書道

思い立ったら即実行!自分に合った書道教室に入るには・・

関連キーワード

書道を始める上で一番簡単な方法は通信教育かと思います。
自分で書いて自分で郵送して、添削して頂いたものを見て訂正する。
ただ上手になりたい人ならばこれだけで良いでしょう。
でも、他の人と一緒に研鑽したり、わからない筆使いや難しい書き方など直接先生に教わりたいと思ったり、そんな人にはやはり書道教室というものが適切だと思います。
書道教室に入ってみたいけど・・と悩んでいる方!
書道教室に入るときの基準や準備しておくと良いものをご紹介します。

書道教室を選ぶ基準

書道団体に所属していたり、個人で書道塾を開いている教室ではなく、『気軽に通える』という印象を受けたりするのがカルチャースクールですね。
また、カルチャースクールでは比較的年齢層が低いのも特徴になります。
基礎を学び、正しい字や書き方を勉強していきます。
碑文や故事を用いて古典の勉強をしていきますが、目的としては字の正確さや丁寧さ、綺麗な字が書けることを目標として通います。
集大成として小さな作品を作ることもあります。
また、カルチャークラブでは生徒全員が同じ作品を同じ時間に作ることも特徴です。(書体の違いにより個人で替える教室もあります。)

書道教室では年配の生徒の方も多く、カルチャークラブよりも年齢層が幅広いのが特徴です。
様々な作品を作っていく上で最も大切な基礎である碑文や古文といった古典を学び、作品を作り上げていくことを目標としているため、個人個人の作品の内容はもちろんのこと、作品の紙の大きさに至るまで全てが異なってきます。
書道教室によっては、毎月臨書作品を提出して競う『競書』と呼ばれるものに出品し、古典を学ぶ方針の教室もあります。

教室の先生の書を見る

書道教室を選ぶ際の基準のひとつとして、教室の先生の書を見ることも大切です。
どのような作風であるのかを最初に知ることで自分が作っていく作品のイメージを湧かせることが出来ます。
カルチャークラブではあまり参考にしなくてもそこまで影響はありませんが、本格的な書家の開いている書道教室であればとても重要になります。
この場合、書道の先生にはさらに上の先生がいらっしゃる可能性もあります。
書道には会派があり、それぞれ志す書風が違います。そのため、自分が書いてみたいと思う作品が書けないということもあるため、事前に調べておくと良いでしょう。

書道教室に入る前準備

準備しておく物
書道教室に入る前に準備しておく必要があるものとして、最初に準備しようと思うものはやはり筆かと思われますが、カルチャークラブであれば手持ちの筆でも使えます。
ですが、本格的な書道教室であれば先生独自の筆を推奨されていることもありますので、なければあえて準備をせずに入会と同時に尋ねることをおススメします。

硯(墨池とも言う)や文鎮、下敷きなどは手持ちのものを使うのであえて買わなくても大丈夫です。

準備しておくこと
大きな作品を作っていくこともある書道。
その書道を実際に家の中でする場所を作りましょう。
環境を整えることで書道のことだけを考えられるため、作品を作る意欲が湧きます。

自分の書いてみたい書体を考えておくのも大切なことです。
作品のイメージというのは色々な紙の大きさがありますので、実際にイメージ通りの作品を作るのはなかなか難しいことですが、先生によって扱う書体も異なるため、予めどのような書体を書いていきたいかを考えておくと先生に伝える際にもわかりやすく説明することが出来ます。
先生によっては、古典を独学で勉強していくことを推し進める場合もありますので、これが重要になることもあります。

書道教室のスタイルを知る

書道教室にもさまざまなスタイルがあり、先生によってその考え方もあります。
教室に書道用具を持参し、決められた時間内に作品を書くという教室であれば、書いている時に直接先生からアドバイスを貰うことが出来るという貴重なメリットがあります。

各自が教室に行く時間が決まっていることもあるため、書道教室のある日は予定を開けておく必要もあります。

また、教室では先生にお手本を書いてもらったり、アドバイスを聞いたりするのみで、基本は自宅で大型作品も作成していくという教室もあります。
この場合は教室に滞在する時間も短いというメリットがある反面、作った作品を持ち運ばなければならないというデメリットがあります。

どのレベルまで目指すかを考える

これは書道教室に入ってから考えても良いですが、「あなたはどのようになりたいから書道教室に通いますか?」と先生やほかの生徒から聞かれることもあります。

具体的には、『字が綺麗に書けるようになること』『展覧会に出品すること』『全国的に書家として有名になること』などそれぞれに目標はあると思います。

目標として上を目指すのが向上心の表れとも言いますが、年齢によっては様々な考えもあるため全員が同じ目標で入会したとは限りません。自分なりの目標を持って書道教室に入会してください。

▲ページトップ