手芸

【指編み】編み物初心者でも簡単! 道具を使わず指だけで編む「指編み」でマフラー・小物作り

2017-07-28

関連キーワード

編み棒やかぎ針といった専用の道具が不要で手軽にはじめられる指編みが、若い女性のみならずお子様や高齢者の間でも密かなブームになっています。

手の中で編み物の定番であるマフラーだけでなく、シュシュやブレスレットなどのアクセサリーも編むことができる指編みの基本と、基本の編み方だけで完成するマフラーや小物の編み図をご紹介します。

基本の編み方1:リリヤン編み

リリヤン(リリアン)編みは、左手(左利きの人は右手)の4本の指を使って毛糸を紐状に編んでいく方法です。そのまま1本で使うのはもちろん、何本かを束ねたり縫い合わせることで幅広にしたり、指2本で編んで細いリリヤンを作ったりと、いろいろなアレンジが楽しめます。

1.左手(左利きの人は右手)の親指に2〜3回毛糸を巻きつけ、毛糸が外れないようにしておく
(強く巻きつけすぎると血が止まってしまいますので注意してください)
2.手のひらを表に向け、親指に巻きつけた毛糸の長い方を手の甲側から人差し指に掛ける
3.そのまま今度は手のひら側から中指に毛糸を掛け、手の甲側から薬指に、手のひら側から小指と順に毛糸を掛けていく
4.小指から人差し指み向かって、2〜3で掛けたものと互い違いになるように毛糸を掛けていく
5.人差し指まで毛糸を掛け終わったら、手の甲側から小指を通って人差し指まで戻ってくるように毛糸をぐるりと回し、余った毛糸は親指と人差し指の間で手の甲側にかけておく

以上でリリヤン編みの準備は完了です。このぐるりと回した毛糸が「横糸」となります。

この後は、小指から順に指にかかっている毛糸を横糸の下から引き出して再び同じ指に掛けていき、人差し指まで掛け終わったら、再び5のように毛糸をぐるりと回して横糸を作る動作を繰り返すだけです。

必要な長さを編めたら、編み終わりと編み始めの目の処理をして完成です。

詳しい編み方と処理の仕方は、日本ゆび編み協会会長のニットデザイナー篠原くにこさん主宰のWebサイト「ゆびあみ どっとこむ」が参考になります。

ゆびあみ どっとこむ「ゆびあみ基礎」
http://www.yubiami.com/seconds/kouza.html

基本の編み方2:鎖編み

鎖編みは、出来上がりが鎖をつないだように見えることから名前がついた編み方です。指編みのセーターなど大きな作品で編み始めの土台として使われるだけでなく、毛足の長い毛糸や何本もの毛糸をまとめて編むことで、鎖編みだけで作品を作ることもできます。

1.毛糸で輪を作り、輪の間に指を入れて長い方の毛糸を引っ張り出します
2.同じ要領で、輪の間から長い方の毛糸を引っ張り出す動作を繰り返します
3.必要な長さが編めたら、長い方の毛糸をある程度の長さを残して切り、1や2のように輪の間から引っ張り出して、そのまま引き抜きます
鎖編みに慣れてきたり小さめの鎖を作りたい場合は、1で作った輪を右手(左利きの人は左手)の人差し指に掛けて、長い方の毛糸を反対側の手で人差し指に掛けるように持ち、かぎ編みの要領で右手(左利きの人は左手)の人差し指で左手の毛糸を掬いながら編む方が、手早く編み上げることができます。

鎖編みの編み方を、動画でも確認してみましょう。

基本編〜くさり編みの編み方〜
https://www.youtube.com/watch?v=LTGMfYF6xZ4

鎖編みを大きな作品の編み始めとして利用する場合、3は行わずに細編み(こまあみ)で編み進めていきます。

1.鎖編みで必要な長さを編みます
2.もう一目鎖編みをします(「立ち上がり」と言います)
3.1の鎖編みの最後の目に指を入れ、長い毛糸を引き抜いて人差し指に毛糸が2本かかった状態にします
4.長い毛糸を人差し指に掛けて、人差し指にかかっている毛糸の輪の中から引き抜きます
5.3〜4を繰り返します

