日本画

尾形光琳が国宝『紅白梅図屏風』に込めた想いと仕掛けを解説

関連キーワード

「紅白梅図屏風」尾形光琳 国宝 MOA美術館蔵

尾形光琳の「紅白梅図屏風」を見たことがある人も多いのではないでしょうか。この絵の構図、技法には光琳の工夫や計算が随所に見られ日本美術史を代表する傑作として国宝にもなっています。ここでは、「紅白梅図屏風」に隠された秘密について詳しくご紹介していきます。

スポンサー

「紅白梅図屏風」には人々を惹き付ける力がある

「MOA美術館 光琳屋敷」

尾形光琳の「紅白梅図屏風」は、日本美術史の中でも最高傑作と言われ、美術の教科書にも取り上げられているほどです。この絵は現在MOA美術館に所蔵され、美術館の敷地内では光琳の文書や下絵をもとにして作られた光琳屋敷も復元されています。

その「紅白梅図屏風」をよく見ると、左側に描かれた白梅樹は、枝、幹から歳月を感じさせる老木であることがわかり、右側の紅梅樹は若い枝が力強くまっすぐ伸び、花が咲き誇っている様子がうかがえます。そして、この樹々の間には文様化した特徴的な流水が描かれています。

「紅白梅図屏風」の特徴である流水紋から光琳独自の装飾性が強く印象づけられるのは、彼が呉服商の生まれであったことが影響しているかもしれませんが、それだけではない何か人を惹き付ける要素が垣間見えくるようです。

「紅白梅図屏風」の流水の場所が現在では剥落と変色してしまっていますが、元は銀地に粗い群青を使い濃淡で流水に動きを見せていたとされています。今では、群青だけが剥がれ紙地の出ている箇所も群青と銀箔が剥がれています。当時は華やかな色彩に流動的な大画面が広がっていたことが想像されます。

しかし、「紅白梅図屏風」は今でも人々の関心を多く集めており、流水の技法だけでも群青を使った説や中国の清穆(せいぼく)を使って群青だけあとで別に浮き出てくる性質を利用していたのではないかという説が出ているほどです。また光琳は、「紅白梅図屏風」で計算された流水の技法を他の絵では一切使っていないという点でもこの絵の希少価値がみえてくるのではないでしょうか。

「紅白梅図屏風」を科学的に検証すると見える一枚の名画

「紅白梅図屏風」一部

光琳は、細かく計算して「紅白梅図屏風」を描いています。例えば梅の枝の長さ、根の長さが一定の幅で描かれ、流れる水紋と梅の幹の曲がり方もうまく波長を合わせたバランスが計算されています。

以前、流水が中央に描かれている意味はなんなのかについて知るために流水だけを現在の技術で消してみるという作業が行われました。

「風神雷神図屏風」俵屋宗達 国宝 京都国立博物館蔵

「紅白梅図屏風」

「紅白梅図屏風」の流水を消した形で再度この絵を見てみるとある一枚の別の絵が浮かび上がってきます。それは、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」です。二枚を並べ合わせて見てみると、白梅樹の根元から枝が宗達の雷神の足を突き出した絵と重なり、右側の紅梅樹は、風神の姿が浮かんできます。

「風神雷神図屏風」は光琳が宗達の絵を模写して描いていることでも有名ですが、この「紅白梅図屏風」からも「風神雷神」が見えてくる点で、彼がどれほどまでに宗達に憧れを抱いていたかを知ることができるのではないでしょうか。ここに光琳ならではの流水紋を描くことで、この絵を完成に導いたとされています。

スポンサー

「紅白梅図屏風」の流水紋から光琳の水流の意味を解く

「光琳風流水紋」

光琳が描く水流は、いくつも種類があり、「紅白梅図屏風」で用いられた水流と同じ絵はないと言われています。光琳にとって水流は何を意味するのでしょう。そもそも水波を描くという歴史は古く和歌の叙景を思い浮かべる特徴づけに波紋、波頭などの水の動き描き出したと言われています。

光琳はこの伝統を受け継ぎ、光琳ならではの水紋を作り出したようです。大和絵、漢画では波紋はなにか他の主体になるものに付随するものでしかなかったのですが、光琳は、この水紋を様々なバリエーションを用いて描くことで多彩な水の流れを作りだし、意味深い造形的なものに変えた第一人者といえる存在になりました。

