西洋画ゴッホという芸術家の知られざる人生

関連キーワード

世界で最も名が知られている印象派の画家のひとりといえば、間違いなくフィンセント・ファン・ゴッホでしょう。
ゴッホは、オランダ出身の画家であり、さまざまな名作を世の残しています。
非常に波瀾万丈の人生であったとして知られており、パリ時代、アルル時代など、さまざまな時代を駆け抜けながら印象派の大家として走り続けました。
今回、ここではゴッホの人生を振り返りたいと思います。

ゴッホの幼少時代

ゴッホが生まれたのは、1853年。オランダの南部の牧師の家に生まれています。父ドルスは、オランダ改革派の牧師であったことからも、非常に高名な人物であったといわれています。ゴッホは幼いころから癇癪もちであったことからも、非常に取扱が難しい子どもであると家族や浸漬中で話題となっていたようです。

落ち着きが無く、自由に独りで遠出をしてしまうところもあり、学校に通っても長続きせず、結果的には家庭教師の指導を受けて勉学へと励みました。この頃、11歳のゴッホは父親の誕生日に向けて「農場の家と納屋」という作品を創作しています。正式に販売されていることはありませんが、非常に優れた絵画であり、このあたりから片鱗を見せ始めているといわれています。

その後、国立高等市民学校でウィレム2世校に入学しており、ゴッホ屋はコンスタント=コルネーリス・ハイスマンスという画家が先生であったことからも、絵画を習っています。

しかしながら、親元を離れてこの学校に入学したものの、1年足らずでゴッホ屋はこの学校をやめています。その後、親戚の助力などにより、画商グーピル商会のハーグ支店の店員になります。

この頃、マウリッツハイス美術館に通っては、さまざまな古典絵画に触れており、徐々に絵画の世界へとのめり込んで行きます。仕事ぶりも熱心であったことから、ロンドン支店に配属になるなど、ゴッホ屋は期待される存在となっていきました。

苦悩の日々のはじまり

ゴッホは、一人で妄想をしたり、片思いをしたり、被害妄想を感じたりと、精神的に非常に落ち着かない人物であったことが分かっています。一見、外から見ると美術商グーピル商会で成功を収めたように見えますが、さまざまなトラブルを引き起こしていたようです。

ロンドンでは、下宿先の娘ウルスラに恋をしますが失恋し、それに立ち直れないために、パリ支店へと飛ばされます。さらに、絵画への知識が深まって行くほどに、客に勧められない絵は購入しない方が良いとか、勝手に重要な時期に会社を休んでしまうなど、自由奔放過ぎる働きぶりに結果、首になってしまうのです。

無職となったゴッホは、その後に英国の小学校教師として働きはじめます。非常に貧しい子どもたちがいることも知り、副説教師の職にもつき、人道支援的な活動をしていくことも心に決めます。教員職を辞めた後にはドルトレヒトの書店に入るのですが、4ヶ月で辞めます。

キリスト教へ強い心を持ちますが、結果的には神学校では語学教科のギリシャ語で挫折してしまい、また辞めてしまいます。ブリュッセルの伝道師養成学校に入るものの、その研修期間が終了後もその資格を付与されることはなく、結果的に仕事を指してボリナージュ炭鉱地帯へと向かうのです。ここで、半年間だけは伝道師として認められます。

ただし、あまりにも過剰に仕事をしていたこともあり、伝道師を逸脱してしまうほどの熱の入れようが、聖職者の権威を傷つけると判断され延期はされまず、またも無職となってしまいます。右往左往を続けた、迷いに満ちたゴッホの辛い時期であるといわれている時代の話しです。

画家としての人生

伝導師として自信は努力を重ね、自らの住まいや衣類などもみすぼらしく、全てを人々のためにと行ってきたゴッホ。その思いが通じず、打ちひしがれていたのか、頻繁に連絡を取り合っていた人部とも9ヶ月ほど音信不通となってしまいます。

そして、その頃、ゴッホの心をすくってくれたのが絵画でした。1880年頃には絵描きを目指すということを手紙で伝えており、ここから新たな人生をスタートさせることとなります。ちなみに、手紙を送っていた相手は弟のテオという人物であり、絵画に目覚めて必死にデッサンを描き続ける兄を助けるために、仕送りをはじめます。

この頃、テオが仕送りをしていることを、父親から受け取った金をゴッホ自身に送っていると勘違いしており、常に貧しい生活をしているようなアピールをしたり、テオからの返信が滞っていた時には、手紙をやり取りすると金の無心をすると思われていることを皮肉ったりと、やや精神的にもまだ不安定であったことが伺えます。

しかしながら、テオが自腹でお金を送っていることが分かった後は心を入れ替え、自らが描いた作品を送っていたといわれています。そして、独学を経たゴッホはさらに本格的に画家になるために、ブリュッセルの美術学校で遠近法と解剖学を学ぶようになったのです。

