温泉

オンシーズン&休前日も大丈夫!『人気温泉宿の予約法』"

関連キーワード

温泉宿を予約するのに旅行代理店まで出向いて相談していたのは昔のこと。じゃらんnetや楽天トラベルなどの旅予約サイトで予約するのが主流となっています。予約サイトを利用すると、口コミを見ながら宿を探せる、ポイントがためられる、お得なプランがあるなど魅力がいっぱい。しかし、実は人気の宿ほど、直接公式サイトで予約したり、電話をかけるほうがいいという声も。人気温泉宿のお得な予約法についてまとめてみます。

スポンサー

宿公式HPの「ベストレート保証」が増えた理由

温泉地で泊まる宿を探すとき、まず何から始めますか。「じゃらんnet」や「一休.com」などの予約サイトで探す、行きたい温泉地の観光協会等のホームページから探す、目的地周辺をグーグルマップで検索する。いろいろな方法がありますね。トリッププアドバイザーやトラベルコちゃんなど、旅行の比較サイトで検索して探すというのも手です。そこでいちばんよさそうな宿、安い価格がでたら即予約・・・すると、ちょっと損をしてしまうかもしれません。

公式HPの予約ページに「ベストレート保証」「ここからの予約がいちばんお得です」という一文を掲載しているところが増えています。宿としては、手数料のかかる予約サイトや手間のかかる電話予約より、自社のホームページからのネット予約がコストも手間もかからず、ありがたい予約方法。ここに泊まりたいという宿が決まったら、予約前に公式HPをチェックするのがおすすめです。

部屋によっては早割、直前割などを設けている宿もありますし、ちょっとプラスするとさらにグレードアップしたプランが見つかることも。宿の会員登録をすれば宿泊料の割引や特典をつけてくれることもあります。一度のぞいてみて損はありません。ただし、予約サイトでポイントを貯めている場合は、結果的に予約サイト経由が安くなる場合もなくはないので、そこはきちんと計算をしてみましょう。

空き室がないときも取れる電話予約のコツ

予約サイトや宿のホームページで残室0となっていても、あきらめるのは早いです。どうしてもその宿の予約を取りたかったら、直接電話してみることをおすすめします。ネット予約が苦手な高齢者の顧客のために、電話予約用の枠がある宿もあります。最近は複数の宿泊サイトで部屋を販売しているため、同時に予約してブッキングしてしまうケースに備えて1室だけ残していることもあねとか。また、複数の予約サイトに掲載している宿では、一元管理ができるソフトを使っているところも多いので、その調節でうまく都合をつけてもらえるかもしれません。

電話をかけるにもコツがあります。まず、チェックイン、チェックアウトで混雑する時間を避けること。電話対応するゆとりがないと、じっくり調整してもらえないことがあります。また、電話番号は通知にして、身元をはっきりさせ、礼を失しない態度を心がけることも大事です。「知人からよかったと聞いたから」など、泊まりたい気持ちをしっかり伝えると、相手の好意的な態度を引き出せます。別のグレードの部屋や代替日を提案してもらった、キャンセル待ちにしてもらえたなどの対応をしてもらえかもしれません。とくにキャンセルが発生しやすい8日前、3~4日前は狙い目です。

正月の場合、人気の温泉宿は1年前から「来年も」と予約している客が多く、11月にはすでに予約がいっぱいということが多いものです。キャンセルが出るタイミングは、12月初旬から中旬にかけて。正月は残室があってもネットで販売しない宿もあるので、やはり電話が確実です。ただし、電話予約の場合、口頭での予約になるので、価格はもちろん料理や部屋のグレードなどの条件をしっかり確認しておきましょう。メールやFAXを送ってもらうなど、文書で残しておくと安心です。また電話では価格的には予約サイトなどで予約するより割高になることが多いと思われます。最初から早期予約組と同じ料金を期待しないことです。

直前の予約になった場合、直前割引のある宿を探すとお得なプランが見つかることがあります。当日になってしまった場合は、今夜泊まれる宿から探すといいでしょう。

じゃらんnet 早いもの勝ち!!直前割引特集
リンク先 http://www.jalan.net/theme/tyokuzen/tyokuzen_index.html

一休.com 直前割引
リンク先 http://www.ikyu.com/dg/special/fullyear/justbefore/start.aspx

yahoo!トラベル 予定があえばラッキー! 直前お値打ちプラン
リンク先 http://travel.yahoo.co.jp/special/map_wh/cyokuzen/

じゃらん.net 今夜の宿
リンク先 http://www.jalan.net/uw/uwp1200/uww1200.do

一休.com 当日限定プラン
リンク先 http://www.ikyu.com/dg/special/fullyear/plan4today/start.aspx

トラベルコちゃん 今夜泊まれる宿
リンク先 http://www.jalan.net/uw/uwp1200/uww1200.do

スポンサー

温泉好きは要チェック!「日本秘湯を守る会」のスタンプ帳

画像出典:乳頭温泉郷 鶴の湯
URL:http://www.tsurunoyu.com/

自然に包まれた温泉が好きで、1年に何度も泊まりに行くなら、ぜひ知っておきたいのが「日本秘湯を守る会」です。「日本秘湯を守る会」には、山奥の秘湯を守り続ける宿が、全国で176施設加盟しています。秘湯というと、施設が古いとか食事がよくないなどのイメージもありますが、立派な施設でおもてなしのクオリティの高い人気の宿もたくさんあります。

入会すれば会員宿のオンライン予約ができて、宿に泊まるとスタンプ帳に押印してもらえます。最初のスタンプから3年以内に10個のスタンブがたまると、行った宿の中から選んで、1泊の宿泊が無料招待になります。無料招待期間は半年間です。

スタンプを押してもらうには、予約方法に制限があります。「日本秘湯を守る会」公式サイトのオンライン予約か宿に直接電話予約、または朝日旅行社経由で予約してください。プランによっては押印の対象にならならいこともあるので確認を。無料宿泊申込みの手続きは、スタンプ帳を朝日旅行社まで送る必要があるなど、面倒なところもありますが、気に行った宿があって、上手に利用できればかなりお得です。たとえば、1万円台の宿が9つ、3万円の宿が1つだったとしても、3万円の宿が空いていれば無料で泊まれるので、1割引以上の価値があります。日本秘湯の会の会員の宿を紹介します。

日本秘湯を守る会 リンク先 http://www.hitou.or.jp/

【乳頭温泉郷 鶴の湯別館 山の宿】
秋田県乳頭温泉といえば、温泉好きなら一度は訪れてみたい魅惑の温泉。その乳頭温泉郷の中でもいちばん古い温泉宿が「乳頭温泉郷 秘湯 鶴の湯温泉」です。圧巻は、美肌の湯として知られる白湯の混浴露天風呂。泉質の違う4種類の源泉があり、たっぷりと温泉を楽しめます。おすすめの宿は、この白湯を引湯した「鶴の湯別館 山の宿」。平成9年に建てられた宿で、鶴の湯温泉までの送迎もあります。白湯の貸切露天風呂が女性客に人気です。どちらも「日本秘湯の会」の会員宿です。

■場所:秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50
■アクセス:JR田沢湖駅より羽後交通バス乳頭線で約40分アルパこまくさバス停。バス停より送迎あり。
■URL:http://www.tsurunoyu.com/FONDMENT/y-annai.html

スポンサー

    ▲ページトップ