「つつじ図」尾形光琳 畠山記念館蔵

  「つつじ図」では、リアルな水流に叙景的な趣を出し、扇面の下絵では古典大和絵的な光悦の画風から光琳独自の絵に描き変えられています。光琳は、ときそれぞれの画題に合わせ水流を使い分け絵を盛り立てています。

これは、家業であった衣装図案の水紋のパターン化を上手く生かした光琳ならではの技で「紅白梅図屏風」にも取り入れられているのがわかります。「紅白梅図屏風」のように大和絵的な着想でも工芸的な技を加えて味わいのあるものにし、曲線を加えることでこの絵の組み立てをより一層際立たせています。

光琳の水紋が加わることで絵に深みが出て脇役という位置づけではなくそこになくてはならない存在感のある主役的な役割を果たしていくようです。

水流の表現には、光琳の芸術全般に通じる秘密が隠されているといえるでしょう。この装飾的な技法のひとつは「琳派」独特の優美さを現し、今でも多くの人々が惹きつけられています。この魅力が今なお『琳派』が継承され続けている理由とされています。
「紅白梅図屏風」(国宝)MOA美術館蔵

「紅白梅図描屏風」には、技法や構図をめぐってさまざまな説があります。尾形光琳の「紅白梅図屏風」の魅力の多さといえるのではないでしょうか。そこで、「紅白梅図屏風」のかくれた技法や構図、光琳作品の想いなどに迫ります。

「紅白梅図屏風」をはじめとした光琳芸術の構図の秘密

「紅白梅図屏風(右隻)」

光琳の技法や構図にはいくつかの説があります。まず、光琳の絵に共通するのは、円形と円運動の連続が多いという説です。「紅白梅図屏風(右隻)」の枝の部分と波紋が円形になっていて(左隻)の枝にも同様に円形が連続しているといいます。

「紅白梅図屏風(左隻)」

この円形の連続は、光琳作品の中で「孔雀図屏風」「燕子花図」「太公望図屏風」「竹梅図屏風」「扇面貼付手箱」「冬木小袖」などでも見られます。中でも「太公望図屏風」と「孔雀図」は円形と円運動の組み合わせから出来ているとされています。

「呂尚垂釣図屏風」

「竹梅図屏風」は、直線、曲線、円の組み合わせから構成されていて「燕子花図屏風」「冬木小袖」などは、花群勢がそれぞれの円形の中に収まるように描かれているといいます。また、「燕子花図屏風」「紅白梅図屏風」に共通している点は、装飾性が基本にあり草花を情緒的に見せ、画面効果をねらった構成になっていることです。

宗達を意識した光琳ですが、光琳の草花などの絵には宗達にない装飾性が強いところがあります。これは、光琳が生家雁金屋の装飾技術を受け継いでいることが大きいといえます。

もうひとつ光琳芸術の構図の特徴としてあげられているのが、凸部と凹部が互いに蛇行曲線を描く立涌形式(たてわくけいしき)です。立涌は元々染織文様に使われていてその起源は平安時代と歴史の古い形式のひとつになります。

「日本の伝統文様 立涌」

ここでも、呉服商を営んでいた生家の影響は大きいようです。「紅白梅図屏風」にも立涌形式が活用されているといいます。紅白梅の枝に注目すると対立する凹凸の両方の幹があります。

白梅の根は下向きの弧を描き、紅梅の根は上向きの弧を描きます。小枝に関しても、逃げるような弧を描くときもあれば追うような小枝の弧など無数の小枝の照応するところは光琳の優れた技といえるようです。

「紅白梅図屏風」に共通する構図の絵

「燕子花図」根津美術館蔵

「紅白梅図屏風」でも見られる装飾性や構図に近い作品の中のひとつが「燕子花図」です。燕子花には、『伊勢物語』の在原業平が京の都から東へ下る途中で三河の八つ橋一面に咲き誇った燕子花を見て、都への思いを
「唐衣 着つつなれにし つましあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ(何度も着て身になじんだ唐衣のように、長年なれ親しんだ妻が都にいるのに、その妻を残してはるばる来てしまった旅のわびしさをしみじみ感じる)」
と詠んだあとで皆が涙をしたという場面からきています。この場面の燕子花の風景だけを描いています。光琳は、燕子花を特に好んでいたようで燕子花の小袖、陶画、蒔絵、うちわ絵など数多く存在します。

