日本史 前夜、なにがあった?応仁の乱が長引いた理由とは

関連キーワード

戦国時代に突入するきっかけとなった戦いと言われる「応仁の乱」。

応仁の乱は、室町幕府管領(将軍に次ぐ権力をも持つ)畠山氏と斯波氏のお家騒動、細川勝元と山名宗全の勢力争い、さらに室町幕府8代将軍・足利義政の継嗣争いが、複雑怪奇に絡み合って起きました。

小さなにらみ合いから始まり、どんどんと飛び火し、勢力図は入り乱れ、もうキッカケが何だったか、敵は誰で、どこに味方がいて、どんな理由で戦っているのか、当事者さえも分からなくなってしまうような。あげく、誰も勝者のいない「和睦」という幕引き・・・・まるで、お互いが振り上げたこぶしを降ろすタイミングを失ったかのような、実に不毛な戦乱でした。応仁の乱が起こった応仁元年(1467年)から文明9年(1477年)までの約11年もの間、京の町を燃やし人々を疲弊させ続けた結果、幕府の権威は地に落ち、都は荒廃し、疫病や一揆がはびこる恐ろしい世の中になってしまっていたのです。

歴史ファンとしても、この戦いを本当に理解するのはなかなかに難しいもの。

今回は、応仁の乱前夜、乱のきっかけを作った対立関係に、注目してみたいと思います。

揺れる幕府の基盤

そもそも、室町幕府は、将軍の下にいる管領家や守護大名などによる合議制ということもあって、私たちが比較的よく知る江戸幕府のように、将軍に絶対的な権力が集中しているわけではありませんでした。4代目将軍足利義持の弟で、くじ引きで将軍に選ばれた6代将軍足利義教は、守護大名らが独自に力をつけ、将軍家に対しても権限が強まることを懸念し、「強い幕府」を誇示するために専制政治を行っていました。

一方、力を抑えられては当然反発も起きます。その結果、足利義教は赤松満祐という人物によって暗殺されてしまいました。この事件を「嘉吉の乱」と言います。嘉吉の乱を収束に導いたのが、管領家である細川持之と畠山持国です。

乱の平定後、畠山持国は足利義教に抑えられていた守護大名たちを次々と取り立て、人気を集めました。畠山持国は、義教亡き後の7代将軍になった当時9歳の足利義勝が急逝すると、義勝の弟、当時8歳であった足利義政を8代将軍に指名します。
足利家のことは足利家で決めたら良かったのに、と思いますが、権力を誇示するために管領家だって口を出します。さらに、義政と持国は、管領家の斯波家のお家騒動にも口を出して、余計こじらせてしまったりするのです。

管領・畠山家のお家騒動

さて、そんな畠山持国には、それまで子どもがなく、弟の畠山持富を養子にし、後々跡目を継がせようとしていました。しかしその後、なんと持国に子どもができたので、弟の持富を廃嫡、実子である義就を嫡子とします。

それに不服を唱えたのは、畠山家重臣の遊佐氏と神保氏です。そしてここに大きな対立が生まれました。

「持富を廃嫡し実子・義就を跡継ぎに!の持国派」と、「持富(は亡くなったので)の子・弥三郎こそが正当な跡継ぎだ!の神保・遊佐両氏派」が、争いを起こします。そして争いの末、持国によって神保氏が暗殺されると、不利になった弥三郎は弟の政長と共に、弥三郎押しの畠山家臣と細川勝元、山名宗全らに保護されます。

姻戚関係で結ばれた細川勝元、山名宗全らは、畠山持国を襲撃。結果、持国は隠居し、息子義就は京を追い出されてしまいます。こうなっては、持国派だった将軍足利義政も、弥三郎が嫡子であることを認めるしかありませんでした。

きりがないケンカの応酬

争い原因を作ったとして、義政は持国親子と細川勝元の両方に処罰を与えます。
いわゆる喧嘩両成敗、ということでしたが、しかし、山名宗全は納得がいきません。「え?何で?持国悪いでしょ。ていうか、なんで細川も処罰受け入れちゃってんの?おかしくない?」と山名宗全が叫んだかどうかは定かではありませんが、反発しました。また、そんな山名の態度に将軍義政は怒り返して、「山名め!私の言うことが聞けんのか!やっつけてやる!!」とばかりに討伐命令を出す始末・・・。ここは細川勝元のとりなしで討伐命はさがり、山名宗全が但馬に隠居することでひとまずこの件は収まります。

ところが、山名宗全が京からいなくなると、好機とばかりに再び畠山義就が軍を率いて上洛、家督争いに名乗りを上げます。そして、なんと義就が正式な畠山家の跡取りに返り咲くのです。(みなさん、大丈夫ですか?ついてきていますか?混とんとしていますね、まったく。)

頼みの山名が京にいない今、逃げた弥三郎は細川勝元を頼ります。京を追われた雪辱を晴らすべく弥三郎憎しと燃える義就と、弥三郎を擁した細川勝元は、戦闘を開始するのです。

そして、どういうわけか、但馬にいたはずの山名宗全は義就側に付きます。

そうです、ここに、「山名宗全vs細川勝元」応仁の乱の対立関係が生まれたのでした。

火種は残る

世の中が落ち着かない時代、この頃に起こったとされるお家騒動は富樫氏・小笠原氏・六角氏などが知られています。畠山氏や斯波氏以外でも、お家騒動が起きるたびに、幕府が間に入り調停に努めますが、(ただ口を出しているだけ、という説も)幕府の対応には一貫性がなく、幕府の威信は下降していきました。

お家騒動で各家に残った火種は、応仁の乱開戦というきっかけに触発され、また新たな戦火を生みました。まさしくこのことが、応仁の乱がこれほど長引いた理由なのかもしれません。

応仁の乱を始めた山名宗全も細川勝元もまさか11年も長く戦闘が続くとは思ってもいなかったでしょう。戦いの途中で両氏ともなくなり、次の代に変わってからの「和睦」による乱の収束。モヤモヤ感が残りますね。

そして世の中は、ますます混とんとした戦国時代へと突入していくのでした。

▲ページトップ