仏像

仏教世界を分かりやすく。有名経文ご紹介!

関連キーワード

仏教と言えば、お経。一般人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、意外や面白いストーリーが展開されていたり分かりやすいたとえが出ていて親しみが持てる物なのです。今回は、そんな経文たちをご紹介します。

始まりは「如是我聞」。弟子の阿難と初期経典

「如是我聞」、つまり「私は、こんなことを聞きました」と言った出だしで始まるのが、初期の仏典の特徴です。
この「私」というのはお釈迦様の弟子たちのこと。特に、阿難であるとされます。何故かと言えば、阿難はよくお釈迦様の身の回りのお世話をし、よくその教えを聞く機会があったため。別にえこひいきしたわけではありませんよ。むしろ、「いや、お釈迦様のお世話など、私にはいくら何でも役目が大きすぎてあのその」と遠慮していました。
しかしお釈迦様に気に入られていることもあって、お世話をすることになります。ともかく、「阿難さんはお釈迦様のお話をよく聞いてるから、お釈迦様の教理をまとめるのに適している。一緒にやろう」と期待はされていました。
しかし、お釈迦様の後継者、摩訶迦葉(まかかしょう)にストップを掛けられます。嫉妬ではありません。「阿難よ。確かにお前は優秀だけど、阿羅漢(当時の僧位のトップ)になるだけの資格がまだない。それを得られるまで、仏典づくりには参加させられない」。それを聞いた阿難、「何だとコノヤロウ」とはなりません。彼は精神的に脆い部分があり、入滅の際大泣きしたほど。まだ悟りに至ってはいなかったのです。それはもっともだ、と瞑想修行に入ります。集中を続け、「今日も悟れなかった」と思いつつ寝床に倒れ込んだ時に、「あ」と悟りを得ました。これで阿羅漢の資格ありとされて、仏典づくりに参加できたのです。奇しくも、「じゃ、今日から始めまーす」となった日でした。
この時の仏典は阿難などの弟子により「こんなことを言っておられた」としてまとめられましたが、皆が頭の中におさめ、文字として残したわけではありません。物凄い記憶力に脱帽ですが、お釈迦様の入滅からすぐ分裂した仏教は宗派が増え、「文字に残した方が便利じゃないか?」とのことで、経文として残されるようになったのです。

三蔵法師の名前の由来と、仏典のジャンル

仏教のいわゆる経典、仏典という物にはジャンルがあります。その数、三つ。これは格経典の性格により大別された物。『西遊記』で有名な三蔵法師ですが、この名前は全てのジャンルを知り、実践し得た者に送られるベスト・オブ・仏僧ともいうべき称号なのです。ちなみにジャンルは以下の三つ。

【スートラ】
お釈迦様説法を書き記した経典。通称経蔵。

【ヴィナヤ】
仏に仕える身として、守らなくてはならない戒律や規則、送るべき生活の心得など。通称律蔵。

【アビダルマ】
仏教の教理を研究した論文。時に注釈や考察なども入れられています。通称論蔵。

まるで受験英語・漢訳という作業

シルクロード経由で、仏教中国に伝わりました。
中国人にも分かるよう、まずは翻訳作業。しかし、文法が違うし、単語の変化の仕方も違うしで、中々進みませんでした。何だか、学生時代の英語の授業や試験を彷彿とさせるものがあります。
「三単現のS」とか。長文問題で苦労した人も多いのではないでしょうか。意味やら文章やらどっちを重要視するのか、書体その他諸々、問題はあったようですが、古約、旧約、新約の三種の漢訳バージョンが出来上がりました。

一まとめにした仏典『大正新脩大蔵経』の尋常でないスケール

「たったの三種類じゃたいしたことはないのでは?」って?そんなことはありません。仏典はやたらめったら多いのです。
大正時代、3人の僧侶、或いは研究者が「仏典を一まとめにしよう」と漢文形式の全仏典を一つの蔵書としてまとめました。
その数、1000ページ×85冊。しかも、1ページにつき、三段に分かれているのです。聞いただけで気が遠くなりますが、これが仏教という物。却って宇宙の深淵を見たような気になりませんか?では、現在日本に伝わる経文の数々を見ていきましょう。

最初期型の経典、短編集的な『経集』

またの名を『スッタニパータ』。何か美味しそうな響きですが、ありがたいお経です。
意味はまさに『経集』。「お経(スッタ)を集めたもの(ニパータ)」といったところ。パーリ語という、インド西側の庶民が使っていた言語で書かれており、72の小さな経と、5章から成ります。上部座仏教で親しまれているもので、大乗仏教派の日本には近代になってから広まって来ました。「生まれではなく行動により悟りを得られる」「自分を顧みて、よーく反省をしないと自分を磨くことはできない」などの、お釈迦様のお言葉が記されています。

お釈迦様のありがたい人生金言集、『法句経』

初期も初期の仏典です。またの名をダンマパダ(真理の言葉)。法句経というのは、漢訳されたバージョン。
内容はと言えば、お釈迦様のありがたいお言葉、全26章423の詩句により成立しています。「恨んだり怒ったりしても仕方ないよ。その恨みや怒りを忘れなさい。そうすれば、心も穏やかになる」当たり前な気もしますが、その当たり前が難しいのです。

ややラップ調?韻を踏んだ『開経偈』

これはいかなる気持ちでお経を読むべきか、との気構えを韻文形式で記した物です。「お経を読むときの心得」というより、宣誓文のような物から始まっています。

宣誓!『三帰依文』

儀式の前や説法の時などに使用される、誓いの経文です。仏、宝、僧の通称三宝に誠心誠意帰依することへの誓いが書かれています。

菩薩のスローガン、『四弘誓願文』

これは菩薩のスローガンのような物。「すべての衆生を救済し、断つのも難しい欲を断ち切り、深すぎて難しい心理を学び取り、遠く険しい悟りの道へと必ず到達すること」が描かれています。

空とは何ぞや?割と有名だけど実は簡略版、『般若心経』

仏教に伝わる「空」という思想についてまとめられたのが『般若経』です。
サラッと言いましたが、この『般若経』、「般若」と名の付く経典をひっくるめたシリーズのことであり、数百年インドを中心に様々なシリーズが刊行されました。『般若心経』は、全六百巻という膨大すぎるほど膨大なスケールの『大般若経』を262文字に収めた物です。どうして『心』という字が入っているかと言えば、要点を抜きだしているからです。
崇高な教えの真髄の部分なので、簡略版ですが、『大般若経』を通読したのと同じ功徳があるといわれます。内容は「空」の説明。「この世界のいろいろなものに、決まった実態などはない死、永遠普遍もありえない」という空の思想が描かれているわけです。
もちろん、そのまま読んだだけでは分かりませんし、意味が分かってもただ読むだけでいいというわけでもありません。執着したり区別したりせず、あるものをあるがままに受け入れて本当の姿を見極めることが肝要なようです。

まとめ

まずは基本の初期経典と、簡略化バージョンをお届けしました。
仏典という物、読んでみると意外と面白い物です。
次回以降で、それをお送りいたしたいと思います。

▲ページトップ