西洋画

私の好きなアーティスト「アルベルト・ジャコメッティ」 絵画教室「アトリエオーブ」

2017-08-02

関連キーワード

初めての方から経験者、プロのクリエイターの方まで、絵やデッサンを「描きたい」と思っている方が描くことを心ゆくまで楽しめる場となっています。

油絵やアクリル画、水彩、パステル、木炭、鉛筆デッサンなどお好きな画材やモチーフを使い、それぞれの希望や目標に合わせた丁寧な指導を心がけています。

また、代々木上原駅から徒歩3分、代々木八幡駅からは徒歩6~7分と駅近で便利な立地なうえ、急な欠席でも3カ月以内(お休みされた月を含む)であれば振替受講も可能です。

基本的には中学生以上を対象としていますが、年齢など相談も承っております。

住所

東京都渋谷区西原3-1-7 翔原ビル5F-B

連絡先

03-6416-8177

料金

・入会金:10000円(年間維持費・更新料なし)

・レギュラーコース
月4回:11000円
月2回:7000円
※月4回(2回)以上の受講を希望の方は1回2500円で追加受講も可

・チケット(4回券):15000円

講師:今尾 則之(いまお のりゆき)氏 プロフィール

1993年に日本大学芸術学部美術学科絵画コースを卒業。
その後2000年からフランス・パリに留学。自宅での作品制作と併せて、芸術の街・モンパルナスにあるアカデミー・ドゥ・ラ・グランショミエールにてデッサンの勉強を続ける。 2006年に帰国し、クリエイターのためのデッサン教室や絵画教室の講師を務めたのち、2013年から東京渋谷区にて絵画教室アトリエオーブを開講している。
(今尾さんの作品ウェブサイト:http://www.imaono.com/index.html

私が「アルベルト・ジャコメッティ」を好きな理由

・好きな作品
全般

・好きな理由
アルベルト・ジャコメッティは大学時代から憧れの作家の一人です。 例えば彫刻であれば周りの空間から細長い像や胸像が、油絵ならば画面から人物像が浮かび上がってくるようで、しかも同時に「絶対的にそこにある」という強い存在感を感じます。「どの作品が好き」というよりは、本当に彫刻や油絵、素描などすべてに惹かれますね。

私が「ピカソ」を好きな理由

・好きな作品
「ゲルニカ」

・好きな理由
「ゲルニカ」はドイツ軍によるスペイン・ゲルニカへの空爆をニュースで知ったピカソが、それをテーマに1カ月で描き上げた作品なんです。短い期間で一気に制作されたので、ピカソの祖国への空爆に対する怒りや悲しみといった激しい感情がダイレクトに反映されているように思います。また、あれだけ悲劇的なテーマにもかかわらず、ある種シンボリックに描き切っているところにピカソの凄さを感じました。

一生に1回は見にいきたいと思っていた作品だったのですが、10年ほど前に念願叶いマドリッドで実物を見ることができました。実際に見てみて、まず巨大なモノクロの画面の迫力に圧倒されたのと、また絵具の垂れた箇所がそのままになっていて、今描かれたような生々しさを覚えました。
※画像はゲルニカの複製タイル壁画になります。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