日本史 「話せばわかる」犬養毅はなぜ五・一五事件で狙われた?

関連キーワード

昭和7年の軍事クーデター『五・一五事件』で犬養毅射殺、原因は?

昭和7年(1932年)5月15日、突如として首相官邸に押し寄せた日本海軍の若い将校たちは、時の内閣総理大臣・犬養毅にその銃口を向けました。
自分に向けられた殺意を前にして、犬養毅は冷静だったそうです。
「まあ急くな。撃つのはいつでも撃てる。話を聞こう。話せばわかる。」
しかし、対話を試みる犬養毅に向かって、「問答無用、撃て!」と銃声が響き渡り、彼はテロリストたちに射殺されたのです。
これが『五・一五事件』のあらましです。

国家の中枢機関であり最高のセキュリティがなされているはずの首相官邸にて、軍人が首相を暗殺するというショッキングな事件は、平成の世に住む私たちには信じがたい出来事なのですが、昭和初期の日本において、テロは今とは比較にならないほどに頻発していたのです。

当時の日本国内はどのような状態だったのか?

犬養毅が首相に選出されたのは1931年でしたから、約1年で凶弾に倒れてしまったことになります。

1912年から始まる大正時代、「新しい」という言葉が半ば流行語となった「大正デモクラシー」の流れとともに、一般大衆は薩長藩閥と一部の特権階級によって政治がなされていることに不満を持っていました。

いつまでも幕末?明治の風景を残す質素な農村と、先進的な文明暮らしをする都会の光と陰が日々くっきりと分かれ、広く民衆の声を政治に反映するはずの明治維新の結果が、資本家と労働者という新たな階級社会を生み出したに過ぎなかったという、政権への恨みが蓄積されていた時代です。

藩閥政治から政党政治へと政権の担い手が変わろうとも、東アジアの独立運動の影響が影を落とし、人気絶頂だった「平民宰相」原敬首相すら刺殺される(1921年)という不安定な世相でした。

1919年に第一次世界大戦が終戦しました。

ヨーロッパは未曾有の戦乱に疲弊し、働き盛りの若者が次々に兵隊にとられ、どの国家の生産ラインも生活物資よりも軍需物資をフル活動させていました。慢性的に不足していた生活物資は、ヨーロッパ以外の生産国から輸入することで賄うことになり、その結果、戦場にはならず、直接的に参戦もしなかったアメリカが一気に輸入量を上げ、富を蓄積して国力を高めました。同様に日本も戦争特需で景気が上向きになっていたのですが、第一次世界大戦後にヨーロッパ各国の国力の回復とともに生産力も戻るにつれて、アメリカ、日本他、ヨーロッパへの輸出に頼っていた国々が一転して不況へと向かいました。

1923年には関東大震災が起こり、ますます国民の生活は物質的にも心理的にも不安定のまま、怒りは頼りない国政の担い手である政党へと押し寄せます。打撃を受けた銀行の倒産が相次いだ1927年には金融恐慌が、1929年にはニューヨーク株式市場の大暴落から世界恐慌が日本経済に深刻なダメージとなり、政府への信用は地に落ちたのです そんな国民の怨嗟の声の中、最後の頼みの綱として総理大臣となったのが、犬養毅でした。

犬養毅はテロリストに狙われるような人物だったのか?

浜口雄幸総理大臣は、国費のかさむ軍事費を抑えて財政再建をしようと1930年に「ロンドン海軍軍縮条約」に調印したがため、国防を軽んじていると海軍を筆頭に軍部から決定的に猛反発を受けていました。さらに、最悪のタイミングで金輸出を再開したために世界恐慌の痛烈な打撃を国費に浴びさせてしまい、たくさんの恨みを買いながら退陣した後、テロにより殺害されてしまったのです。

その後を引き継いだ犬養毅は、藩閥政治を駆逐する旗手の一人として国民からの支持は厚い政治家だったのですが、窮乏する国家を「満州国を主軸にするブロック経済」にて回復しようと武力攻略を進める陸軍に反対し続けて恨みを買い、軍部全体が政党政治による軍事コントロールを否定する風潮の中で起きたのが、『五・一五事件』でした。

「減刑を!」政党政治からファシズムへ走る国民

国民の心情は、暴走した海軍将校の心に寄り添っていました。

金輸出を再開したと思ったら大損を出し、あわてて金輸出を再度禁止するような、未来への展望が描けているようには見えない犬養毅総理大臣と、そんな彼以外に人材が見当たらない政党政治に悲憤しての暴走に対し、減刑を求める声が全国から届いたのです。

法よりも心情が優先され、民主主義への期待が断たれた国情がうかがえるこの事件をきっかけに、日本はファシズムへと向かいます。

経済政策に善戦するも、時すでに遅かった犬養毅

犬養毅総理大臣の行った日本経済へのスピード感ある対処療法「金輸出再禁止」他、高橋是清大蔵大臣とともに腕をふるった「高橋財政」は、恐慌に苦しむ財政を確かに救い、不景気から脱出させ、政府の予算を大きくしたのですが、国民と軍部の信用を取り戻すことはもはや不可能な状況に陥っていました。

日本は開戦への道を全速力で走っていたのです。

▲ページトップ