ガーデニング

赤玉土を使いこなそう。赤玉土の使い方。

関連キーワード

赤玉土を使って植物の栽培にチャレンジしてみましょう。

単にザーッとなんにでも混ぜるだけでなく、使い方を知って粒の大きさなどでも使い分けてみましょう。どんな風にすると失敗なく使いこなせるのか、植え替えたほうがいい状態はどんな状態なのか、詳しくご紹介しましょう。

赤玉土は植物の根の呼吸を助ける粒状の土

植物を栽培するのに適した「よい土」は、適度に湿り気があり、ふかふかでもぎゅっと握りしめるとほろほろと崩れる塊になるような土をいいます。

土の中の堆肥などの有機物を微生物が分解すると、肥料分を豊富に含ませるだけでなく、土を小さな塊に固めて粒状の土にしてくれます。
粒状の土が寄り集まった「よい土」は、植物が根でも呼吸するのを助けてくれます。

菜園などで有機肥料を使った「土づくり」を行うのは粒状の土が集まった「よい土」を作るためですが、プランターや植木鉢で植物を栽培する場合、においの問題もあって堆肥を使って土づくりをするのを推進していくには無理があります。

そこで、もともと粒状の土である赤玉土を利用して、植物の呼吸がしやすい土をその場で作り出すようにします。

粒が大きいと水はけ、小さいと水持ちがよくなる

赤玉土は粒の大きさごとに極小粒〜大粒などに分けて販売されています。
粒が大きいものは、粒と粒の間の隙間が大きめになるので水はけがよい土になり、粒が小さいものは粒と粒の間の隙間が小さく、それぞれの粒が水を含むので水持ちがよい土になります。

大まかに分けると一年草や小さな草花を育てる場合は小粒の赤玉土、樹木や根を張る多年草を育てるのであれば中粒の赤玉土といった具合に、根がどれくらい水を欲しがるかで分けて使います。

しかし、育ててみて、ちょっと水はけがよすぎて乾きすぎている気がするときはより小粒の赤玉土腐葉土の割合を増やしてみるのがおすすめです。
逆に水持ちがよすぎて枯れそうなときは粒がもう少し大きめの赤玉土や、川砂などを混ぜて水はけを改善するなどの工夫が必要です。

生育の様子を見てブレンドを改良すると植物が見違えるように生き生きとしてくることがあるので、水と肥料と日当たり以外の生育条件として、赤玉土の土の粒の大きさから水持ちを改善できれば効果的です。

赤玉土単体は無菌状態で肥料分ゼロ

赤玉土単体は無菌状態で肥料分が含まれていません。
培養土として単体で使用することはほとんどなく、赤玉土だけを使うケースは、肥料分が控えめな方が育ちやすい品種の多肉植物の栽培や、挿し木・種まき用土として用いるときのみなのが一般的です。

肥料分があるとさし穂が傷みやすい挿し木や、種にすでに発芽に必要な養分が含まれている種まきなどでは、肥料分が含まれていない赤玉土は、水持ちもよいのでぴったりの資材になります。

赤玉土に腐葉土や肥料を混ぜて培養土をつくる

一般的な培養土には植物の栽培にちょうどいい粒度や肥料分が用意されていますが、自分で育てる植物に合わせた培養土がブレンドできるとさらに園芸の幅が広がります。

肥料成分そのものは堆肥に比べるとかなり落ちますが、土をふかふかにする腐葉土は、においが穏やかで扱いやすい有機資材です。
肥料分としては、しっかりと分解熟成されていてにおいも少なく、少量でとてもよく効く「ぼかし肥」「完熟たい肥」を加えることで不足分を十分に補うことができます。

赤玉土腐葉土=2:1の割合でよくかき混ぜてブレンドし、水も加え混ぜてぎゅっとつかんだらほろほろと崩れるような塊になる状態に仕上げます。

肥料分については、ぼかし肥は本当に少量でよく効くので、肥料過多にならないように、20リットルに対して大さじ1杯程度までを目安に少量をブレンドするようにしましょう。
根に直接肥料分が当たると根が傷むことがあるので、肥料分を混ぜていない土の間に肥料分を混ぜた土を挟んで使うようにします。

慣れてきたらふかふか感をアップさせるためにバーミキュライトやピートモス、もみ殻燻炭など、様々な園芸資材を加えてアレンジすることにも挑戦して、自分にぴったりの培養土作りにチャレンジしてみましょう。

有機肥料を使いこなすには

有機栽培にあこがれる人は多いのですが、ベランダ栽培の場合、牛糞や鶏糞と言った堆肥はにおいもきつく虫を呼びやすいのであまりおすすめではありません。

ホームセンターなどの室外で安価に販売されている堆肥は「完熟たい肥」と書いてあっても熟成が不十分でにおいが強いものが多いので、プランターや植木鉢に有機肥料を使うのであれば室内で販売されていて、少量でも値段が比較的高い有機肥料を購入するようにします。

しっかりと熟成されていれば不快なにおいが少ないので、密封されているとにおいも確認しにくいのですが、袋の上からでもにおいがしないか確認しておくことも大切です。

購入後、開封してやはりにおいが強い場合は、少量の水を加えてから口をよく縛って、日当たりの良いところにしばらく置いておいて熟成を進めるようにします。

粒がつぶれてくると根が呼吸できなくなるから

赤玉土を長く使っていると粒がつぶれてただの赤土に戻ってしまいます。粒状ではない赤土は「みじん」と呼ばれ、根の呼吸を妨げるだけでなく排水性も悪くしてしまうので、植物の栽培に使えなくなります。

水やりをしていて水を吸わなくなってきたと思うときは根詰まりしている以外に、赤玉土がつぶれてきている場合もあります。
植え替えの時期を見計らって植え替えを行うようにしましょう。

粒がしっかりしている赤玉土培養土として再生利用することができるので、天日干ししてしっかり日光消毒してから新しい培養土材料として利用していきましょう。

まとめ

赤玉土は弱酸性の粒状の赤土で、無菌状態で肥料分がないため、単独では肥料分をあまり必要としない品種の多肉植物の栽培や挿し木・種まき用土として利用します。

腐葉土とブレンドしてぼかし肥や完熟たい肥も加え混ぜて培養土として使うこともできます。もともとそれらがすでにブレンドされている市販の培養土赤玉土を加え混ぜて粒度や水はけを改良する使い方もできます。

菜園などでは有機物をバクテリアなどの微生物に分解させることでよい土づくりができますが、そういったことができないプランターや植木鉢にはすでに粒状になっている赤玉土を利用することで植物の生育を助けます。

▲ページトップ