ご当地グルメ

幅広麺&具だくさん!群馬県に伝わる郷土料理「おっきりこみ」で芯からあたたまろう

関連キーワード

群馬名物「おっきりこみ」をご存じでしょうか。
野菜たっぷりの豊富な具材と、幅広の麺が入った汁物はあたたかくて、どこか優しい味がします。
群馬の人々にとっては、冬場に欠かせない郷土料理です。

今回は、おっきりこみの特徴や、そのユニークな名前の由来と共に、群馬県内でおっきりこみが味わえる、おすすめのお店もご紹介します。

ほうとうやうどんとの違いは?「おっきりこみ」の特徴

群馬県を中心に、広く親しまれている郷土料理の「おっきりこみ」。農林水産省主催の「農山漁村の郷土料理100選」にも選ばれている、おふくろの味です。味噌や醤油をベースにしたつゆには、大根やにんじんといった根菜のほか、里芋やキノコなどの具材が入り、ヘルシーで栄養分も豊富。小麦粉から作られる幅広の麺ともよく合います。

幅広の麺は、山梨のほうとうやきしめんをほうふつとさせる、太めの形状ですが、その違いはどこにあるのでしょうか。

まずおっきりこみの麺は、うどんやほうとうより、生地作りのときに使う水の量が少ない、ということが挙げられます。そのためコシが強めに出るのが特徴です。薄めの生地は火が通りやすく、つゆがしみ込みやすいので、下茹でなしで、直接お鍋に入れて煮込めます。

次に、地域によっては麺の材料となるのが小麦粉だけでなく、そば粉やトウモロコシ粉なども混ぜて使われるということ。それぞれに違った風味が楽しめます。

最後は、うどんを打つときには塩を加えますが、おっきりこみには塩を入れないということです。煮込んでも塩気が出ない代わりに、打ち粉の小麦粉が溶け出し、つゆにとろみが出ます。

とろみのあるおっきりこみは体があたたまり、寒い時期にぴったりの料理となるのです。

「おっきりこみ」のルーツと名前の由来

西毛や北毛地域では「おきりこみ」、中毛、東毛地域では「煮ぼうとう」、「煮ぼうと」とも呼ばれる「おっきりこみ」。その名前の由来は、どこからきているのでしょうか。一説によれば、おっきりこみの生地を「切っては入れ、切っては入れ」といったように、鍋に入れていくことからついたと言われています。

群馬県は古くから、麦の栽培が盛んな地域で、石臼が一般にも普及した江戸時代中期からは、おっきりこみのほか、うどんや焼きまんじゅうなどの粉物文化が発達してきました。おっきりこみのルーツにはいくつかの説があり、中国から伝わった宮中料理が、上野国新田荘の領主である新田義重によってもたらされたというもののほか、農作業で忙しい時期に、栄養豊富で手軽に作れる料理として、広く普及したというものもあります。

現在では一年を通して親しまれおり、すっかり人々の生活に浸透したおっきりこみ。次に、群馬県でおいしいおっきりこみが食べられるお店を、ご紹介していきましょう。

古民家でゆったりとしたお食事を「おっきりこみのふる里」

昭和46年に創業の「おっきりこみのふる里」は、おっきりこみの専門店。前橋市に隣接する吉岡町に店舗を構えています。古民家を思わせる和風の店内には、昔懐かしい薪ストーブも置かれ、昭和の面影をほうふつとさせます。テーブル席のほか、お座敷の個室も用意され、のんびり、そしてゆったりとおっきりこみを味わうにはぴったりの空間です。

大きめの赤いお椀に盛られたおっきりこみは、ごぼうやにんじん、ネギやきのこのほか、旬を迎えた根菜類などをたっぷりと使っています。味噌仕立ての優しい味です。おっきりこみとしては麺がそれほど太くなく、つゆをよく吸い込んでおり柔らかな食感です。味もボリューム感も共に、麺と具のバランスがよい一品となっています。

もう少し量がほしいという方には、「きびめし」がおすすめです。餅きびが15%入っており、もっちりとした歯触りと、独特の風味が楽しめます。ビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富です。真っ赤な梅干しと胡麻が、味のよいアクセントになっています。おっきりこみとのセットメニューもありますので、ぜひ合わせてお召し上がりください。

地元の人々からも、長く広く愛され続ける老舗の味を確かめに、足を運んでみませんか。

【所在地】
群馬県北群馬郡吉岡町上野田3366
【営業時間】
月曜日〜木曜日11:00〜15:00/土曜日、日曜日、祝日11:00〜17:00
【定休日】
金曜日
【電話番号】
0279-54-4217
【アクセス】
JR上越線八木原駅から車で約15分

富岡製糸場からすぐそばの人気店「はや味」

富岡市にある「はや味」は、世界遺産「富岡製糸場」の正門からすぐの場所にあります。親しみやすく庶民的な空気が流れる店内には、カウンター席やテーブル席のほか、お座敷も用意されています。地元の人のみならず、観光客も数多く訪れる人気のお店です。

うどんやそばなどのメニューが幅広くそろっており、その中でも名物となっているのが、「上州名物 おっきりこみうどん」です。にんじんや大根、油揚げやかまぼこなど、種類豊富な具が入っており、彩りも豊か。厚くて太めの麺からは、コシが十分に感じられます。醤油ベースのつゆはダシがよく効いており、あっさりとしていながらも、深みのある味わいです。

富岡製糸場の見学に訪れた際には、ランチにおっきりこみを選んでみませんか。

【所在地】
群馬県富岡市富岡51
【営業時間】
11:00〜15:00
【定休日】
不定休
【電話番号】
0274-63-4039
【アクセス】
上信電鉄上信線上州富岡駅から徒歩約15分

野菜がたっぷりと入ったおっきりこみは、ヘルシーなだけでなく、ボリュームも満点。食べごたえも十分です。メディアでも紹介され、全国的にもそのおいしさが知られるようになった群馬県の郷土料理を、ぜひ実際に味わってみませんか。

▲ページトップ