登山

今日から始める!是非最初に揃えたい登山用品10選

関連キーワード

今日から始める!是非最初に揃えたい登山用品10選

よし、山に行こう!と思い立ったものの近所の公園に行くような格好じゃダメなことはわかってる。でも、何を準備すればいいの?と疑問に思ってしまうことでしょう。今日から始める山登りに必要と思われるグッズを選びましたので参考にしてください。

スポンサー

1.登山靴

登山道はいつも歩いているアスファルトのように整地されているわけではありません。ガレ場や砂利道など歩きにくい道も多く、専用の登山靴があると安心でしょう。 登山靴には、ローカット、ミドルカット、ハイカットの3種類に大別されますが、登る山やコースコンディションによって選択したいものです。 低山から楽しむということであれば、ローカットの登山靴が動きやすくていいと思いますが、それなりの山に長時間ということになれば、ミドルカットやハイカットのほうが安心できると思います。

2.ザック

日帰り登山であれば、20~30リットル程度のザックがあれば十分だと思います。必ず背負ってみてフィッティングを確認することをおすすめします。 ある程度の調整は出来るものの、中にはレディース用と知らずに購入してきてどうも背中の収まりが悪いというケースも多いものです。男性用と女性用とでは同じデザインでも、背面長が違ったりしているモデルも多いので気をつけましょう。
3.インナーウェア

登山用のウェアも大事ですが、もっと大事なのはインナーウェアです。登山は寒い時期でさえ、結構汗をかいたりすることが多いです。写真のファイントラックなどおすすめです。 汗抜けの対策をしておかないと、山頂に着いた途端に汗冷えして風邪を引いたり、そのことで体調不良に陥ったりします。平地と山の上では気温が違いますので、汗冷えしない専用のインナーを用意しましょう。

4.レインウェア

山の天気は変わりやすいという言葉を聞いたことがあると思います。スタートするときは晴れていたのに、登山中に天候が崩れてきてたちまち雨になったということは珍しくないのです。 そのため、たとえ晴れの予報であってもザックの中にレインウェアを常備しておくことは登山の常識と言っても過言ではないでしょう。 ゴアテックスなど高価なレインウェアがベストですが、最悪でもポンチョやカッパなどを持参しておきましょう。濡れから体を守らないとすぐに避難できませんからね。

5.防寒具

レインウェアと同様に防寒対策も忘れてはいけません。山の上は思った以上に気温が低かったり、風が吹くことでさらに体感温度は下がります。 登るときはTシャツ+インナーでよかったけど山頂に着いたら寒くて…というときのために、薄手のウインドブレーカーなどもザックに入れておきましょう。 時期によってはフリースやダウンパーカーなど季節によって防寒具適切なものと入れ替えてくださいね。

6.エマージェンシーグッズ

よく知っている山でも霧がかかっていたり、藪漕ぎ状態で道に迷ってしまうこともあります。あるいは脚を捻挫したりして思うように歩けなくなったりということもあり得ます。 日中に下山予定だったのにいつの間にか日没を迎えてしまうとい怖いことにもなりかねないのです。そのようなリスクに備えてエマージェンシーシートなど自分の体を守るグッズも常時携帯しておきましょう。
7.ヘッドライト

上記の通りで、日帰りのつもりだったのに下山が遅くなってしまった場合、ヘッドライトがあれば安心です。なかったら…と考えると怖いですよね。 地図さえ見ることも出来ず、自分の居場所や目標物も見えず、暗闇に取り残される恐怖を味わうことになりますので、ヘッドライト+予備の電池も必須装備です。

8.登山用ウェア

登山には専用のウェアがあります。普段着でも問題ないケースも多いのですが、綿100%のものやレーヨンを含む生地のものは登山ではNGです。 汗を上手に発散・乾燥させる機能が弱いため、汗冷えリスクが高まってしまいます。ポリエステル製などの吸湿速乾機能のある素材のウェアを選択しましょう。

9.トレッキングポール

これは必須の装備とはいえませんが、初心者の場合あると役立つので持っていたほうがいいおすすめの商品です。いわゆる杖ですが、特に下りで使うと脚への疲労を和らげてくれる効果があると思います。 T字型とI字型とありますが、登山ではI字型のほうが使いやすいのではないと思います。上り下りで4本足歩行するようなイメージですね。

10.水筒

ペットボトルなどの水分があればいいのですが、例えば少し温かい飲み物が欲しいときなどは別に保温機能のある水筒を持っておくと便利です。 また、バーナーがあればそれでもいいですが、山頂でカップラーメンやスープを飲みたいときにお湯を入れておくと手間要らずで作れるのでいいですね。

さぁ、あなたもいよいよハイカーデビュー!

しっかりと準備が整ったら、楽しむことだけ考えて早速山へ行きましょう。そこには、あなたが経験したことのないステキな世界が待ち受けていることでしょう。

木の香りも鳥のさえずりも、山頂からの絶景も、そのどれもが新鮮なものでに映り、あなたにいろんな種類の感動を与えてくれるはずです。

スポンサー

    ▲ページトップ