細編みの編み方も、動画で確認するとわかりやすいです。

基本編〜細編み〜
https://www.youtube.com/watch?v=j2zJqi6JySI

基本の編み方だけでできるマフラーや小物を作ってみよう

基本の編み方を覚えたら、マフラーや小物作りにも挑戦してみましょう。

使用する毛糸はお好みの色・太さのものを用意してください。初めて挑戦する方は、ザクザク編める太めの毛糸がオススメです。また、毛糸ではありませんが、着古したTシャツを紐状に切って毛糸がわりに編むこともできます。

最後に、指編みで作るマフラーや小物の作り方や作品をいくつかご紹介しましょう。

マフラー

指で編む マフラー (動画)
https://www.youtube.com/watch?v=flLAx-k1_w0
リリヤン編みで作るマフラーです。かなり個性的な毛糸を使って作られていますが、毛糸が変わっても編み方は変わりません。あなたもマフラーにしてみたい毛糸を選んでみましょう。毛足の長い毛糸でふわふわのマフラーにしても良いですし、色や太さの違う毛糸をいくつかまとめて編んでも面白いですよ。

シュシュ

指編みでリリアンシュシュ
http://www.tsukurino.com/recipe/1137
リリヤン編みで作った編み地にヘアゴムを通すだけの簡単シュシュです。毛糸の組み合わせだけでなく、中に通すヘアゴムの色も合わせて考えてみたいですね。ビーズ手芸でよく使われる透明のゴムを使っても良いでしょう。

帽子

ゆび細編み帽子基本編(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=8VOEwwk31J4
鎖編みと細編みを使ってグルグルと編んでいくニット帽です。かなり太い毛糸が使われているので、どんどん編んでいくことができます。

How To Finger Knit A Hat(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=PFnWK-OIJ60
英語ですが、動画なので英語がわからなくても大丈夫です。何本ものリリヤンの編み地をかがったり編み込んだりして作るという驚きの製作法。手間はかかりますが、個性的な帽子が出来上がります。

小物

指で簡単にブレスレットを編もう(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=AfaOsOR-dpw
リリヤン編みで作るブレスレットです。長さを変えてリボンやゴムをつなげることで、ネックレスやカチュームにも応用できますよ。細い毛糸で何本か編んで3つ編みや4つ編みにする方法もあります。

ゆびリリヤンの花カーテン
http://www.earth-garden.jp/shop-craft/44687/
リリヤンに毛糸を通して引きしぼることで花の形を作っています。モービルにようにして窓に飾られていますが、アクセサリーにも応用可能です。

いかがでしたか?基本の編み方だけでも、アイディアと毛糸の組み合わせ次第でバリエーション豊かな作品を作ることができます。毛糸さえあれば特別な道具はまったく必要とせず、小さなものであれば日常の隙間時間に作ってしまうこともできるので、ぜひ気軽に挑戦してみてください。

編み方や素材しだいでこんなに遊べる!指編みで作れるおしゃれ小物

子どもでも簡単に作れる指編み。こま編みをかぎ針に置き換えて指編みすれば、ザクッとしたシュシュもニット帽もラクラクです。
指リリアン編みも個性的な素材を使えば、どこにもないおしゃれ小物も作れますよ。オリジナルな小物づくりのヒントをお届けします。

こま編みで作るおしゃれシュシュ

【指こま編みの基本】

1 まずくさり編みをします。糸端を持って6の字のような輪にします。交差するところは糸端を下にします。

2 交差したところを左手の指で押え、輪の部分に指を入れて糸をつまみ、輪から引き抜きます。

3 2でできた新しい輪の中に指を入れて、糸をつまんで引き抜きます。これを繰り返します。

4 くさり編みで必要な分だけ目が作れたら、こま編みを始めます。まず輪の中に指を入れて糸を引きだすくさり編みをします。これが立ち上がりの目(高さ分の目)になります。

5 人差し指に糸をかけて、くさり編みの最後から2つ目(1で編んだくさり編みをとばしてつぎの目)に指を入れます。糸をかけて引き抜きます。今、指には2目がかかっている状態です。

