神社

長野旅行では絶対欠かせない! 戸隠神社で神秘的な空気に癒されよう!!

関連キーワード

長野県長野市戸隠にある戸隠神社。 数あるパワースポットの中でも日本有数の神社です。 戸隠神社は2000年以上の歴史があり、5つの社からなる神社です。 緑豊かな参道は歩くだけで心が洗われるようで、多くの参拝者で賑わっています。

今回はその戸隠神社にまつわる神話と人気の秘密に迫ります!!

スポンサー

ご祭神は神話で活躍した神々!

戸隠神社の起こりは孝元天皇5年(紀元前210年)に、5つの社のひとつである奥社が創建されたと言われています。 この奥社に祀られているのは、天手力雄命です。

神話の中では、日本の最高神・天照大御神が弟神である素戔鳴尊に高天原(神々の住む世界)を荒らされ、天岩屋にこもってしまいました。 すると、太陽の神である天照大御神が隠れてしまったので、高天原も葦原中国(地上世界)も真っ暗闇に包まれてしまいました。 しかも、悪神もたくさん現れ、災いが訪れてしまったのです。
そこで、たくさんの神様たちは「どうやって天岩屋から天照大御神を出そうか?」と、頭をひねらせました。 その場所は天安河原で、現在の宮崎県西臼杵郡高千穂町です。
そして、天八意思兼命が知恵をしぼり、ある対策を思いついたのです。 まず、夜明けを告げる長鳴鳥を鳴かせ、榊を天岩屋の前に立てて枝に勾玉、和幣(神前にささげる麻や楮で織った布)、鏡をくくりつけました。 これを布刀玉命が持ち、天児屋命が祝詞を唱え、天力雄命が天岩屋の入口の脇に隠れました。 それから、踊りの上手な天鈿女命が胸をはだけさせ、踊りに踊りまくったのです。 天鈿女命の踊りにたくさんの神様たちは笑い転げ、その笑い声は大地を揺るがすくらいでした。 すると、天岩屋の中の天照大御神は「何があったの?」と不思議で仕方ありません。 少しだけ扉を開け、神様たちに「何でそんなに笑ってるの?」と聞きました。 神様たちは「あなたより貴い神様が誕生したので、みんなで喜んでいるのです」と答えました。 天照大御神が「え?」とのぞきこむと、布刀玉命は鏡を差しだし、天照大御神を映しました。 天照大御神が「キャッ!」と驚いている隙に、天手力雄命が扉を一気に開けて天照大御神を外に出したのです。みるみる内に世界は光に包まれ、悪神たちは逃げ去っていきました。 それから天手力雄命は天照大御神がまた岩屋に隠れてはいけないと、扉を「えい!!」と遠くへ投げました。その扉ははるか遠く現在の長野県まで飛び、今の戸隠山になったと言われています。 そして、狼藉を働いた素戔鳴尊はヒゲを剃られ、爪を剥がれ、高天原を追放されてしまいました。

それから、天手力雄命は戸隠神社の奥社に祀られました。 力持ちの天手力雄命にあやかってスポーツ必勝のご利益があり、開運や心願成就、五穀豊穣にもご神徳があると言われています。

知恵を絞った天八意思兼命は戸隠神社の中社に祀られていて、学業成就や商売繁盛、開運、厄除、家内安全にご利益があります。

その御子神である天表春命は宝光社に祀られていて、開拓学問技芸裁縫の神様と言われています。そして、安産の神でもあり、女性や子どもの守り神として崇められています。

踊りを披露した天鈿女命は火之御子社に祀られていて、その踊りの上手さから舞楽芸能、火防にご利益があると言われています。

また、奥社の隣にある九頭龍社は、天手力雄命が祀られる前から地主神として信仰を集めていた九頭龍大神が祀られています。 九頭龍大神は水の神、雨乞いの神、縁結びの神と言われ、なんと虫歯の神様でもあるのです! 歯にご利益があるというのは、珍しい神様です。

そして、オススメの参拝ルートは宝光社→火之御子社→中社→奥社→九頭龍社です。 それぞれに願い事の得意分野が違うので、すべてお参りする方が運気のバランスを整えられると言われています。 それぞれの社には駐車場があるので、車での参拝も可能です。 (ただし、奥社と九頭龍社へは徒歩でしか行けないので、参道入口の駐車場に停めましょう) 車を運転できない、持っていない人でもちゃんとバス停があるので、徒歩での参拝も可能です!

ぜひ、5つの社を参拝してみてくださいね!

天鈿女命の精神を継ぐ『太々神楽』を見てみよう!

全国各地には昔から伝えられている神楽があります。
戸隠神社にも『太々神楽』と呼ばれる神楽があります。 神楽は天岩屋に隠れた天照大御神を出すために、天鈿女命が舞い踊ったのが始まりと言われています。 太々神楽は災いを払う舞や五穀豊穣を祈る舞、そして天岩屋伝説にまつわる舞など、全部で10種類(座)あります。 この太々神楽は戸隠講の方々が参拝される月並祭や例祭、祈念祭、新嘗祭などで献奏され、無料で拝観することができます。 また、少々値段が張るものの、以下の初穂料で神楽の献奏もできます。

大神楽 80000円(10座)
中神楽 60000円(8座程度)
小神楽 40000円(5座程度)

しかし、神楽は神様への舞で前後にご祈願や神事が行われるので、人生の節目に献奏してもいいかもしれませんね。

スポンサー

年齢を伝えるおみくじをいただこう!

戸隠神社の中社にあるおみくじは、一風変わったおみくじです。
普通のおみくじはおみくじ箱と呼ばれる箱を振って、出てきた棒に書かれている番号のおみくじを受付でいただくのが主流ですが、この戸隠神社のおみくじは自分の年齢と性別を伝えていただくのです。 運試しで引くことの多いおみくじですが、今の自分に合った言葉をいただけそうですね!

みなさんも参拝した時にはおみくじをいただきましょう!

冬に浄化される珍しい神社

戸隠神社は長野県にあるので、冬は雪がたくさん降り積もります。 特に奥社や九頭龍社は山が深くなり、雪もよりいっそう多く降るため、冬期間の1月8日頃~4月半ばまで社殿と授与所が閉鎖されてしまいます。 そのため、それぞれの祭神の天手力雄命と九頭龍大神の御分霊は中社に祀られています。 冬季は中社にお参りしてくださいね!

そして、奥社と九頭龍社は外界との接触がシャットダウンされるので、冬の間に浄化されパワーを一新していると言われています。 きっと春に訪れると、再生された神様のご神気をたっぷりいただけるのではないでしょうか。

いかがでしたか。
戸隠神社は大自然の中にあり、しゃんとするような厳かな雰囲気があります。 きっと5社の神様たちのパワーに圧倒されるからかもしれません。 しかし、協力しあって岩戸を開いた神様たちが、訪れた人々の願いを叶えようと力を合わしてくれるでしょう。岩戸が開くように、運が開けるかもしれませんね。 ぜひ、戸隠神社に足を運んでみてください!

■所在地
〒381ー4101
長野県長野市戸隠3506

スポンサー

    ▲ページトップ