盆栽

盆栽初心者が“間違いやすい”カリン盆栽の育て方とその対策

関連キーワード

カリン盆栽は、花、実、幹模様、樹形を楽しむことができる実もの盆栽ですが、盆栽初心者が初めてカリン盆栽を育てる場合は、“間違いやすい”育て方によって花芽や実が付かないことがあります。

しかし、盆栽初心者が“間違いやすい”育て方を把握することによって、春には花芽が沢山付き、秋には黄色の美しい実が付くカリン盆栽を育てることができます。

盆栽初心者が“間違いやすい”カリン盆栽の育て方

盆栽初心者が初めてカリン盆栽を育てると、カリンの樹木に実が付かないことが多いです。その主な原因は、剪定の仕方、管理場所、用土の排水性、病害虫対策、肥料と施肥の仕方が全手間違っている可能性があります。

* 花が咲かない原因となる“間違がいやすい”剪定の仕方
盆栽初心者が“間違いやすい”剪定の仕方は、カリンの花芽が付いている短い枝を切り詰めてしまうことです。

カリン盆栽に花が咲かない理由は、剪定の際に花芽が付いている短い枝まで切り詰めてしまうことです。花芽の付いている短い枝を切り落としてしまう剪定の仕方は、盆栽初心者が“間違いやすい”剪定の一つです。

カリンは、前年に伸びた新梢に花芽が付きます。この花芽は7月頃に付き、翌年の春に花を咲かせます。この花芽が付く充実した枝は短いので、剪定をする際に花芽の付いている短い枝を剪定してしまうと、花を咲かせることが難しくなってしまいます。

カリンの剪定は、花芽の活動が始まる11月の終わり頃から2月頃までに行うことがおすすめです。この時期の剪定では、ふところ枝の間引き、徒長枝や絡んでいる枝などの剪定を行います。また、上向きになって伸びている枝を横向きにするために針金を使って誘引すると効果があります。

盆栽初心者がカリンの剪定をする際は、花芽を切らないように剪定することが一番のポイントです。もし、花芽が付いている枝かどうかわからない場合は、切り詰めないでそのまま残しておいた方が無難です。

* 日照不足となる“間違いやすい”管理場所
盆栽初心者が“間違いやすい”カリン盆栽の管理場所は、あまり陽当たりがよくない日照不足の場所に置いて管理をすることです。

カリンは庭木としても大きく育つので、何処に置いても育ちやすいイメージがあります。しかし、カリンは陽当たりの良い場所を好む樹木なので、せっかく剪定したカリン盆栽を日陰や日照不足の環境で管理をすると花芽が付かいので、実を付けることは難しいです。そのため剪定が終わったカリン盆栽は、陽当たりの良い場所に鉢を移して管理をします。

* 排水性不良の原因となる“間違いやすい”植付け用の用土
盆栽初心者がカリン盆栽を植え付ける際に使う “間違いやすい”用土は、排水性が悪かったり、逆に排水性が良すぎて水切れを引き起こしてしまったりする用土です。

これらの原因を作ってしまう用土を使ってカリン盆栽を植え付けても生育を妨げてしまうので、花芽や実をつけることは難しいです。

カリン盆栽を植え付ける際におすすめの用土は、赤玉5:桐生砂3:腐葉土2位の割合で混ぜたものです。また、カリンの植え替えは、秋のお彼岸頃から10月初め頃、あるいは春のお彼岸前後が適期です。

生育が良く花芽が沢山付いて、秋には黄色の実が生るカリン盆栽の育てるためには、カリンに適した用土を使って植え付けをすることが大事です。

* “間違いやすい”病害虫対策
盆栽初心者は、どの盆栽も病害虫対策は同じと思って同じ種類の薬剤散布をしてしまうことがありますが、樹種によってかかりやすい病気や害虫は異なります。また、カリン盆栽は、病気や害虫の被害によって生育が悪くなってしまうと、花芽や実の付きが悪くなってしまいます。

カリン盆栽がかかりやすい主な病気は、「赤星病」なのでこの病気を予防するために春から夏にかけて定期的に殺菌剤や薬剤散布を行います。また、不要な枝や葉を剪定して、枝や幹周りの風通しが良くなるようにします。

カリンは、アブラムシやテッポウムシの害虫による食害を受けやすいので、日頃から注意深くチェックすることが大事です。
* “間違いやすい”肥料と施肥の仕方
盆栽初心者が“間違いやすい”肥料と施肥の仕方は、窒素分が多く含まれた肥料を多く与えすぎたり、花が咲き始めてから結実をするまでの間に施肥をしたりしてしまうことです。

カリンは、窒素分を多く含んだ肥料を沢山与えたり、同時に間違った剪定をすると新梢などの生育が良くなり樹勢が強くなってしまうので、花芽が付かなくなったりしてしまいます。また、せっかく実が付いても熟しにくくなるので熟す前に落ちたりしてしまいます。

カリン盆栽に花が咲くと盆栽初心者肥料を与えたくなってしまいますが、結実をするまで肥料は与えないことがポイントです。この時期に肥料を与えるとカリンの成長が良くなり樹木も若返ってしまうので、せっかく結実をしても実が落ちてしまうことがあります。

結実をしたカリンの実が5月頃になって親指位の大きさに成長したら第1回目の肥料を与えます。カリンはリン酸の成分を多く含んだ肥料を好むので、この成分が入った肥料を与えます。カリンが結実した後は、9月の終わり頃まで毎月肥料を与えます。11月になったら冬越しのための寒肥を与えます。

カリン盆栽に実が付きやすくするための剪定の仕方

カリン盆栽に実を付きやすくするためには、冬の適時に剪定をして、短枝を沢山残すように剪定をすることです。

盆栽初心者が初めてカリン盆栽を育てる場合、間違った剪定の仕方によって花芽を切ってしまったことが原因で実が付かないことがあります。しかし、適期に正しい剪定をすると花が付いて黄色の実が付いたカリン盆栽を育てることが出来ます。

* 冬が剪定の適期
カリンの剪定をする適期は冬ですが剪定の仕方や適期が間違ったりすると、カリンに花芽が付かないです。

カリン盆栽の剪定の適期は、落葉が終わった冬の1月から2月の終わりごろまでです。しかし、カリンの剪定は、遅くても3月のお彼岸頃までに剪定が終わるようにします。3月のお彼岸以降に剪定をすると花芽を切り落としてしまったりするので花が咲かないため、秋に黄色の実をつけることも不可能になってしまいます。

また、冬の時期にカリン盆栽の剪定をしても初夏から夏にかけて枝が伸び出したりすることもあります。その場合は、伸びすぎてしまった枝だけを枝の値付けのところから6芽位残して切り戻しても大丈夫です。この夏の剪定をすることができる適期は7月いっぱいです。

* 盆栽初心者でも出来る短枝を残す剪定作業
カリン盆栽に実が付くように剪定するためには、花芽が付く充実した短枝を切り落とさないで残すことです。同時に横に伸びている枝も大事にすることが実を付けるポイントです。

また、花芽を付ける短枝を増やすためには、徒長枝を切り詰めます。混み合っている枝、重なり合っている枝、垂直方向に伸びている枝などは、付け根の部分から切り落とします。特に混み合ったり重なり合ったりしている枝は、カリンの樹木の陽当たりを悪くしてしまいます。これらの剪定をすることで風通しや陽当たりが良くなります。

盆栽初心者が“間違いやすい”カリン盆栽の育て方を把握すると正しい剪定や管理の仕方が分かるので、盆栽初心者でも花芽や実が沢山付くカリン盆栽を育てることができます。

▲ページトップ