6 人差し指に糸をかけて、2目同時に引き抜きます。これでこま編みが1目編めました。

7 人差し指に糸をかけて次の目から糸を引き抜きます。指には2目かかっています。

8 人差し指に糸をかけて2目同時に引き抜きます。これを繰り返します。

9 端まで編めたら裏返し、また立ち上がりに1目立ち上がりの目を編んで続けていきます。

こま編みを使えば、好きな大きさに編んでいけます。マフラー、ストール、帽子、ニットのトップスだって指編みで作れますよ。

【こま編みで作るかわいいシュシュ】

用意するものは、毛糸とヘアゴム、接着剤だけです。

1 ヘアゴムに毛糸の糸端を結びます。違う色の糸を2本取りにしたり、レースとモヘアなど違う素材を組み合わせたりするとおしゃれな感じになります。

2 ヘアゴムの中に指を入れて、糸を引っ掛けて手前に引き出します。指に糸がかかっている状態です。

3 かけた糸はそのままにして、指に下から糸をかけます。

4 3でかけた糸を2の糸の中にくぐらせてくさり編みします。

5 4の目はかけたまま、ヘアゴムの中に指を入れて糸を上から掛けます。これで2目がかかっている状態です。

6 指に糸をかけて、2目同時に引き抜きます。これでこま編みが1目編めました。

7 ヘアゴムが見えなくなるまでこま編みを続けます。

8 たくさん編むほど、ボリュームのあるシュシュになります。

9 編み終わったら、糸を切って最後の目に入れて軽く引っ張り、ヘアゴムの最初に作った目に結びます。

10 結んだところに接着剤をつけてもう1度結んで固め、余分な糸を切ります。

ヘアゴムにこま編みを1段していくだけなので、簡単にできますよ。モコモコした素材とリボンヤーンでは全然表情が変わってきます。いろいろ試してみてくださいね。

ザクザク編めるかわいいニット帽

用意するものは、太めの毛糸と目数リング(クリップでもOK)、最後に毛糸の始末をするとき、毛糸用の針があると便利です。(無くてもできます)

1 糸端を丸めて6の字を作り、交差しているところを右手で押えます。

2 左手の人差し指に糸をかけます。輪に右手の指を入れ、左手にかかっている糸を引っ掛けて引き出します。

3 もう1度指に糸をかけてくさり編みします。これが立ち上がりの目になります。

4 輪に指を入れて糸を引き出します。2つかかっている状態です。

5 糸をかけて2つの目を1度に引き抜きます。こま編み1目になります。

6 同じ要領で編んで6目作ります。

7 6目編んだら、こま編みの頭に印をつけます。

8 編み始めの糸を絞って輪を小さくします。

9 2段目は1目に2目ずつこま編みをしていきます。印のところまで編むと12目になります。

10 3段目になります。頭に印をうつします。最初は1目編み、次の目には2目編みます。1目、2目と繰り返していき、18目になります。

11  4段目は最初の目は2目編み、つぎとそのつぎは1目ずつ。2、1、1と編んでいまきす。4段目で24目になっています。4段目でだいたい直径17cmになっているのが目安です。

12 あとは増減なしで編んでいきます。11段目が完成の目安ですが、もう少し深くしたかったら段数を増やして調節してください。

13 編み終わったら、最後の目に指をいれたまま段の最初の目に指を入れて糸を引き出します。

14 糸を切って、13の目の中にくぐらせてしぼります。

15 余った糸は表にひびかないよう裏側に通します。飛び出している端糸を切ってできあがりです。

指リリアンで作る花のモチーフ

指リリアンで35段編んだものを材料に、かわいい花のモチーフが作れます。鎖編みのかざりひもにつけてペンダントにしたり、ブローチにしたり、手作りの服やバッグのアクセントにつけたりできますよ。用意する材料は編みあがった指リリアン、くるみボタン。道具は毛糸が通る針 1本とハサミだけです。

