盆栽模様木仕立てが似合う榎の盆栽で楽しむ秋の黄葉と冬の寒樹

関連キーワード

模様木仕立ての樹形は、多くの盆栽の樹種で作ることができる樹形です。
榎は、自然の美しい流れが引き出しやすい樹木なので、模様木の樹形が似合う盆栽です。また、もみじや楓は黄(紅)葉が美しい雑木類盆栽として知られていますが、榎の黄葉も美しいしいです。榎の黄葉は、雑木類盆栽の中でも一足早く色づき始めるので落葉も11月の初めには始まりますが、落葉後の寒樹の美しさも格別です。

「模様木」の樹形は、初心者でも作りやすい樹形なので、自分で模様木に仕立てた榎の盆栽で、美しい榎の黄葉と寒樹を楽しむことができます。

「模様木」仕立てが似合う榎の盆栽

「模様木」の樹形は、自然が作り出している樹木の姿が一番表われている樹形です。榎は、他の雑木類の盆栽の中で最も自然の素朴さが現れている樹種です。そのため榎の樹木の特徴を一番表すことができる樹形は「模様木」なので、榎はこの樹形が似合う盆栽です。

榎は、春のお彼岸が終わる頃になると淡い黄色の花を咲かせ、10月に入ると黄葉と共に赤い実を付けます。そして11月に入ると落葉が始まり、冬の季節になると枝と幹だけの美しい寒樹の姿を楽しませてくれる樹木です。「模様木」の樹形に仕立てられた榎の盆栽は、春の新芽の季節から始まり色鮮やかな新緑や紅葉、そして落葉後の寒樹まで四季折々の美しい変化を楽しませてくれます。

特に榎の盆栽は、秋の黄葉と冬の寒樹が美しいですが、灰色をしている幹とのように繊細な小枝が沢山ある樹姿のバランスは、とても味わい深いものがあります。榎の盆栽を長く育てていると、幹元から出てくる根張りの部分は長い年月の経過と共に大自然の中で力強く自生しているような美しさが出てきます。

榎を「模様木」の樹形に仕立てると、野山で自然に自生している榎の美しい樹姿の特徴を盆栽鉢の中に表すことができます。また、枝に針金を掛け矯正して作られた枝の模様によって榎の樹形全体の流れやバランスを良く整えることができます。榎の繊細な枝が針金掛けによって作られた模様からは、自然の優しさが感じられるように仕立てることができます。

そのため榎は、自然の流れの美しさが現れている樹種なので、「模様木」の樹形が似合う盆栽です。

榎を「模様木」の樹形に仕立てるための剪定と針金掛け

榎を「模様木」の樹形の盆栽に仕立てるための作業は、落葉後が適期です。「模様木」の樹形に榎を仕立てる仕方は、主に剪定と針金掛けです。

・「模様木」に仕立てるための剪定作業
「模様木」に仕立てるための剪定作業で必要な道具は、又枝切りバサミ、剪定バサミ、針金、そして仕立てる素材(樹木)です。また、模様木仕立てに適している針金は、枝の太さの3分の1から4分の1位の太さが適しているので、仕立てる樹木の枝を確認してから枝の太さに適した太さの針金を用意します。

模様木仕立てに仕立てやすい榎の素材は、種を蒔いから15年位育った榎の盆栽用苗木が仕立てやすいのでおすすめです。最初に、繊細な小枝が樹木全体にバランス良く引き立つように、素材の中で太くてごつい枝や徒長枝を中心に剪定をしていきます。素材の芯となる枝と同じ太さの枝が芯の近くあった場合は、それらの枝切り詰めることにより、一層繊細な小枝の魅力を引き立たせることができます。

同時に伸びすぎた小枝も切り詰めますが、樹形全体を見ながら行います。また、同じ方向う向いている複数の枝も切り詰めますがすぐ下から伸びている太い枝は、残します。また、交差している枝でも残した方が良い枝は、そのままにして後で針金を掛けて矯正します。さらに不要な枝も樹形全体を常に見ながら剪定し、樹形全体がすっきりした姿なるように剪定していきます。