アメリカのメトロポリタン美術館には光琳筆と思われる六曲一層の燕子花の屏風もあります。この燕子花の図案的な描き方は、やはり雁金屋の息子という装飾性があり、素描だけを見ても光琳の能力の高さがうかがえます。

そして、光琳、幹山兄弟が好んだ花の中には立葵もあります。二曲一層の金箔「立葵図」を見てみても「紅白梅図屏風」同様の円弧を結ぶ弧の連動と立涌形式を用いた構図で描かれています。

「立葵」

もともと「立葵図」は、九条家に伝来していたもので「孔雀図」と表裏の衝立装だったそうです。「孔雀図」は、円形の曲線の構図で描かれているのに対し「立葵図」は、直線の並列が特徴です。

金箔地に緑、白、赤で調和の取れた描写方法は、装飾性も強く光琳ならではの見事な美しさを出しています。また、光琳みずからノミで印象を彫っている作品にも葵の花がいくつか存在します。

「紅白梅図屏風」の梅の花もまた光琳のこだわりが垣間見えてきます。「紅白梅図屏風」をよく見ると梅の花は満開ではなく、ほとんどが蕾で一輪ほどしか咲いていません。

しかし、緻密なまでの線や円形の連続に金地であることを計算して描いているので梅が華やかに見えてくる点でもこの絵の完成度の高さがわかります。

光琳の「紅白梅図屏風」などに込めた想いとは

「風神雷神図屏風」尾形光琳筆

「紅白梅図屏風」は、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」を意識した作品ですが、宗達にない装飾性や春の訪れを感じさせる生命力があります。

そして、宗達を越えようとする意気込み、光琳だから出せるさっぱりとした俗気のない美しさ、粋な感性や才能が最高傑作を作り出したと言われています。

光琳は、父親の遺産を使い果たし豪遊したあげくお金に苦労をしたと言われていますが、生まれながらの貴族性や洗練された趣味、遊びのすべてが独創的な光琳芸術につながっていったのではと考えられています。

「琳派」の継承は現在でも受け継がれているのは、光琳自身の執念や粋な人間性が作品の中からも見え、光琳の魅力に惹き込まれるからなのかもしれません。光琳の画家生活は、20年間で59歳の若さで亡くなっています。

しかし、光琳芸術は今でも色褪せることなく生き続けているようです。ぜひ、尾形光琳の作品を見るときの参考にしてみてください。

尾形光琳の緻密な計算から出来た『紅白梅図屏風』と卓越された絵の数々

「紅白梅図屏風」国宝 MOA美術館蔵

尾形光琳の晩年の作品「紅白梅図屏風」は、彼の人生をかけた集大成といわれている作品です。その構成は、すべて緻密な計算から出来ています。ここでは、さらに詳しく尾形光琳の「紅白梅図屏風」についてご紹介していきます。

尾形光琳「紅白梅図屏風」の仕掛けをみる

「紅白梅図屏風」(左隻)

金箔地に銀箔をめぐらせ真ん中に水流、両端に若い紅梅に老木の白梅が描かれた「紅白梅図屏風」は、尾形光琳59歳の集大成といわれている有名な作品です。一見単純にも見える色彩対比には、明と暗、直線と曲線、清と濁といった要素があると言われています。さらに「紅白梅図屏風」を詳しく見ていくと実に緻密な計算がなされています。

まず、二曲一双の画面の左右に対象物を置くという構成を見てみても、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」を意識していることは間違えないようです。風神と雷神を変化させたものが紅梅と白梅にあたり、白梅は、金地に薄く色をのせ宗達のたらしこみ技法により老木の粗い木目の特徴を出しています。

さらに紅梅、白梅といった対立する要素を強調するために紅梅は、画面の外へ向かって伸びていき、一方白梅は、画面の外へ出るようでいながら内側へ戻ってくる構図で描かれています。

「紅白梅図屏風」(右隻)