ゴッホが絵描きとして認められる時

その後、ゴッホが真面目に生きることができたということはなく、再三トラブルを起こし、両親、家族なども傷つけて行きます。

さらに、農民を描いていた頃には、女性に惚れられるのですが、経済面から双方の両親に反対され、女性は服毒自殺をしています。数多くの修羅場をくぐってきたゴッホですが、絵だけは辞めていませんでした。そして、「じゃがいも(馬鈴薯)を食べる人々」という作品を生み出し、ハーグの画材店がその絵を飾ります。

画家として他人に認められたゴッホは、そのあとベルギーのアントワープで日本の浮世絵に出会い、衝撃を受け強く影響されます。

その後、パリへ渡り、弟テオの家に転がりこみますが、この頃から明るい色調の絵画を描くようになります。自画像を多く描き、さらにはタンギー爺さんという作品は、バックに日本画が多く飾ってある有名作品として知られています。その後、日本画の展覧会などを開くなど、ゴッホは人生に光を見いだし始めました。

ゴーギャンとの出会い

ゴッホは、ロートレックやベルナールらとグループ展を開催しますが、そこに訪れたゴーギャンが、ゴッホのひまわりを見てえらく感激し、自分の絵と交換してほしいと催促。ここから、二人の友情がスタートします。一見、順調に見える大都会の暮らしですが、ゴッホはアルコールに溺れ、その息苦しさから弟テオと何度も衝突します。

しかし、辛いながらもテオは兄の才能を信じていたこともあり、互いにこれではいけないと思いながらも生活を続けていたのです。その後、温かく太陽が照りつける南仏のアルルへと向かい、さまざまな絵画を描きます。アルルにて、ゴッホは黄色い色という小さな家を借り、そこに友人芸術家たちを呼び集めた芸術村構想を思いつきます。

ゴーギャンを呼び寄せ、彼の部屋にはひまわりの絵画をしきつめ、熱烈な歓迎をすることとなります。しかし、初期は和気あいあいとしていたものの、双方に個性が強く、結果的にゴーギャンがここを去るという選択をしはじめます。

そして、弟テオが婚約をしたこともゴッホは知り、その虚無感に悩まされることとなっていくのです。そして、ゴーギャンとの共同生活の9週目に、その生活は破綻を迎えます。

ゴッホは、カミソリでゴーギャンを襲ったのですが、睨み返され自らの耳を切り落とします。さらに、この耳を愛人に届けたいというなど、ゴッホは精神的錯乱状態に入り、結果、ゴーギャンはパリへ、ゴッホは病院へと大きく人生が分かれてしまうのです。

その後、ゴッホは住民たちから狂人として恐れられることとなり、彼を病院へ収容するように、警察へ嘆願書の署名を提出。結果、病院送りにされます。そして、その後にテオが結婚したため彼を頼ることはできず、さらには癇癪を起こすことを自ら不安に思い、精神病院に自ら入ります。

精神状態の不安定さ

医師にアトリエへ入ることを許された後も、テオに子どもができたことを知り、不安になり半狂乱になったり、ふと襲ってくる恐怖に耐えることができず絵の具を食べたり、ランプの油を飲んだりと、ゴッホは非常に厳しい精神状態のままで生き流れていきます。僅かな時間だけが彼の創作時間ではありましたが、この頃に『糸杉のある麦畑』『アイリス』などの名作を生み出しています。

ゴッホという人物の評価

『赤い葡萄畑』が、その後のグループ展に出店された時、初めてゴッホの作品が生まれます。そして、その後のパリの『アンデパンダン展』では、ゴッホ屋の作品が高い評価を得るようになったのです。さらに、テオは兄ゴッホを自宅へと呼びつけ、子ども見せたり、オーヴェールの精神病へと移り住んだゴッホが呼び寄せたりと、幸せで穏やかな生活が続きます。

ゴッホの最後

しかし、とある日に印象派の画商として独立したいというテオの意見で夫婦喧嘩が始まり、それに自分がテオの生活を困窮させているとゴッホは思い悩みます。そして、ピストルで自らを打ち抜きますが、急所を外れ、その後に当時住んでいた屋根裏部屋でテオの看取られて絶命しました。

しかし、その後にテオの努力や周囲の人々はゴッホの描く絵画の素晴らしさに魅力され、絵が売れて行きます。

しかし、テオの画商として上司を大げんかをして退職。最愛の兄として慕ってきたゴッホが亡くなってしまった今、生きる活力を見いだせず、結果的に衰弱をしてしまい、33歳という若さで絶命してしまうのです。

ゴッホという生きる芸術

ゴッホは、自分の人生の全てをかけて芸術を貫いていった、孤高の画家です。
芸術のために生きるとはいえど、多くの人々は自らの生活があり、さらには世間体などもあるでしょう。
しかしながら、ゴッホは狂人として世間から虐げられていたのにも関わらず、それを悩み、苦しみながらも芸術へとその思いを昇華させ、我々の生活にかけがえの無い作品を多く残しました。まさに、人生全てが芸術家である、という言葉が似合う人物であったのです。

▲ページトップ