日本史 歩きスマホじゃありません!?農政家・二宮尊徳が行った農政政策とは

関連キーワード

薪を背負って本を読んでいる銅像でおなじみの二宮尊徳ですが、史料の肖像画や大人になってからの銅像を見てみると、ヒゲ面で凛々しい眉毛。どちらかというとコワモテな感じ・・・

勤勉に励み、その生涯を他人のために尽くした二宮尊徳のエピソードは数々ありますが、今回は農政家としての二宮尊徳に注目してみましょう。

キーワードは「復興」

相模国栢山村の裕福な百姓出身という二宮尊徳ですが、水害により田畑家屋を失います。さらに十代で両親を亡くし、幼い兄弟を支えながらも懸命に仕事に勉強に励んだ二宮尊徳に、転機が訪れたのは、20歳の頃。それまで世話になっていた叔父(あの、本を読む明かりがもったいないから本なんか読むな、と言った叔父さんです)の家から独立し、生家の復興に取り組みます。数年かけて復興が成功したその後は、農園経営などの傍ら、武家奉公に出ます。そして家の復興の手腕を買われ、その後もさまざまな方法で困っている人々の「復興」を指導していくことになるのです。

そう、二宮尊徳を語る上で最も重要な、キーワードは「復興」です。荒廃した土地をよみがえらせ、没落した家を立ち直らせ、借財をなくし経営を伸ばす――

二宮尊徳の名言のひとつに、

“ 道徳を忘れた経済は罪悪 経済を忘れた道徳は寝言 ”

というものがあります。
心が通っていない経済支援の虚しさは現代の私たちにもよく分かります。

「基準」を作る

尊徳は、文政三年(1820年)小田原藩下において、升の統一を提言しました。
これまでは小田原藩には年貢を納めるため米を図る升の容量が一定ではなく、悪い役人が年貢を多くとるなどして農民が苦しむこともありました。そこで、尊徳は藩下の升を調べて、基準となる升を作ることを提言したのです。
升の一辺を一尺3厘3毛、深さを八寸八分(「米」という字を根拠にしたとも)とした、升を考案、これを3杯で米一俵(4斗1升)と同様になる、としました。この提案を小田原藩は採用し、その後は毎年年貢を図るための升と定められました。
基準を定めることで、不正が発生する隙をなくしたのですね。

開墾の奨励

今ある田畑を耕すよりも、新しく開墾した土地の方が税金が安いことに着目した尊徳は、積極的に開墾を奨励します。制度をしっかり理解しているからこその着眼点はさすがです。

また尊徳は、田畑は、一鍬一鍬地道に耕したからこそ、農作物が育つ畑となるのだ。「積少為大」大きなことを成そうとするのなら、小さなことをおろそかにしてはいけない。小さいことの積み重ねこそが大きなものになるのである」といったのが一貫した思想でした。

開墾の指導に励む二宮尊徳でしたが、人が見ているところでしか一生懸命働かない人には激しく叱責する一方、木の根をとりのぞいたり石を除けたり、といった地道な作業をいとわず作業する人には、賃金のほかに奨励金を出した、といった逸話も残っています。

天保の大飢饉への対策

農政のエキスパート尊徳にはこんなエピソードも。

天保四年初夏、下野国芳賀郡桜町の復興救済に訪れていた尊徳は、昼食で出された漬物のナスを食べて、なにやら違和感を感じます。
初夏のナスは種が小さく身が柔らかいのですが、初夏にもかかわらず種が多くまるで秋のナスのような味がしたのです。そこで稲や農作物の様子をチェックすると、日照時間が短いのか、葉がどれも弱っていることに気付きました。これからどんどん日照時間が増え気温も上がる季節に向かうはずなのに・・・今年は冷夏になると予想した尊徳は、急ぎ農民たちに冷害に強い稗(ヒエ)を植えることを推奨しました。もちろん、農民たちの中には半信半疑の者もいましたが、それでも尊徳の言う通りに畑一反に稗を植えました。

そして、尊徳の予想通り、その年は冷害のため米はほとんど実らず、たくさんの人が飢えて亡くなる「天保の大飢饉」が起こったのです。しかし、尊徳が稗を植えるように勧めた桜町の農村では、稗があったおかげで誰も飢えることなく飢饉を乗り切ることができました。引き続き不作が続くのを予想した尊徳は、次の年も稗や粟などの雑穀を植えて備えるように勧めたと言います。

尊徳が、こうした「先読み」の能力を発揮できたのも、叔父さんに「百姓には不要」とまで言われた学問に励んだおかげでしょう。たくさんの書物を読み勉強することによって、実際経験したことのないことも、情報としてその人の中に蓄積されます。そしてその情報をしかるべき時に自分の中から引き出し人々の役に立てる。二宮尊徳の生涯を追っていると、やはり、勉強って大事だな、と思ってしまいますね。

最近は二宮尊徳の銅像について、「歩きスマホを助長する!」だとか「児童労働は虐待だ!」といった意見もあるようで、全国の小学校から姿を消し始めていると言われています。

二宮金治郎の姿から、「どんな状況に陥ったとしても、できることを精一杯やって、創意工夫をして乗り越えていくことで、きっと未来は開けるという「希望」を感じ取ることができたら・・・そんなことを思わずにいられません。

▲ページトップ