯に入れますよ。川端康成も入ったという単純硫黄温泉の「山の湯」(湯元共同浴場)は源泉掛け流しで人気。ナトリウム・カルシウム塩化物泉の「駒子の湯」(下宿:しもしゅく)には雪国の資料が展示してあります。フィッシングパークに近い「岩の湯」(湯沢フィッシングパーク近くに湧く)はアルカリ性単純温泉で疲労回復に効果があるとか。外湯の中で唯一露天風呂があるのがアルカリ性単純温泉の「街道の湯」(三国街道三俣宿)。「宿場の湯」(三国街道二居宿)は単純温泉で、食堂や休憩所、サウナなどの設備が整っています。時間にゆとりがあれば、奥湯沢へ。目の温泉として有名な奥湯沢の秘湯「貝掛温泉」も1000円で日帰り入浴が可能です。
■場所:越後湯沢温泉「山の湯」/新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢930
■アクセス:JR上越新幹線越後湯沢駅から徒歩20分またはタクシーで5分
■料金:400円
■URL:http://yuzawaonsen.com/01yama.html

まとめ

いかがでしたか?東京近郊でも十分楽しめる温泉をご紹介しました。ぜひ週末に出かけてみてください。

スポンサー

アンケートにご協力お願いします

    ▲ページトップ