ガーデニング

ラベンダーで有名な富良野の「ファーム富田」の歴史をたどってみませんか

関連キーワード

ラベンダーと言うと富良野と言うくらいに有名になりましたが、その中で有名な「ファーム富田」のラベンダーにまつわる歴史の物語をご紹介したいと思います。 美しいラベンダー畑が誕生するまでの秘話をあらためて知ってみませんか。

スポンサー

北海道富良野の気候にぴったりのラベンダー栽培

明治30年に北海道が一斉に開拓され始めたことで移住者が増えていきます。その頃が「ファーム富田」の初代が中富良野を耕作し始めた最初です。

そして、そこから歴史は流れ、昭和12年に日本第3位の香料メーカー曽田香料の創始者がラベンダーの種を日本に持ち寄ります。化粧品の原料としてフランスから持ち寄ったのがラベンダーの種となります。

当時フランスからラベンダーの種5kgを入手し、日本の各地で栽培してみたようです。北海道では最初、札幌市の農場、そして共和町の農場に植えられることになります。

そして、そうしたのちに北海道がラベンダー栽培の好適地となっていきます。地中海沿岸が原産地のラベンダーは、夏の高温多湿に弱く、風通しのいい所が好きといった性質が北海道の気候にぴったりだったのでしょう。意外と栽培が難しい所もあるラベンダーは北海道の気候条件が育てやすかったのでしょう。

その当時、日本で初めてラベンダーオイルの抽出を試すことで成功しています。ラベンダーオイルは、クレンジングオイルとして活用したり、アロマオイルとして精神を落ち着かせる香料などに活用されていますよね。

ラベンダーの紫の海への感動からスタート

そして、いよいよ昭和27年中富良野でラベンダー栽培が始まっていきます。富良野でのラベンダー栽培の先駆者上田美一氏のラベンダー畑に感動したことから栽培がスタートします。当時一面に広がる紫のラベンダーの海に、ファーム富田の3代目が驚いたことから始まった栽培です。

昭和33年、ラベンダー栽培を3代目がいよいよスタートします。最初は10aでの畑から始まり、7年間で1.2haと栽培面積が12倍になっていきます。

そして、そこからさらに5年後の昭和45年頃が北海道のラベンダー栽培としての最大のピークを迎えていきます。230ha以上の面積を誇り、250戸のラベンダー栽培農家の大半が富良野地区で存在していたと言われています。北海道でラベンダー栽培が始まってから富良野で全盛期を迎えるまでのここまで15年ほどの歴史です。

スポンサー

訪れたラベンダー栽培の苦境

ただ、そんな頃、他の合成香料の急激な技術進歩も進んでいくことになります。貿易の自由化もあり、輸入香料との安さの競争と言った課題も生じていきます。

採算が取れない農家が増え、残念なことに日本のラベンダー畑は富良野地方を残すだけとなっていくことになります。

そして、ついに香料会社からのラベンダーオイルの買い上げがストップ。富良野でもラベンダー畑のほとんどが姿を消していきます。富良野のラベンダー栽培が危機を迎えていた昭和48年当時です。そんな危機的状況をある出来事が一変させます。

富良野のラベンダー畑が昭和51年国鉄のカレンダーに

そんな時に昭和51年富良野のラベンダー畑が国鉄のカレンダーになり、新しい転機を迎えます。当時、多くの人の目に触れることになり、今では誰もが知っている富良野のラベンダー畑となっていきます。北海道の大自然のイメージにも適った美しさは人々の憧れにもなりました。

富良野と言えば、誰もが目に浮かぶあのラベンダー畑の光景と言ったものを印象付けた美しいカレンダーだったと言えます。

そして、そこからラベンダー栽培は新しい方向を目指すことになります。旅行者からポプリやサシエと言った匂い袋の作り方を習ったりもするのです。香料だけではない、ラベンダーの花や香り自体を活かすような取り組みが広がっていきます。

スポンサー

ラベンダーに関する様々な取り組みと製品化

オリジナリティにあふれた様々なラベンダー関連製品が創意工夫の元に作られていきます。初めての香水「フラノ」、オリジナル石けん「ソープラベンダー」が次々と開発され、南フランスで開かれたラベンダーオイル品評会で、ファーム富田のエッセンシャルオイル「おかむらさき」が第1位を獲得するまでになります。

嬉しい事に北海道の寒い冬でもラベンダーが開花するような研究が行われ、それも成功していきます。

私達は富良野のラベンダーと誰もが知っているようになるまでに、そこに「ファーム富田」の様々な取り組みがあったことを忘れてはならないものです。ラベンダーをポピュラーなものにしたのは「ファーム富田」のこうした取り組みがあったからと言えるのではないでしょうか。

歴史を知ることで、ラベンダー栽培にかけた情熱を計り知ることができます。そして、栽培を続けるために様々な工夫がずっと行われてきたことも忘れてはいけないことです。今では、観光として訪れる多くの人に感動を呼ぶラベンダー畑です。3代目の感じた感動が私達にこうした美しい景色を残してくれています。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