ガーデニング

ヒヤシンスの花が咲かない理由と掛かりやすい病気は?

関連キーワード

ヒヤシンスと言うと、水栽培が有名ですよね。一度はやったことがある人も多いのではないでしょうか。
そんなヒヤシンスの水栽培では花が咲かないと悩む人もいます。

せっかく楽しみにしていたヒヤシンスの花が咲かない場合にその理由を知りたいですよね。また掛かりやすい病気についても知っておきたいものです。

水栽培は部屋でも簡単に楽しめ、最近ではおしゃれに楽しむ人も多く流行ってきています。ヒヤシンスの花の咲かせ方や病気のことを知ってぜひ水栽培にチャレンジしてみませんか。

水栽培のヒヤシンスの花が咲かない!?まずは球根選びから!

まず、水栽培でヒヤシンスの花を咲かせるためには、いい球根を選ぶことも大切です。球根選びは慎重に行いましょう。10〜11月になるとヒヤシンスの球根が沢山販売されるようになりますのでその頃に球根を選びます。

その際に、根が出ていない重い球根を選ぶことが重要です。また、それより遅くになってしまうと根が出た球根しかなくなってきます。早めに購入することがコツです。 栄養が行き渡った球根であること、また球根のお尻の大事な発根部分が傷がついていないものを慎重に選びます。

そして、ヒヤシンスの水栽培用の容器に球根をセットする場合は、その発根部分だけが浸かるように置きます。その後は育てていくうちに球根にとって大事な水が腐らないように注意をすることが重要です。「圭酸塩白土」と言った根腐れ防止剤を水栽培容器の中に入れて水をきれいにすることもおすすめです。

根が出るまでは涼しくて暗い場所に2週間ほど置くと白い根が出てきます。

水栽培もお世話が大切

花が咲かないと言っている人の中には、水栽培は水栽培用の容器に入れればそれだけで育ってくれると思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、ヒヤシンスの水栽培も水栽培なりのお世話がとても大切です。

まず、水が腐らないように注意します。1〜2週間に一度位は水の交換が必須です。水がどういう状態にあるのかよく観察しながら水を交換することが大切です。そして、水の交換の際には根を傷つけないようにそっと容器を斜めにしながら水を半分入れ替えます。入れ替えながらきれいな水になったかを確認しましょう。

ヒヤシンスは最初のうちは白い根が水にしっかり浸かるように置き、根が容器の半分ほどに長く伸びてきたら1〜2cmほど空間を空けて水を入れるようにします。その後、根が次第に伸びてくるに従って少しずつ水を減らしていきます。根が呼吸をするために空気のスペースを作ってあげます。

寒さに当てることで花が咲く!

ヒヤシンスが咲くのは2〜4月頃の春になってからですが、春に咲く花は概して冬の寒さを感じることで花を咲かせます。ヒヤシンスも水栽培の水が10度位になり、寒くなったことを感じて花芽を付けます。冬になったら敢えて寒さに当ててあげるというのが「ヒヤシンス」の花を咲かせるコツです。

例えば、12月位になったら外に水栽培の容器ごと少し出します。室内だけで大事に育てるのでなく冬の寒さに当ててあげます。

寒さにも強いヒヤシンスですので、鉢植えならばそのまま冬は外に出しておいてもいいでしょう。

冬はヒヤシンスにとっては休眠期に入り葉っぱは枯れてしまいますが、この間に寒さに当ててあげることが花を咲かせるためには必要です。

水栽培ならではの注意点は?球根や水、温度管理が大事

こうしてヒヤシンスの水栽培を見てきますと、簡単のようですが、いくつか注意点があることがわかります。

まず、通常の植物ならば、育てるために土作りが大切ですが、水栽培なのできれいな水で育てなければならないことです。水はどうでもいいなどと思ってしまうことがありますが、ヒヤシンスを育てる上で水は大事な環境です。

そしてまた、室内で育てるヒヤシンスには、屋外のような温度変化を敢えて体験させることが必要となります。私達が温度管理をして寒さを体験させてあげることが大事なことで

掛かりやすい病気は?

水栽培で掛かりやすい病気はと言うとどんな病気でしょうか。水にずっと浸かっているわけですから、水が汚いと根腐れを起こすこともよくあります。水で育てるというのも簡単で清潔そうですが、きれいな水で育てないと根腐れも生じます。

また、「軟腐病」にかかることもあります。この病気は、球根に傷があることで生じる細菌性の病気で、最初に球根を選ぶ時によく傷がないか見て選ぶというのはそういった病気にならないためです。

「軟腐病」にかかると、文字が示すように球根自体が柔らかくなって溶けて腐っていきます。球根の様子や根の様子、水のきれいさなどを水栽培では見えますのでよく観察して育てましょう。

ヒヤシンスの花を咲かせるには

水栽培の場合には一度花を咲かせたら来年も花を咲かせるというのは難しくなります。次の年には庭に地植えがおすすめです。根を切らないように大事にしながら地植えをしてみるのもいいでしょう。

こうして見てきますと、ヒヤシンスを育てるためには球根やそこから出てくる根の発育や温度管理が大事だと言うのがよくわかります。球根がよく育つように環境をしっかり整えてあげることが花を咲かせるコツと言えます。

▲ページトップ