ガーデニング

素敵な庭づくりは「オープンガーデン」に学べ! その工夫とポイント

2016-12-14

関連キーワード

オープンガーデン」とは最近よく聞かれる言葉ですが、言葉の通り、自分が育てたガーデンをオープンにして公開することです。最近では地域ごとにそういう地域が誕生し、ツアーなどで「オープンガーデン」を見に行くという事も人気となっています。

ここでは素敵な庭づくりを考えるために参考になるこうした「オープンガーデン」のお庭をご紹介したいと思います。こうして素敵な庭を見る事で自分の庭づくりの見本にすることができます。そして、庭づくりをする人たちもまた「素敵な庭」と呼ばれることを目指して日々ガーデニングに励んでいると言えます。

スポンサー

「オープンガーデン」の歴史って

1927年から実はイギリスで始まったのが「オープンガーデン」の歴史で「ナショナル・ガーデン・スキーム(NGS)」という組織によって始められ、ここで発行されているイエローブックというガーデンの紹介の本は世界的にも有名となっています。そして、今では他の国にもこのオープンガーデンが浸透してきています。

日本でも最近では「オープンガーデン」を実施する地域が広がりをみせていて人気です。素敵な他の家の庭を見る事に私達はとても惹かれるとともに、そうした庭を見る事はそのまま庭づくりの勉強となっています。公開には多くの人が予約をして詰めかけるほどです。

素敵な庭づくりの実例で学ぶ「オープンガーデン」

その一つ、兵庫県三田市と神戸北区の三田グリーンネットのオープンガーデンについてご紹介していきます。最初は神戸の弓削牧場と言う地域のオープンガーデンですが、やまぼうしやハナミズキをシンボルツリーにし、そのまわりにやさしい色合いのナチュラルな雰囲気の小さい花の草花を植えているのが特徴の庭です。グリーンが多いのも魅力的な庭になっていて、まさにナチュラルガーデンと言う雰囲気の優しい庭づくりができています。

ナチュラルな庭というテーマを持ってその色合いや小さな花を植えることにこだわっている庭づくりは参考になります。アプローチを枕木などで造り、自然な雰囲気を作っていることもこの庭にぴったりの雰囲気を作っています。
こちらも神戸市北区のお庭でテラコッタやレンガで造ったサークルなどの周りにセンス良く植栽を配置しています。バラのアーチで高さを演出したり高さのあるものをしっかりと周りに植えています。高低差をきちんと付けた庭造りが上手に行われているのが特徴で近くにはオブジェを置いたり小さな鉢を置いたりしてアクセントを付けています。 オープンガーデンに庭を見る際に、他の家の庭の写真を撮ったりすることで自分の庭に活かせるものを学んでいくことも素敵なことです。
こちらの神戸市の庭はアーチでの高さの演出を図り、その周囲に様々なオブジェを上手に配置して楽しませています。高さのあるアーチの下には小さなサークルガーデンを花で美しく彩っています。また、様々な種類の大きさの異なる、しかも味わいのある鉢を置くことでリズム感を作っています。

全体的にツル性の花を中心に覆われた中に、小物遣いが上手な華やかな庭となっています。
ラティスで高い塀を造り、それに沿って美しい植栽をしている庭です。一番下はグランドカバーとしてベデラやアイビーで埋め尽くし、その上に段を重ねるように植え混んでいます。牡丹の美しい艶やかな姿も見られ、庭を華やかに彩っている美しい庭です。

牡丹の和の雰囲気の花も下を沢山の植栽で埋めることでこんなにも華やかな洋風の庭になっている気がします。
木の塀を作ってナチュラル感のある庭にするとともにそこにハンキングバスケットで花を飾ったり、棚を作ったり、花と雑貨が一緒になって庭を飾るのも素敵です。塀の壁を作ることでここにディスプレイしやすくなりますので庭づくりがしやすくなります。

塀を作った場合のディスプレイも高低差をつけて飾り付けるといいでしょう。ガーデニングの雑貨も大事な要素ですので、アンティークな雰囲気のあるものやナチュラルな手作り感のあるものなどを探して雰囲気づくりをすることが大切です。

もちろんDIYで様々な物を作ってペイントしながら飾り付けるのもガーデニングの一つの楽しみともなります。

「オープンガーデン」の見方とは

オープンガーデンでの素敵な庭づくりをご紹介しましたが、いかがでしたか。庭の大きさや庭のデザインの作り方やそこに植える植栽によって人に与える印象は様々です。 そんな中で人を魅了する庭は、シンボルツリーを中心としたナチュラル感や高低差のある庭、アプローチやサークルでアクセントを付けた庭や塀を作ることで立体的に飾る庭など、様々な工夫がなされています。

目で庭全体を捉えた時に印象的な雰囲気のある庭を演出するためにはそんな工夫が大事だと言えます。オープンガーデンなどの機会で、素敵な庭を訪れる事でどのような工夫がなされているのかを実際に目にされてみるといいでしょう。

小さな庭でも何か活かせる素敵な庭づくりの工夫のポイントがきっと発見できるはずです。

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