スティーブ・ジョブズもよく訪れたという西芳寺の魅力

関連キーワード

「古都京都の文化財」17か所の一つとして1994年に世界文化遺産として登録されている京都市西京区にある西芳寺スティーブ・ジョブズが家族とよく訪れたお寺として有名です。アップルの共同創業者として知られる彼が愛した西芳寺の魅力をご紹介します。

    スティーブ・ジョブズと禅と日本文化

    病気のため2011年8月にアップルのCEOを退任するまで、スティーブ・ジョブズがipod、iphone、ipadなど革新的なものを世に送り出してきたことは皆さんご承知のとおりです。
    テクノロジーを魔法に変えた人物と言われるジョブズが、どのようにして日本文化に傾倒していったのでしょうか。
    ジョブズ本人が唯一公認した伝記『スティーブ・ジョブズ』によると、インド放浪を経て故郷のロサンゼルスに戻った20歳の頃ある一冊の禅の入門書に出会い夢中になります。それは、1959年に渡米しサンフランシスコ禅センターを設立するなどアメリカ仏教界へ大きな影響を与えた曹洞宗の僧侶である鈴木俊隆(すずきしゅんりゅう)が書いた『zen mind beginners mind』です。
    1970年に米国で出版されて以来、世界中で読まれている禅のバイブルです。その後、鈴木俊隆がアメリカに招いた同じ曹洞宗の僧侶である乙川弘文(おとがわこうぶん)と1971年に出会い深い感動を覚え交流を深めます。30年に及ぶジョブズと乙川弘文との交流は、2012年2月に日本語版が発売されたマンガ『The Zen Of Steve Jobs』にも書かれているほどです。この本は現在、世界各国で翻訳出版されています。
    乙川弘文は、ジョブズが興したNeXT社の宗教顧問に就き(1985年〜1996年)、1991年にはジョブズとローリン・パウエルとの結婚式も執り行っています。その間日本文化をこよなく愛する彼は、家族を連れて京都にたびたび訪れます。
    西芳寺もお気に入りのお寺でした。アップルのCEOを退任する前年の2010年5月にも京都を訪ねた彼は、西芳寺に足を運んだのでしょうか。

    西芳寺の魅力

    別名、苔寺と言われるくらい苔に覆われた風景は珍しく、四季折々の表情で私たちを楽しませてくれます。苔の種類はなんと約120種類にも及び、気候の変化によりさまざまなコントラストを生み出します。約3万平方メートル(約9千坪)にも及ぶ庭園は、年間を通じて美しい景色を見せてくれますが紅葉の季節は特に秀逸です。
    立ち並んだ木々の間に苔がびっしりと敷き詰められ、その上には紅葉が加わって見事な風景を作り出してくれます。知らぬ間に時が経ってしまいます。雨の季節も堪能できますよ。生き生きとして濃い緑色をした苔たちが私たちを出迎えてくれます。
    苔は地面だけでなく木のまわりにも生えていて、何とも神秘的です。この美しさは、スティーブ・ジョブズならずとも何度も足を運ばずにはいられませんね。

    開山は行基、中興開山である夢窓疎石が「西芳寺」と改めました

    臨済宗の古刹である西芳寺は、飛鳥時代には聖徳太子の別荘があった場所とされています。奈良時代に入り、聖武天皇の勅願を得た行基が別荘から寺へと改めたと伝えられています。開山当初は法相宗(ほっそうしゅう)で「西方寺」というお寺でした。
    平安時代には空海も入山したとも伝えられています。鎌倉時代になると、法然により浄土宗に改宗されました。法然を師と仰ぐ親鸞も訪れています。仏教界の大物が次々と登場します。室町時代に入り荒廃したお寺を再興するために、1339年松尾大社の宮司であった藤原親秀(ちかひで)が招請したのが夢窓疎石という禅僧です。この夢窓疎石なくして今の西芳寺はないといっても過言ではありません。
    夢窓疎石は夢窓国師、正覚(しょうがく)国師、心宗(しんしゅう)国師など七つの国師を天皇から賜った七朝帝師(しちちょうていし)と呼ばれた大物です。夢窓疎石が開山したお寺は、美濃の虎渓山永保寺、甲斐の恵林寺、同じ「古都京都の文化財」17か所の一つである嵯峨嵐山の天龍寺など数多く、西芳寺を模して創られたと言われる金閣寺、銀閣寺とも勧請開山(名目上の開山)は夢窓疎石です。
    夢窓疎石は、西芳寺臨済宗禅寺として再興します。この時、お寺の名前も「西方寺」から「西芳寺」へと改めます。