1 端糸が右下になるように、リリアンを縦長におきます。針にリリアン編みの端糸を通します。

2 リリアンの端の編み目から7段目になるところを数えて、7段目の糸を3本、右から左にすくっていきます。

3 そこから上に7段上がって、14段目の糸を3本左から右にすくっていきます。

4 さらにそこから上に7段上がって、21段目の糸を3本右から左にすくいます。

5 35段目まで合計5回、交互に糸をすくっていきます。

6 糸をゆっくりと引くと、花びらの形になります。

9 花の形を整えて、端糸を反対側の端糸と結び合わせます。

10 花びらの真ん中に、くるみボタンをとじつけます。普通のボタンやビーズなどをつけてもかわいい仕上がりになります。

お手軽に試してみたかったら、100均で手に入るアクリル毛糸でも楽しい作品が作れます。帽子やマフラーにはグラデーションになっている毛糸が人気です。

アヴリルで販売されているような変わった素材の毛糸を使うとすてきなアクセサリーに。アヴリルではシュシュ用のキットも販売されていて、色の取り合わせ方の参考になります。

ほかにもリボンヤーンや革ひも、テグス糸など指編みに使える素材はまだまだたくさん。アクセサリーだったら、テグス糸にビーズを編み込めばすてきなアクセサリーアレンジできます。指編みは幼稚園児でもできるので、お子さんと一緒にいろいろ試してみてくださいね。

幼稚園児にも人気!? 毛糸があればすぐに始められるカンタン指編み

道具いらずで、毛糸さえあればすぐにできる指編み。数年前からブームになって、幼稚園児や小学生にも人気です。
子どもから作り方を教わったというママもたくさんいるみたいですよ。これまで少しでも編み物をやったことがある人はもちろん、初めて編み者に挑戦する人も、すぐにコツがつかめます。
指くさり編みと指リリアン編みの編み方と小物の作り方を紹介します。

指を使ってカンタン!くさり編み

初心者さんにおすすめなのがくさり編み。かぎ針編みでも最初に覚える編み方です。かぎ針の代わりに指を使うだけですが、リボンヤーンや変わった質感の毛糸で編むと、それだけでかわいい飾りひもが作れます。アレンジもいろいろと楽しめますよ。

指くさり編み

1 糸端を右手の親指と人刺し指で持ち、左手の人差し指と中指で長い方の糸をはさみます。

2 数字の6の字を作るように、右手で糸端を丸めます。交差するところは糸端を下にします。

3 交差した部分を左手の親指と薬指で押えます。

4 6の字の輪の部分に右手の親指と人差し指を入れます。

5 糸をつまみ、輪にくぐらせて引き出します。糸端をしぼります。これが最初の作り目になります。

6 左手の人刺し指に長い方の糸をかけます。輪に親指と人差し指を入れ、糸をつまんで輪にくぐらせて引き出します。

7 これを繰り返して長いくさり編みをつくっていきます。

8 最後まで編んだら、終わりの糸端を最後の輪にくぐらせてしぼります。

できたくさり編みのひもは、糸端同士を結び合わせるだけで、かわいいブレスレットやネックレスになります。プレゼントのラッピングのリボン代わり、ガーランドのフラッグを吊るすロープなどにも、使って楽しんでくださいね。

指リリアン編みでザクザクとマフラー作り

星型に糸をかけて、外側に回した糸を順番にかぶせて筒型に編んでいったリリアン編み。子どもの頃にやったことがある人も多いのではないでしょうか。指リリアンも糸をつぎからつぎにかぶせていくところが似ています。太い毛糸を使うと、マフラーだってザクザク簡単に編めますよ。

