ビーズ

「ビーズ小物」作り方、必要な材料と道具、おすすめの便利アイテムなども

関連キーワード

「ビーズ小物」の作り方、アレンジ次第で作品は無限大に広がる!!

ビーズ作りの作品はアクセサリーや小物など、いろいろな物を作ることができます。今回はビーズを使った小物作りについてご紹介していきましょう。作り方は難しくないものを選びました。初心者でも簡単に作れるものから始めてみませんか?一度作って覚えれば、そのあとはどんどん自分なりのアレンジでたくさんの作品を楽しむことができるようになります。

スポンサー

ビーズ作りの材料

まずはビーズ作りの最初に必要な道具と材料を揃えましょう。用意するのは作りたいデザインに必要なビーズです。ビーズにはいろいろな大きさがあり、その素材によっていろんなデザインのアクセサリーや小物などを作ることができます。そのほかにも留め具やチェーン、9ピンやTピンという細い金属性のピンがあります。これはくぎ状のピンにビーズを通して先を丸めることで固定して使います。9ピンは数字の9のような形で連続して繋げるときに、TピンはTの形でビーズを通しチェーンなどにつなげるときに使います。

ビーズの道具と便利アイテムの紹介

◎道具や工具が必要
ビーズ細工には工具や道具は必要です。金属のピン類の先を丸めるとき使う丸ペンチは、丸カン・Cカンと呼ばれる留め金具の口を開けたり閉めたりするときにこの道具がないとその先の作業が進まなくなります。金属のピンをカットするのに使うニッパー、さまざまなペンチ類は小さなパーツをつかんだり、ピンを丸めたりする時に使います。テグスをカットするのは爪切りやハサミ、ピンセットや毛抜きも細かいビーズの選り分け作業に重宝します。

◎あると便利なアイテム
指カンは、指輪になっており、Cカンや丸カンを差し込めるくぼみに固定し、ペンチでつなぎ目を開いたり、逆に閉じたりするときに使う道具で一度使うと手放せなくなります。目打ちは結び目の修正にあると便利です。ビーズトレイは小皿などで代用できます。

スポンサー

ビーズ小物の種類

ビーズ手芸で最初におすすめしたいのは材料を揃えれば作るのが簡単なストラップです。Tピンやテグスにチェーン状にただまっすぐに好みのビーズを通していくだけなので子供でも簡単に作れます。携帯用ならストラップの金具を、違う金具を使ってキーホルダーやイヤリング、ヘアアクセサリーなどにすることもできます。

これはテグスの糸でビーズを編んでいくイメージで作るので、設計図となる作り方を本や、インターネットでダウンロードしてもいいです。また、手芸用品やビーズショップなどネットのお店で材料を購入する場合に、お店によっては商品のおまけで作り方の説明書を入れてくれるお店もあります。ぜひ探してみてください。

ビーズで簡単な作品作りを楽しもう!

ビーズの作りは、テグスと呼ばれる丈夫な釣り用の糸に、ビーズをお好みの形になるように糸に通して、形を作っていく作業です。最初はチェーンのようにまっすぐに通していく簡単なものから初めて、だんだん上級者になるとテグスにビーズを通しながら編んでいく方法で、小さなビーズで出来た動物や花などのモチーフを作ることもできるようになるのです。早く、そんな素敵な作品が作れるようになりたいものですね。

作りたいものを決め、必要なものを調べて用意するか、それらがセットになって売られているものを購入すると作り方の説明書も入っているので、ほかに何も用意しなくていいので、簡単に始めることができます。

スポンサー

小物の作り方を見つけましょう

ビーズショップなどのホームページに時々作り方のレシピが載っていたり、インターネット無料でダウンロードできたり、動画で説明してくれているサイトもありますので「ビーズ作り方簡単」などで検索してみましょう。簡単なものから上級者向けの本格的な作品の作り方も探してみるとたくさんありました。

子供から年配の方にも簡単にできるので、とても人気がある手芸です。材料と道具が揃って毎月定期的に郵送されるフェシリモなどセットや、通信講座を受講する方も多いです。例えばユーキャンのビーズ講座は10種類の作品を作るための材料がセットされていて、添削も付いているそうです。届いたらすぐに始められると初心者の方からはとても好評なのです。

もしも自分でビーズの作り方の本を購入するのなら、動物マスコットやアクセサリー、ビーズ刺繍などいろいろな種類があるので、まずは自分の作りたいものが載っているものを選ぶといいですよ。

ビーズ手芸を楽しむ方法

最初は簡単なストラップやブレスレットなどの小物から作ってみてください。そして徐々に難しい物にチャレンジしましょう。ビーズ作りは、材料もほとんど100均や手芸店で安く手に入るものが多いのも人気の理由の一つです。材料や工具と便利なアイテムを揃えて、気軽にビーズ作りを始めてみてはいかがですか?きっと、その楽しさと魅力にはまってしまいますよ。

スポンサー

    ▲ページトップ