    天才造園家である夢窓疎石によって作られた西芳寺の庭園

    西芳寺の一番の見どころは夢窓疎石によって作られた庭園でしょう。西芳寺庭園を手がけた夢窓疎石は、室町時代の天才造園家です。その類まれな才能をいかんなく発揮して手がけた庭園は、天龍寺庭園世界遺産、国の史跡及び特別名勝)、永保寺庭園(国の名勝)、瑞泉寺庭園(国の名勝)、恵林寺庭園(国の名勝)、覚林房庭園(町指定文化財)とそうそうたるものです。西芳寺庭園も例外ではありません。国の史跡および特別名勝に指定されています。
    庭園は、上段の洪隠山(こういんざん)と呼ばれる枯山水庭園と下段の黄金池(文字通り「心」という字をかたどっているため心字池とも呼ばれる)と称される池泉を中心とする池泉回遊式庭園の二段から構成されています。
    黄金池には長島、朝日ヶ島、夕日ヶ島と呼ばれる三つの小島があり、造られた当時は白い砂でおおわれていたようですが、今は苔でおおわれ当時の面影はありません。今は庭園全体が苔でおおわれて苔寺として有名な西芳寺ですが、作られた当初は苔など生えてなくて、苔におおわれるようになったのは、江戸末期と言われています。

    今は苔でおおわれて苔寺として有名な西芳寺は、スティーブ・ジョブズだけでなく訪れる人を魅了するお寺です。あまりの人気のせいか、1977年7月からは一般の拝観を中止し往復はがきによる事前申し込み制となっています。手続きは面倒でも訪れる価値は十分ありますよ。

    「モス・ガーデン」の名で海外にまで知られる「苔寺」こと西芳寺!

    「苔寺」との別名を持つ西芳寺天龍寺の境外塔頭であり、山号は洪隠山、本尊は阿弥陀如来、開山は夢窓疎石と伝えられており、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。
    苔に覆われた庭園は海外にまで知られており、年月を経て覆われる苔の衣の内側には今も夢窓国師の禅と作庭の精神が息づいています。参拝には往復はがきでの申し込みが必要であり、参拝料も3000円と少々お高いですが、一度は訪れてみる価値のあるお寺であると思います。
    それでは、西芳寺の見どころを1つ1つご紹介していきたいと思います!

    西芳寺の見どころ

    主な参拝コースは、まずは衆妙門からお寺に入り、その後に本堂の西来堂で写経を行ってから庫裡横の玄関をくぐって庭園内を拝観するのが一般的です。
    古寺道バス停から歩いてくると先に総門が目に入るのですが、総門からは入ることができず、総門から約100m西のところに衆妙門があり、ここから参拝者は境内に入ります。
    見どころとしては、上段の枯山水庭園と、下段の黄金池をめぐる池泉回遊式庭園は全てが苔に覆われており、その光景は圧巻です。

    ・総門
    こちらからは入ることができませんが、西芳寺川に架かる橋を渡ったところに見えるのが、東向きに位置する西芳寺の総門です。本瓦葺の門であり、高浜虚子の句碑が建っています。かつて多くの参拝者が出入りしたのがこの総門でした。

    ・高浜虚子句碑
    総門の手前にある高浜虚子の句碑です。自然石に「禅寺の苔を啄む小鳥かな」の俳句が刻んであります。虚子は正岡子規と並ぶ近代俳句の巨匠として知られ、この句碑は昭和30年代に建てられたものです。

