西洋画クロード・モネが生み出した代表作たち

関連キーワード

印象派の大家として、多くの人々に愛され続けている画家がクロード・モネです。パリで生まれ、その後さまざまな人生の困難を乗り越えながら、印象派の大家として大きな成功を成し遂げた人物です。

フランスのセーヌ川沿いのジヴェルニーで晩年を過ごし、自宅の庭の池にこだわり続け、その場所を描き続けたことで有名です。そのため、モネの代表作といえば、『睡蓮』が最も有名なのではないでしょうか。

まさにく、モネの代表作である睡蓮ですが、他にもすばらしい代表作がいくつもあります。ここでは、モネが遺したすばらしい作品のいくつかを紹介してきます。

睡蓮

まず、さまざまな作品を確認する前に、代表的な作品である睡蓮についてを確認していきましょう。モネが生み出した睡蓮という作品は、彼の特徴的である色と光、奥行きの技術力の高さがもっともわかりやすい作品としてしられています。

モネが睡蓮に魅せられていたことは有名な話しですが、なんと生涯で200点以上の睡蓮を描いていることがわかっています。庭の睡蓮の家には、日本風の橋が掛けられていたことも有名であり、モネの睡蓮という作品のいくつかには、この橋を見ることもできます。

そして、初期の頃の作品から後期へと進んで行くと、その睡蓮の絵の対象は水面だけへとうつって行きます。最後に描かれてたオランジェリー美術館では、自然光でこの作品を見てほしいというモネの願いから、まさにモネの自宅の庭に正体されたような雰囲気で絵を楽しむことができます。

独特な筆遣いと印象派ならではの油彩のタッチ、荒々しさではなく、比較的柔らかさと優しさを感じることができる表情。まさに、睡蓮という作品は、モネそのものを写しているといっても過言ではない大作でしょう。

パラソルをさす女

モネは、風景画を多く描いているのですが、人物画も多く描いています。草原や花畑にたたずむ、美しく清楚な女性の絵はモネの優しい心を通じて、そのまま絵画として生まれているような印象を与えます。

パラソルをさす女は、白いワンピースが下に敷き詰められた花を反射したかのような、絶妙な色使いと描写で描かれています。写実的でありながらも、油絵特有の印象は残っており、まさに名作といえる作品です。

ただし、当時は、白は白であり別の色を投影させる技法は否定されていました。モネは、常に自然と対峙しているような作品を造り続けてたことが、このパラソルをさす女を見ることで理解できるのではないでしょうか。

陽を浴びるポプラ並木

モネの作品は、美しい色使いやあたたかみ、優しさだけでなく、香りを感じられることが特徴です。当然ながら、本当に絵の具以外の香りがする訳ではないのですが、その風景画からその場所や季節の香りを感じられるような、のどかな印象を受けることができます。

睡蓮に力を入れていたモネですが、太陽の光にも心を惹かれており、生み出される絵は太陽光の当たり方にとても力が入れられています。

陽を浴びるポプラ並木という作品は、ジヴェルニーの近くの川岸にあったものであり、太陽光と反射する川面、それに照らされるポプラの木の存在に、強くモネは心を惹かれたといわれています。

初夏を思わせる、爽やかで清々しい、ポプラの並木道からは心地良い風と夏の香りを感じることができるのではないでしょうか。やわらかなタッチで描かれている、素朴でありながらこだわりと純粋さを感じさせる、美しい作品です。

黄昏、ヴェネツィア

モネは、数多くの苦難を乗り越えながら、自らの芸術と向き合ってきた人物です。しかし、生活が苦しいからといって、決して絵画制作に手を抜くことはなく、一方でヨーロッパ旅行などをして、創作活動を幅広い場所で行っていたことでも知られています。

そんなモネの最後の大旅行となったとして知られている、ヴェネチア旅行中に描かれた作品が、美術評論家のなかでは最高傑作ではないかと、大変高い評価をうけています。

ベルネームジューヌ画廊にて、旅行時に描かれた作品が29点展示されましたが、そのなかでもモネらしい作品といえば、黄昏、ヴェネツィアという作品です。

夕日が沈むヴィネチアの生みと、島を描いたシンプルな作品でありながらも、モネが持ち合わせている技術と、自然への思い、見たそのままを騙しなしで表現できる純粋さが痛いほど伝わってくる美しい作品です。一度見たら忘れられない、まさに至高の一枚といっても過言ではないのではないでしょうか。

ジヴェルニーの日本の橋と睡蓮の池

前述しましたが、モネのジヴェルニーの自宅には、日本風の橋が掛かっていました。そのため、睡蓮シリーズの初期の作品には、ジヴェルニーの日本の橋と睡蓮の池という作品があります。

やや、暗めでしっかりと輪郭がはっきりとした、骨格のある印象の仕上がりとなっています。美しさはもちろん、光n使い方や、絵画でありながらも時間が流れているような、そういった儚さとリアリズムを感じさせる作品です。

ジヴェルニーの日本の橋と睡蓮の池も、モネの作品のなかでは外すことができない1枚でしょう。

▲ページトップ