日本画【前編】喜多川歌麿の描く色気満載の女性 浮世絵の数々を見る

関連キーワード

「霞織娘雛形」シカゴ美術館

喜多川歌麿と聞くと色気のある女性像が思い浮かんだり、浮世絵の印象が強かったりしませんか?現在でも「うたまろ」は、よく聞くフレーズになっています。実際、歌麿の絵には「霞織娘雛形」のような蚊帳の内外に首筋の美しさを強調した女性の半身像などがあります。

浮世絵版画の特徴とも言える縦線と横線の二枚の板木を利用して蚊帳を透かして描写する手法を活かし、人物の距離感、立体感を巧みに操ることが出来るのが歌麿と言われています。ここから、歌麿の描く色気のある女性を中心に詳しくご紹介していきます。

喜多川歌麿女性の心境を描き出す

「婦人相学十躰・浮気之相」東京国立博物館

歌麿の大首絵が最高に素晴らしいと思わせる作品が「婦人相学十躰・浮気之相」と言われています。薄うぐいす地に藍の模様を散らした単衣に黒の芭蕉模様、黄色の帯を締めた湯帰りの女性がふり返った構図です。

顔の輪郭と着物や帯の描線に太さの変化があります。背景の部分や袖口の部分の線を太くすることで描線の効果をより際立たせているそうです。また、背景に雲母(キラ)と膠を混ぜて紙にのせていることで美人を引き立てる効果を出しているようです。

歌麿が女性の心理状態を描き写そうとする努力の現れが見える作品としても名高く、歌麿独自の女性を人相見した言葉が書き込まれた副題が、この絵をまた魅力的なものにしています。
「歌仙恋之部・物思恋」リッカー美術館

雲母摺りの背景に鼠色の着物、紫の襦袢、黒地に黄色の格子模様の胴着の色彩色が印象的な「歌仙恋之部・物思恋」は、顔と衣服の線の太さを変え、描線が美しく生かされる工夫がなされているので、見る人の目を楽しませる絵です。
細めた目と固く結んだ口元、右手で頬杖をついて物思いにふける女性の姿が恋に悩んでいる心理を見事にとらえている歌麿の最高傑作と言われています。
「歌撰恋之部・深く忍恋」東京国立博物館

万葉集をはじめ和歌集の恋之部になぞった女性をモデルに描かれています。「歌撰恋之部・深く忍恋」も髪がピンと横に張った「とうろうびん」と言われる髪形が、典型的な町人の女房をあらわしているそうです。

わずかに開かれた口元からお歯黒がチラリとみえています。このお歯黒には化粧や虫歯予防といった目的もあったようですが、この時代、お歯黒をした女性は、既婚者のしるしとされていて、「貞女二夫にまみえず」(夫が死んでも再婚することはない)との誓いの意味があったようです。

赤い羅宇の煙管を手に持ち、細めた目が女性の恋に悩む姿を連想させるとして、歌麿の作画力もさることながら、彫師の髪の生え際の細部まで美しく手がけていることでもこの絵は評価が高いようです。
「歌撰恋之部・あらはるる恋」
「歌撰恋之部・夜毎に逢恋」

「歌撰恋之部」のシリーズは、平安期の和歌集の恋歌から恋に悩む女性の心理描写を描く絵のシリーズとしても知られています。外見の美しさと内面からの出て来る美しさをみごとに表現出来るのは歌麿だからこそなせる技です。

▲ページトップ