    ・参道
    杉木立の緑と苔の緑に彩られた、何とも清々しい参道です。かつて拝観者はこの参道を通り、さらに奥にある山門をくぐって庭園を拝観しました。

    ・山門
    総門の奥にあり、南向きに建つ門で、本瓦葺、1間1戸の薬医門があります。この門をくぐってまっすぐ進むと庫裡があります。
    ・参道と土塀
    山門をくぐって石畳を手前にたどると、庫裡と庭園の入口に到着します。土塀の向こうには茶室少庵堂と西芳寺庭園があります。この土塀は非常に高く立派であり、参拝せずに外部から中の様子を覗くことは絶対にできないようになっています。

    ・観音堂
    庭園西側に南向きに建つのが観音堂です。1969年に西来堂ができるまで、この観音堂が本堂の役目を果たしていました。内部仏間に聖観音菩薩立像を祀っています。
    ・黄金池(史跡・特別名勝)
    こちらの石庭は中興開山の夢窓作庭当初の石組と言われています。西芳寺庭園は上段の枯山水庭園と、下段の黄金池をめぐる池泉回遊式庭園に大別できるのですが、こちらは下段の黄金池になります。

    ・少庵堂
    観音堂の前方にあり、池から流れ出る小川のほとりに茶室小庵堂がたたずんでいます。内部に千利休の後妻宗恩の子で千家2代の少庵の像を安置していたことから、少庵堂と名づけられました。床の正面が躙り口(にじりぐち)とされ、躙り口の上には下地窓をつけ、入った右手に連子窓をつけています。茶室の手前には地面を少し掘り下げて4、5段の石積みの階段がありますが、いわゆる降りつくばいになっています。

    ・湘南亭
    茶室である湘南亭は西芳寺庭園の最も南に位置し、「黄金池十境」の1つとして数えられています。千利休の後妻宗恩の子で千家2代の少庵が茶室として再建したと言われており、全体にL字形の平面をなし北へ伸びる主棟は入母屋造柿葺となっています。また、待合及び廊下の間からなる南側の棟は切妻造柿葺となって池に面した北端には庭園を見晴らす広縁があり、天井は一面を塗り上げた土天井となっています。

    枯山水庭園 洪隠山石組全景(史跡・特別名勝)
    上段に位置する枯山水庭園は、上下二段構成になる豪快な枯山水石組の庭園です。上段の石組は洪隠山石組と呼ばれ、広々とした下段とは対照的で、さらに遠近感のある東西二段の構成になっています。この石組は夢窓疎石によって築造されたもので、わが国最古の禅宗庭園の石組と言われており、禅宗の自然観を見事に表現した西芳寺庭園の中でも最大の見どころと言えます。

    ・向上関
    西芳寺の上下二段の庭園の間に位置し、下段庭園から上段の枯山水庭園へ登る入口にある門で向上関と呼ばれています。この門をくぐり、通宵路と呼ばれる石段の道を上ることで上段の枯山水庭園に向かうことができます。向上関や通宵路は洪隠山の十境の名所の1つとなっています。

    以上、他にも多くの見どころが存在する苔寺ですが、主要な見どころを紹介してまいりました!春夏秋冬、どの季節に行っても趣深い光景を見ることができる、苔の寺こと西芳寺
    参拝するのには少しハードルの高いお寺ですが、是非とも往復はがきを送付し、その美しい世界へ訪れてみてはいかがでしょうか?

    <基本情報>
    西芳寺の参拝は本堂での写経などの宗教行事を中心としたもので、往復はがきによる予約参拝制をとっています。以下予約方法です。
    1.往復はがきに参拝希望日、参拝者代表の住所・氏名・人数を明記し、希望日7日前までに「西芳寺参拝係」宛てに送付をする。希望日の二か月前より受付を開始。
    2.参拝当日に返信はがきを持参する。
    (電話、PCでの受付は一切しておりません)

    ・参拝時刻は西芳寺の指定時間になります。
    ・参拝料1名3000円。
    ・駐車場なし

    <アクセス>
    阪急電鉄嵐山線で上桂駅下車、北西へ徒歩15分
    JR京都駅から京都バス73系統で約55分、「苔寺」バス停下車、徒歩3分
    阪急電鉄四条河原町駅から京都バス63系統で55分、「苔寺」バス停下車、徒歩3分
    阪急電鉄四条烏丸駅から京都市バス29系統で50分、「苔寺道」バス停下車、徒歩10分

    ▲ページトップ