世界遺産

チェコを代表する古都、チェスキー・クルムロフ

関連キーワード

チェコ南部、オーストリアの国境付近にある小さい町がチェスキー・クルムロフです。

首都プラハからバスで3時間のこの町は、「世界で一番美しい街」とも称されていて、東欧を中心に世界中から観光客が押し寄せています。

町の周辺位には美しい緑の丘が広がり、川のほとりにはオープンカフェが多数点在するのが見所です。

チェスキー・クルムロフの歴史

かつてはクルマウと呼ばれたこの街が建設されたのは13世紀半ばです。

ヴィートコフ家が街のランドマークとなる城を建設し、ボヘミアの重要な交通河川であるモルダウ川沿いの地の利を活かし商業や手工業が栄えてチェスキー・クルムロフの街は発展していきました。

クルマウの街と城は14世紀初めに、有力な貴族であったローゼンベルク家の所有となります。

16世紀になると多数のルセサンス様式の建物が建設され、クルマウの街は色鮮やかな美しい都市へとなっていきました。

しかしその繁栄はローゼンベルク家の財政を圧迫していきました。ついに借金の抵当に入れられたこの街は1601年に神聖ローマ皇帝ルドルフ2世の手に渡ります。

その後1622年に神聖ローマ皇帝フェルディナント2世は三十年戦争のときに多大な財政的支援をしてくれたエッゲンベルク家にクルマウの街を与えます。この頃にはバロック様式の建物も建造されるようになりました。

18世紀にエッゲンベルク家が断絶した後は、シュヴァルツェンベルク家が街と城を相続します。城はバロック様式に改築され、場内劇場も完成しました。

このように時代とともに多くの領主に支配され、建物の様式も変わっていきましたが、それはこの街がそれだけ重要な文化の中心地であったことが伺い知れます。

19世紀にヨーロッパ産業革命を迎えますが、クルマウの街は主要な鉄道網から外れ、徐々に衰退していきます。

荒廃から美しい姿を取り戻したチェスキー・クルムロフ

19世紀にこの街はオーストリア=ハンガリー帝国の一部になりました。クルマウの街はその地理的な条件からドイツ系とチェコ系の住民がそれぞれ仲よく共存していましたが、帝国の支配によって民族主義が高まっていき学校や図書館などが次第にドイツ系とチェコ系に分れていきました。

第一次世界大戦でオーストリア=ハンガリー帝国が崩壊すると、この街はチェコスロバキア領になり、町の公式名称もチェスキー・クルムロフとなります。

チェコスロバキアでは民族自決が認められず、少数派のドイツ系の住民は不満を高めていきましたが、1938年にナチス・ドイツはその不満に乗じてチェスキー・クルムロフ含むボヘミア地方を侵略してしまいました。

チェスキー・クルムロフにはナチス軍の基地が置かれ、ドイツ人兵士によって街は破壊されました。

1945年にドイツが第二次世界大戦で敗れるとチェスキー・クルムロフはチェコスロバキア領に復帰し、当時の住民の大部分はドイツ系の市民権を剥奪され、町を追放されました。

戦後のチェスキー・クルムロフは荒廃し、町はほぼ無人となりました。

冷戦体制で共産主義化したことにより、歴史的建造物は「封建時代の遺構」として価値が否定され、荒廃はますます加速していきました。

1989年に民主化を求めるビロード革命が起こったあとに、街の歴史的価値が見直され、1992年にはユネスコの世界遺産に登録されました。

現在は歴史的景観を今に伝える古き都として観光客が押し寄せますが、その陰には暗い過去があったのです。

街のランドマーク、クルムロフ城

チェスキー・クルムロフは小規模の都市ですが、不釣り合いの大きさで街のシンボルでもあるのがクルムロフ城です。

ヴィートロフ家が建設した後、この城を中心に多くの入植者を集めました。チェスキー・クルムロフの歴史はこの城の歴史といっても過言ではないでしょう。

場内には18世紀に完成したバロック様式の劇場が保存されています。この劇場はバロック音楽が一般公開され、ロウソクの灯りの中でオペラが演じられました。

チェスキー・クルムロフの町はいたるところにだまし絵がみられますが、クルムロフ城にもだまし絵がたくさんあります。

遠くから見ると立体的な塔でも、近くで見ると実は絵だったりと、訪れるとその装飾の美しさと趣向に感動すること間違いなしでしょう。

城の塔へは登ることができ、美しいチェスキー・クルムロフの街を360度見て回ることができます。まるで童話の世界に訪れたかのような気分になれるでしょう。

チェスキー・クルムロフ最大のフェスティバル「五弁のバラの祭典」

チェスキー・クルムロフは観光地として世界中にその名前が知られていますが、中世の時代から現代まで文化の中心地でありました。

歴史を現代に伝えているのは景観だけではありません。往時の繁栄を彷彿とさせるフェスティバル多数開催されています。

最も有名なのは6月の夏至の時期に開催される五弁のバラの祭典です。

このお祭り職人や芸術家、音楽家そしてチェスキー・クルムロフの住民が中世の扮装をして街の中へ繰り出します。

伝統舞踏などの催しも行われ、街中では民族劇が上演されます。

一年のうちでもっともチェスキー・クルムロフが賑わうこのフェスティバルの最後は打ち上げ花火で締めくくられます。

▲ページトップ