・「模様木」に仕立てるための針金掛け
榎を模様木に仕立てるために行う針金掛けでは、幹から伸びている枝全体を真横から見て、枝が水平より“やや”上がり気味になるように枝に針金を掛けて枝を曲げ、枝に模様をつけていきます。樹形全体の中で、向きの悪い枝を中心に針金をかけて矯正していくと、枝の「模様づくり」が作りやすいです。

針金掛けは、基本的に1本の針金で2つの枝にまたがって掛けていきます。この2つの枝は、幹の左右の位置から伸びている枝です。初心者の場合は、左右の枝の幹の中心と針金の長さの中心を合わせながら左右の枝に針金をかけていくと、作業がしやすいです。この際、多少無駄になってしまうかもしれませんが、少し長めの針金を使うと途中で足りなくなったりしないので安心です。

また、2本の枝が出ている位置が左右離れて斜めに伸びている場合は、1本の針金の中心の部分を左右の枝の中間の位置にある幹に巻き付けてから左右の枝に針金をかけていくと、しっかりと針金を固定することができます。

また、模様木仕立ては、直幹の幹に枝を曲げて模様を付けていく樹形なので、樹木の芯となる部分の小枝に針金をかけて模様を付けていきます。そのため針掛けかが終わったら、小枝を緩やかに曲げて模様をつけていきます。剪定した時に残しておいた交差枝も針金掛けによって矯正するのでなくなります。

模様木を作るための小枝の針金掛けが終わったら、樹形全体を見ながら芯を曲げたり、あるいは枝先を左右に曲げたりして樹形を整えたりします。この作業が終わると、榎の盆栽の「模様木」作りは完成です。

模様木作りの注意点

盆栽の模様木の樹形は多くの樹種に仕立てられている樹形なので、榎などの雑木類盆栽以外でも通年を通して葉が付いている松柏類の盆栽などもでも作られている樹形です。

一般的に模様木に仕立てられた松柏類の盆栽は、樹木の風格が引き立つように枝が下がり気味に仕立てられています。
一方、落葉と寒樹の両方楽しむことができるので通年葉が付いていない榎のような盆栽は、枝が樹形全体に上がり気味になるように仕立てた方が、樹木の風情や魅力が引き立つと言われています。しかし、いくら枝を上がり気味に仕立てる場合でも極端に枝が上に向うように曲げてしまうと、榎の繊細な枝がもっている柔らかさが失われてしまいます。そのため樹形全体のバランスを見ながら、出来るだけ自然の流れが出るように枝を曲げて、枝の模様を出していくことが大事です。

「模様木」仕立て後の管理

榎を模様木の盆栽に仕立てた後は季節が本格的な冬に入るので、寒さが厳しい時期は室内に取り入れたり霜がかからないように軒下に置いたりして寒さを防ぎます。また、日中は出来るだけ陽当たりの良い場所に置いて管理をします。

水やりの管理は、冬の水やり管理と同じように行います。晴れの日は、一日一回くらいの水やりをします。冬の間、榎の盆栽は乾燥がしにくくなるので、水のやり過ぎには注意が必要です。

また、施肥をする際は玉肥料を与えます。榎は4月頃になると花を咲かせる樹種なので、この時期の施肥は沢山の花芽を付けるためにも必要です。

「模様木」の樹形に仕立てられた多くの樹種の樹木に比べて榎は、幹や繊細な枝に自然の美しさや優しさがあります。
そのため模様木の樹形の榎の盆栽は、樹木の持つ自然の魅力や美しさが一層引き立ちます。
榎の模様木仕立ては、盆栽初心者でも作りやすい樹形なので、園芸店や盆栽市などで入手した盆栽用苗木を使って模様木に仕立てて、秋の美しい黄葉と寒樹を楽しんでみませんか。

▲ページトップ