ガーデニング

伝統的な剪定バサミは海外でも人気?その魅力とは?

2017-07-12

関連キーワード

剪定バサミは、ガーデニングや園芸などで必須の道具です。日本では古くから園芸が盛んなため老舗と呼ばれるような店があり、職人の手によって作られている伝統的な剪定バサミと言ったものがあります。

ここでは、日本の伝統的な剪定バサミについてと外国からの評価についてまとめてみました。古い歴史を持つ剪定バサミの道具しての魅力に迫りたいと思います。

よく知られているのが「岡恒」の剪定バサミ

剪定バサミとして多くの人に古くからよく知られているのが「岡恒」の剪定バサミです。「岡恒」シリーズの剪定バサミは高い鍛造芸術を持つ広島の工場で焼き入れがなされています。最高級の鋼材を使って造られていて切れ味が抜群なものです。柄が赤と白のツートンになっているのが目印です。

海外でも人気となっていて、「刀のように切れる」と評判になっています。「日本刀のような芸術品」とアメリカでも使っている人が評価しているものです。実際に台湾や韓国、米国、ブラジルなどにも最近は多く輸出されています。海外需要も増えてきている「岡恒」の剪定バサミシリーズです。

日本でも古都の寺院の庭師が「岡恒」のハサミを使用していて、伝統的な庭造りを「岡恒」のハサミが守ってきています。また、生け花の池坊でも推薦する「生花鋏」が「岡恒」には存在しています。

歴史で言えば、「外山刃物」は江戸時代から

江戸時代に創業の「外山刃物」は、越後木鋏の宗家として代々受け継がれてきた植木鋏メーカーです。プロの園芸家によく使われているハサミメーカーの1つです。「宗家秀久作」の刻印がなされている名品と言われるものです。

1本1本手作業で行われる裏砥ぎによって切れ味が決まるとされ、伝統に培われた職人の技術が光るものです。研ぎの技術が素晴らしいものです。「外山刃物」では、アフターケアとして刃の研ぎ直しや修理などのメンテナンスをしています。ずっと長く使う事ができる剪定バサミを目指しているメーカーです。

かみそりのような切れ味の「花隈川」のA型B型

鍛冶職人の伝統的な技術によって研がれている「花隈川」シリーズには、A型とB型があります。刃が薄いA型はかみそりのような切れ味と言われるものです。B型は刃に厚みがあり、太い枝も切れる「剪定バサミ」です。こうした「花隈川」シリーズには、自分の名前も入れることができ、長く大事に使う人がたくさんいる剪定バサミとなっています。

また、剪定バサミのお手入れ方法などについてもこちらでは知識を得ることができます。日頃のお手入れで剪定バサミも長持ちすると言われていますので、学んでみてはいかがでしょうか。刃の裏側の裏研ぎをしないことや受け刃は研がないなどが大事となっています。

また、使っているうちにヤニがとれなくなったり、かみ合わせが悪くなり切れなくなったりすることも多いでしょう。その場合は、研ぎなおすことで最初の切れ味をなるべく取り戻すようにメンテナンスすることができると言われています。

イギリスからも絶賛される日本の剪定バサミ

ガーデニングと言えば、ナチュラルな庭を楽しむ英国式庭園イングリッシュガーデン」は有名ですよね。そんな伝統的な格式のあるイギリスで、日本の剪定バサミの愛好者が増えていると言われています。

「刃物のように切れる」と言ったことが広まり、愛好者が海外でも増えています。イギリスの庭師たちが日本製の剪定バサミの切れ味を喜び、自分の思う通りに剪定ができるハサミと評価しています。私達にとってはたくさんの種類を見ることができる日本の剪定バサミですが、海外では貴重なものとなっています。

海外の庭師からも評判の「飛塚製鋏所」の剪定バサミ

山形の飛塚製鋏所は海外のプロも多く愛用する剪定バサミのメーカーとして有名になっています。山形の打刃物の歴史は古く、室町時代から武具や農具類を製造したのが始まりとなっています。

剪定バサミを手掛けてからは80数年の伝統を持った剪定バサミ専門メーカーです。切れ味が持続すると海外でも人気です。この剪定バサミは、伝統工芸品とまでなっている芸術品のようなものです。鋼をハンマーで何度も打って、組織を微細にし、均一化させることで、より硬く粘り強い刃物になると言われています。今ではこのような方法ではほとんど製造されないような製法です。

剪定バサミにとっては、剪定のしやすさ、切れ味、そしてどれだけその切れ味が長持ちするのかが大事とされます。

日本の刃物の製法、技術に基づいた剪定バサミの魅力

剪定バサミは、歴史的に日本の刃物の製法から基づいて、切れ味の鋭い物を職人の技で追求してきています。日本の伝統工芸品とも言える物でしょう。

海外でこれらのことがしっかり評価され、剪定バサミが輸出されることも最近では増えてきました。この素晴らしい道具を一生ものとして大事に使っている人達も大勢います。お手入れの方法をしっかり知り、研いだりしていくことでいつまでもいい切れ味を保ってみませんか。日本の自慢の品とも言える、剪定バサミの凄さと魅力を再発見してみませんか。

    ▲ページトップ