指リリアン編み

材料毛糸はさみだけ。休憩用に、手の形に切った厚紙を用意しておくと便利です。それも面倒だったら、ボールペンや菜箸などに編み目を移すといいですよ。

1 糸端を左手の親指に3回くらい巻きつけます。

2 人差し指の前を通って中指の後、薬指の前を通って小指の後に糸を通します。

3 小指の後から毛糸を前に回し、薬指の後、中指の前、人指し指の後と交互に渡します。

4 交互に渡した糸の上に、人差し指の前から小指に方向に向けて糸を置きます。

5 左手の人差し指に2でかけておいた下の糸を引っ張って持ち上げ、4の糸をこえて、指先から後ろにかぶせます。

6 中指、薬指も同様に、3でかけておいた下の糸引っ張って持ち上げ、指先から後ろにかぶせます。

7 小指まで来たら、かけてある糸の上に小指から人差し指まで糸を渡し、親指の後にたらします。

8 小指から、前に渡した糸を引っ張って持ち上げ、7の糸を超えて指先から後ろにかぶせます。

9 これを順に薬指、中指、人差し指と繰り返していきます。親指にまきつけた毛糸は適当なところでほどきます。

10 途中で休みたくなったら、手の形に切った厚紙に移しておきましょう。

11 適当な長さになったら、糸端を10cmくらい残して切ります。

12 切った糸を指の裏側に回しそれぞれの指に通して適当な大きさまで絞り、結んで留めます。

好みの長さまで編んだら、カンタンマフラーの出来上がり!端に切った毛糸を結びつけて、フリンジにしてもかわいいですね。
短めに編んで端と端を縫い合わせて輪にしたら、ネックウォーマーにもなりますよ。端っこにかわいいボタンをつけて、留めるタイブにするのもおしゃれです。

まだまだたくさん♪カンタン指編みで作る小物たち

くさり編みで作る簡単シュシュ

糸とヘアゴム、クリップ、毛糸針を用意します。糸は太めがおすすめ。リボンヤーンやランタンヤーンなど、変わり糸を使うとおもしろいシュシュができますよ。

1 糸を使ってくさり編みをします。長さは太さにもよりますが、1mから2mくらい。端の糸は10cmくらい残しておきます。

2 針にヘアゴムを通し、いちばん端のくさり目とヘアゴムがはずれないようにクリップで留めておきます。

3 端から目を拾って縫っていきます。2目ごと、3目ごとと飛ばして拾うとボリュームがアップします。均等に拾わずにランダムにして、ポリューム感を変えるのもおもしろい仕上がりになります。

4 ゴムを結んで、手首くらいの大きさにしぼって結びます。

5 くさり編みの端糸を結びます。残った端糸は切ってもいいですが、そのままたらしてもおしゃれです。

くさり編みで作るカチューム

くさり編みにする毛糸5m分くらいと、綴じ糸50cm×2-本、ヘアゴム20cmを用意します。

1 くさり編みでロープをつくります。

2 編みあがったら、ロープを3分の1の長さになるように折りたたみます。

3 折りたたんだロープの端の部分の目の3箇所にゴムを通します。

4 反対側も同じように端の部分の目の3箇所にゴムを通します。

5 ゴムの端と端を結びあわせます。3本のロープの端と端がゴムで結ばれて輪になっている状態です。

6 綴じ糸を10cmくらい折り返して、ゴムとロープが重なっているところに重ねます。

7 短い方の端を1cmくらい残したところから、長い方の糸をゴムとロープが重なっているところを隠すようにぐるぐると巻きつけます。

8 糸が短くなってきたら、最初の折り返してできた輪に通します。

9 7で残しておいた端をゆっくりと引っ張り、8の輪と綴じ糸の端が巻きつけた部分の中に隠れるようにします。

10 残った糸を切ります。

11 反対側も同じように始末します。

グラデーションになっている毛糸や変わり糸で編むときれいにできますよ。

指リリアン編みをアレンジして作るブレスレット

用意するのは糸とはさみと接着剤だけです。

1 人差し指から薬指まで、指3本でリリアン編みをしていきます。4本で作るより幅が狭いリリアン編みを作ることができます。

2 手首に合う長さまで編みあがって人差し指まで戻ってきたら、裏側から目に糸を通して軽くしぼります。

3 糸端は長めに切って最初の糸端と2重に結びます。

4 余分な糸端を切って、結び目を接着剤で固めます。

おもしろい毛糸を使うと、いろいろな表情が楽しめる指編み。
ストールなどの大物、帽子にもアレンジができます。いろいろと試してみてくださいね。

    ▲ページトップ