ご当地グルメ

フェスも大盛況!秋を満喫できる「芋煮会」に行ってみよう

関連キーワード

具材がたっぷりと入った鍋をみんなで囲む芋煮会は、秋の恒例行事。よく晴れた秋空の下で食べる芋煮は、より一層おいしく感じられます。

今回は、芋煮のルーツや地域による味の違いをはじめ、各地で開催される芋煮会イベントをご紹介します。気持の良い秋の休日を、芋煮会で過ごしてみませんか。

芋煮は東北の秋を代表する郷土料理

山形県発祥の郷土料理「芋煮」は、東北だけでなく、今や全国的にも親しまれている秋の味覚です。農林水産省選定の「農山漁村の郷土料理100選」にも選ばれています。里芋や牛肉をはじめ、ごぼうやにんじんなどの根菜類やこんにゃくといった具材が、ふんだんに盛り込まれています。

芋煮のはじまりには諸説あり、その昔、舟運で栄えた最上川沿いで、船頭たちが食べていた、棒鱈と里芋を煮込んだ鍋がルーツと言われています。その後、里芋が収穫時期を迎える9月〜10月頃になると、互いの親睦を図るため、野外で芋煮の鍋を囲むようになったと伝わっています。

地域によって味付けが異なるのも、芋煮の特徴です。内陸部を中心に山形県では、醤油仕立ての芋煮が主流で、牛肉が使用されます。その他、里芋やネギ、こんにゃくやきのこ類などが入り、あっさりとしたすき焼きをほうふつとさせる味わいです。

一方、山形県の中でも海沿いの庄内地方では、味噌仕立てのつゆに豚肉が加わります。ごぼうやネギ、油揚げにこんにゃくなどが入った豚汁を思わせる芋煮は、山形県の隣の宮城県でも好まれている味です。

秋空の下、みんなで楽しむ「芋煮会」

毎年秋になると、山形を中心に東北各地で「芋煮会」が行われます。芋煮会とは、家族や友人、職場の仲間など、大小さまざまなグループが集まり、野外で芋煮を作る行事のこと。協力し合ってひとつの鍋を作る作業は、人々の親交を深めると共に、外でご飯を食べる心地よさをもたらしてくれます。

近年では、お祭りの目玉で芋煮が振る舞われるなど、芋煮がメインの大規模なイベントも開催されており、秋には欠かせない行事となりました。次は、多くの人々が集い、共に芋煮を味わうイベントやフェスを、ご紹介していきましょう。

本場山形で開催!「日本一の芋煮会フェスティバル」

山形山形市の馬見ヶ崎(まみがさき)河川敷で、1989年から開催されているのが、「日本一の芋煮会フェスティバル」です。メインの催し物は、何といっても直径約6mの鍋で作られる芋煮。約3万食分を一度に作れる、日本一の大きさを誇ります。

具には、3トンの里芋や1.2トンの牛肉、大量のこんにゃくやねぎが使用され、醤油や砂糖、酒で味付けをします。調理には、人の手だけではなく、なんとショベルカーも登場。大型の重機を使って器用に作業を行う光景は、迫力がありますよ!

出来上がった芋煮を受け取るには、事前に引換整理券が必要です。席を取って、ゆっくりと芋煮を味わいたい方には、特設のテントが張られた「芋煮茶屋」というスペースも用意されています。

開催時期は、例年9月。地元の方のみならず、県外からも多くの人々が足を運ぶ大規模な芋煮フェスに、出かけてみませんか。

【会場】
山形市馬見ヶ崎河川敷(双月橋付近)
【電話番号】
日本一の芋煮会フェスティバル協議会事務局
023-622-0141
【アクセス】
山形自動車道山形ICから車で約10分

関東一の芋煮会「日光けっこうフェスティバル」

栃木県日光市で行われる「日光けっこうフェスティバル」は、10月に開催される恒例のイベント。「日光運動公園」を会場に、「日光下駄飛ばし選手権大会」や「石ころアートコンテスト」などのユニークな催し物が行われ、盛り上がりを見せます。

直径2mの大鍋で約3000人分の芋煮が作られる「関東一芋煮会」は、人気が高く、毎年多くの人で賑わいます。秋空の下で、食べる芋煮の味は格別ですよ。

夜は、宗家花火「鍵屋」による「日光秋の花火」が行われ、会場となる大谷川(だいやがわ)の夜空に、盛大な花火が打ち上がります。多彩な催し物と共に、芋煮を味わってみませんか。

【会場】
日光市日光運動公園
栃木県日光市所野2832-2
【アクセス】
東武日光線東武日光駅からシャトルバスあり(※9:30〜16:00)

久慈川のほとりで芋煮を堪能!「やまがた宿芋煮会」

茨城県日立大宮市で、毎年11月に開催されているのが「やまがた宿芋煮会」です。会場となる「清流公園」は、久慈川沿いにあり、緑豊かな河原が広がっています。

直径3.5m、深さ1.1mの大鍋で作る芋煮は、5000食を超える量。地元産の里芋やごぼう、ネギやこんにゃくのほか、コクと歯ごたえのある「奥久慈シャモ」も加わり、醤油ベースの味付けがされます。

地元の方のみならず、観光客も数多く訪れ、芋煮を求めて行列を作る人気のイベントです。開放感のある河原で、熱々の芋煮を食べれば、身も心もあたたまることでしょう。関東圏で、芋煮イベントに参加してみたいときに、足を運んでみませんか。

【会場】
常陸大宮市清流公園
茨城県常陸大宮市山方
【アクセス】
JR山方宿駅から徒歩約5分

山形東北にとどまらず、日本各地で行われている芋煮会。気心の知れた家族や仲間と、こぢんまりとした芋煮を楽しむもよし。大規模なフェスに参加をしてお祭り気分を味わうのもよし。秋の良い思い出となる芋煮会を、どうぞお楽しみください。

▲ページトップ