そして、画面中央に上から下に向かって工芸模様の水流があります。この水流は、向かって右側に大きくふたつの曲線と左側の曲線で描かれ上から見た形になっています。ここで、注目する点は、紅梅、白梅それぞれの枝や幹がこの水流の曲線に対応していることです。

白梅の枝が水流の曲線に接しているのに対し、幹は力強く反対の方向へ向かっていき、紅梅は、幹が双曲線を描くように離れていきます。工芸模様の水流自体、渦をまき左右の紅梅、白梅を引き立てる役目ではなく、その存在を強く主張し紅梅、白梅を引き離す効果を生み出しています。

さらに、白梅を漢画系、紅梅を大和絵風にして紅白梅と水流で抽象と具体、明と暗を対立させているようです。

「紅白梅図屏風」の技法が光琳の集大成である秘密

対立した要素を含んだ「紅白梅図屏風」ですが、それぞれがバラバラになっているわけでもなく統一感があり迫力ある大画面構成になっています。実は、「紅白梅図屏風」を見るとこれまでの光琳作品とよく似た絵がいくつか現れてきます。

まず、「紅白梅図屏風」と構成がよく似ている作品に「竹梅図」があります。「竹梅図」は、金箔地の上から墨で描かれています。竹の幹を細くし竹の連続した流れを崩すことなく広がりを見せるような構図になっているのが特徴です。

「竹梅図」は、俵屋宗達の「四季草花下絵和歌巻」に拠っているともいわれていますが、宗達と異なる部分は、奥行きのとり方です。光琳の場合、竹林の中に激しく枝を伸ばす梅樹を描くことで画面の奥行きに変化が出るようにしています。そこに重苦しさがなく光琳の観察力とゆきとどいた感性や技量を見ることが出来ます。

「紅白梅図屏風」にも「竹梅図」の枝ぶりが生かされていますが「紅白梅図屏風」は、水流を造形的に描かくことにより「竹梅図」のような奥行きをなくしている点に違いがでてきています。

そして、右隻、左隻とも対角線の交点が右下にあり、枝を大きく伸ばす梅樹と対象物が描かれているという点で「紅白梅図屏風」に似ているといわれているのが「孔雀図」です。「孔雀図」の中でひときわ目立つのが華麗に羽根を広げた雄鶏の存在になります。

光琳は、孔雀の羽根の造形模様をどうしても見せたくて、雌鳥との対応をもたすために斜めに向いた体に矛盾を感じながらも、あえて正面向きになるように構成しているようです。

さらに、羽根の背後から力強く梅樹の枝を伸ばし、画面に対立した要素を醸し出すようにしています。孔雀の羽根の描写力と鋭さが際立った作品です。「紅白梅図屏風」の構成によく似ている作品はまだあります。

「八ツ橋図」メトロポリタン美術館蔵

それは、光琳作品の中でも有名な絵のひとつの「八ツ橋図」です。「八ツ橋図」は、燕子花の花群の中を画面中央で斜めに橋を置き、二分する構成になっています。

「燕子花」

この構成が「紅白梅図屏風」に似ていると言われているのですが、もうひとつよく似た絵に「燕子花図」もあります。花の描写が細かく丁寧で力強い方が「八ツ橋図」と言われています。

「槇楓図」俵屋宗達筆 山種美術館蔵

「槇楓図」尾形光琳筆

尾形光琳が俵屋宗達の絵を多く模写している中で、「槇楓図(まきかえでず)」という作品があります。光琳は、この絵の模写から枝葉の交錯するおもしろさを学んだと言われています。「竹梅図屏風」でも「槇楓図」のような梅樹が描かれていることがわかります。

光琳は「紅白梅図屏風」の中の枝一本までこだわり、構図ひとつにしても他に動かせない緻密な計算で仕上げているのです。

金箔地に映える梅樹の枝や花、今にも花が咲きそうなつぼみ、洗練された工芸図案の水紋、たらしこみ技法の緑苔、細部の描写のどれをとっても数十年の年月をかけて築き上げた光琳ならではの優れた技量が見えてきます。

「紅白梅図屏風」は、まさに光琳芸術の凝縮といえる作品です。ぜひ、光琳芸術を鑑賞する際の参考にしてみてください。

スポンサー

    ▲ページトップ