ガーデニング

赤玉土を極める。赤玉土ってどんな土?

関連キーワード

園芸用として安価で、栽培する相手を選ばない万能選手として愛用されている赤玉土は、文字どおり赤土の玉(粒)状の土。一般的な培養土は、赤玉土腐葉土肥料などを混ぜ合わせて作られています。
粒の大きさでぴったりの植物も変わってきます。

赤玉土を使いこなすためにも、赤玉土について基礎知識を身につけましょう。

赤玉土は粒状の赤土でできた基本用土

赤玉土鹿沼土と、主に採取される場所はほぼ同じで、鹿沼土よりも上の層から採取されます。
粒状に人工的に作られるのではなく、採取された土をしばらく乾燥させてから、粒の大きさで分類されます。
大きさの分類や、粒の硬さ・もろさなどの規格はメーカーによりまちまちです。

赤玉土を800〜900℃で焼き固めたものを「硬質赤玉土」といいますが、温度や焼き加減なども、メーカーによってまちまちです。

焼き固めてあるため硬質赤玉土の方が普通の赤玉土より硬い反面、保水性が悪くなっています。

赤玉土を水に入れて、その水のPHを調べると弱酸性であることがわかります。
赤玉土は、酸性では十分に育たないような植物の栽培にも適していて、広範囲の植物の栽培に適用できます。
手ごろで確実な検査アイテムとしては、PH試験紙がおすすめです。

基本的な培養土を赤玉土で作るには

植物は根でも呼吸するため、土と土の間に隙間がある状態が栽培に適した状態です。
赤玉土は粒状なので、植物の根が呼吸しやすい環境を作ってくれますが、赤玉土だけでは肥料分を含んでいないため、腐葉土肥料を混ぜ合わせて培養土を作る必要があります。

通常の草花を栽培する場合は小粒の赤玉土を使って、赤玉土腐葉土=2:1の割合で混ぜ合わせたものを基本用土として、肥料やぼかし肥を少量加え混ぜて培養土にします。

市販の培養土はこれに加えてバーミキュライトやピートモスなど、土をふかふかにする用土なども混ぜて作られています。

まずは基本の用土を作って栽培してみて、その時の水持ちや植物の生育状態から、もっと水持ちをよくしたいとか、ふかふか度合いを強くしたいなど、改良点を見つけて自分好みのブレンドに変えていくのも園芸の楽しみの一つです。

粒状の土【赤玉土】を使う意味

菜園などでは牛糞や鶏糞と言った堆肥なども大量に加えていくことで、バクテリアなどの有機物が徐々に働いて土を粒状にしてくれますが、ベランダ菜園などではにおいの問題もあって、おいそれとそれらを使うことができません。

ベランダ栽培など、植木鉢やプランターで植物を栽培する場合、有機物の働きから土が粒状になるように土づくりをするのではなく、赤玉土をうまく使って、粒状の土を利用した植物栽培をするようにします。

赤玉土の周りや袋の隅に、微細な赤土が混じっていることがあります。この赤土のことを「みじん」といいます。
赤玉土がつぶれてもみじんになり、みじんは粒状ではないため植物の根の呼吸を妨げてしまいます。

みじんが混じらないようにあらかじめふるいにかけてから赤玉土を使うようにしましょう。
植物を長い間栽培していると赤玉土がつぶれてみじんになってしまい、根の呼吸を妨げるようになるので、粒がつぶれてきた時はすぐに植え替えるようにします。

赤玉土は粒の大きさで用途が違う

赤玉土は、極小粒〜大粒まで、大きさ別に袋詰めされて販売されています。
粒が大きい方が粒と粒の間の隙間が大きいのでより排水性が高い、いわゆる「水はけのよい土」になり、粒が小さいほどより保水性が高い、いわゆる「水持ちの良い土」になります。

赤玉土の小粒は草花や一年草に、中粒は樹木や水はけを好む多年草の栽培におすすめです。
大粒になると、鉢底石の代わりに使う方も多いのですが、潰れてくるとかえって水はけが悪くなってしまうので、注意が必要です。

赤玉土を挿し木に使う場合は、中粒でも小粒でもお好みで、水切れがないように気を付けて栽培します。
種まき用土として使うのであれば、種が隙間にはまり込まない小粒か極小粒を使った方が扱いやすくなります。
挿し木も種まきも、肥料分がない状態で行うので、赤玉土単独で用いるのがおすすめです。

使用済みの土を赤玉土を使って再生する

枯れてしまった植木鉢の土は1週間以上放置しておき、しっかり乾いてから鉢を外して、鉢底石・根や枯れた枝・残った土に分けます。

鉢底石は洗って十分に天日干しして日光消毒したら再利用しますが、病害虫が気になるときは、熱湯をかけてから使うようにしましょう。

根や枯れた枝は燃えるごみとして処分し、残った土を目の細かめのふるいにかけ、ふるいの上に残ったものだけを再利用します。
ふるいを通り抜けたものは「みじん」なので、再利用できません。

ふるいの上に残ったものは熱湯をかけてから天日干しして日光消毒し、新しい赤玉土腐葉土と混ぜ合わせて基本用土にします。

熱湯を使うときにはやけどをしないように注意してください。

赤玉土が水槽の底土に使えるというけれど

赤玉土をメダカ水槽の底土に使うとよいとすすめられていることもありますが、赤玉土は潰れやすいため、ポンプを使う場合にポンプが詰まりやすく故障の原因になりやすいので、メダカなどの飼育に慣れていない方は使用しない方がおすすめです。

ポンプ類を一切使わないビオトープを志している場合のみにしておいた方が無難でしょう。水槽の底には赤玉土ではなく小粒状の小石を使うのがおすすめです。

まとめ

赤土の粒状の土の「赤玉土」は、同じような粒状の鹿沼土と似ていますが、鹿沼土より赤みの強い色をしていて、酸性の鹿沼土と違って弱酸性のため、たいていの植物の栽培に利用することができます。

粒状に加工しているのではなく、採取後乾燥させてから粒の大きさごとに極小粒〜大粒に選別しています。
粒の大きさについては厳格な規格はないので、メーカーにより差があります。
小粒は草花の栽培に、中粒は樹木や多年草の栽培に向いています。

植物は根でも呼吸し、粒状の土が根の呼吸を助けるので、鉢植えやプランターで植物を育てるときの培養土の基材として粒状の赤玉土がよく利用されています。

粒がつぶれてできた「みじん」は根の呼吸を妨げてしまうので、赤玉土の粒がつぶれてきたら植え替えるようにしましょう。

▲ページトップ