ガーデニング

ヤマモモは赤い実がかわいい育てやすい果樹

関連キーワード

ヤマモモは、関東以西では街路樹としても庭植としてもよく栽培され、もともと山に自生している桃のような実がなる木なので「ヤマモモ」といいますが、一般に流通している桃とは別の品種です。実は日持ちがしないので流通していませんが、見た目がかわいらしいだけでなくおいしく食べられます。

放置すると20mの大木に育ってしまいますが、樹高を低めに抑えて育てることが可能なので、光沢のある葉「照葉」と赤い実のコントラストも美しく、病害虫にも強いのでぜひ育ててほしいおすすめの果樹の一つです。

平安時代から食べられていた日本にも自生している木

ヤマモモは関東以西の日本国内や中国南部からインドにかけて自生している雌雄異株の常緑樹で、雌木は完熟してくると真っ赤になる直径3cmくらいの実を一枝に寄り集めたようにつけます。
実がなるのは6〜7月の梅雨時ですが、完熟した実は雨に当たると傷んでしまうので収穫が難しいためあまり流通していません。

公園木や街路樹として関東以西ではどこででもみられるような木で、5月ごろ未熟な果実がぽろぽろおち、実の成熟期になると、落ちた実で木の下が真っ赤に染まります。

実はコロコロとしてかわいらしく目立つのですが、花はあまり目立ちません。
枝先に房状に寄り集まった小さな花が3〜4月ごろ付くのですが、雄花が2〜4cm、雌花は1cmの小さな花穂のため、目に留まりにくい花です。

毎年実をつけるためには実を摘み取る

通常、雌木雄木両方ないと結実しないものですが、暖地ではそこここにヤマモモの木があるため、雌木だけを育てていても問題なく結実します。

毎年実を収穫するためには、ヤマモモに一度にたくさん実をつけすぎると木が疲れてしまって、翌年は前年の一割程度しか実をつけないようになるので、葉5枚あたりに1果になるよう未熟果を摘み取る「摘果」をしますが、観賞用として楽しむ場合や、隔年着果でかまわないのであれば、自然任せでもかまいません。

樹高3〜4mに調整して育てる常緑樹

ヤマモモは剪定しないでいると15〜20mの巨木になりますが、大きくなる前にてっぺんの枝を切り落とす摘芯をすることで3〜4mの高さに樹高を抑えて育てることができます。

ヤマモモの枝は、春・夏・秋の年3回伸びますが、花芽は夏、春に伸びた「春枝」の先端近くにできるので、花芽を温存するためになるべく細かな剪定をせず、剪定は伸びすぎた枝や混み枝を間引いて切り落として樹形を整える程度にとどめておきます。

剪定の適期は3〜4月で、大きくなりすぎないように行う摘芯以外は、あくまで樹形全体を整える程度に留めます。

ヤマモモは種か取り木で増やして

完熟した実を土に埋めておくと、低温で保存しなくても屋外なら低温保存されており、翌春芽を出すものもあるので、種から育ててみるのもおすすめですが、雌木雄木どちらが生えてくるかはっきりしないし、種から育てると実をつけるまで 15〜20年かかるといわれています。

4〜6月に、枝の付け根の皮をはいで、水で湿らせた水苔を巻いた上にビニール袋をかぶせておき、根が出てきたら切り落として苗にする「取り木」をすると、より早く実を楽しめるようになります。

種から育てた木を台木にして接ぎ木することや、挿し木することもできないわけではありませんが、ヤマモモはタンニンを多く含んでいるため接ぎ木は合着しにくく、挿し木は根が出にくく、どちらも難しいとされています。

ヤマモモの実は食べる前に虫出ししてから

ヤマモモにはあまり病害虫の被害はでないため、街路樹も公園木も含めてほぼ無農薬で栽培できますが、実には虫が入っていることがあるので、虫出ししてから食べるようにしましょう。
塩水を作ってその中に実を1時間くらい漬けておくと虫が出てくるので、虫出ししてから食用にします。

未熟な赤くない実は酸味が強いのですが、赤い実は甘ずっぱいおいしさがあります。
実は3cmくらいありますが、種がかなり大きいので、実の部分の厚さはあまりありません。生のまま丸ごと冷凍保存もできます。

完熟したヤマモモの実は日持ちがしないので、収穫したらすぐに虫出しして食べきれない分はすぐに調理するか冷凍保存します。

果実酒に・ノンアルコールでジュースに・ジャムに

虫出しして水気をふき取ったヤマモモの実を氷砂糖とホワイトリキュールやブランデーに漬け込んで果実酒に、ヤマモモの実と氷砂糖だけを漬けてノンアルコールのヤマモモジュースにして、2〜3か月後には砂糖が溶けてきれいな赤色のドリンクができるので、大人も子供も楽しむことができます。

果実酒やジュースに使ったヤマモモや、生のヤマモモを砂糖と煮て裏ごしして種を除いてからヤマモモジャムに、ヤマモモを砂糖水で煮てヤマモモのシロップ漬けにして、スイーツにするのもおすすめです。

実も樹皮も生薬に・樹皮は褐色の染料にも

ヤマモモの実を「楊梅(ようばい)」、樹皮をはいで乾燥させたものを「楊梅皮(ようばいひ)」と言い、生薬としても使われています。
楊梅は健胃・整腸・消化を助ける作用があり、塩漬けを2〜3粒食べると二日酔いに効くといわれていました。
楊梅皮は下痢止めの効果があり、煎じた液は扁桃炎や口内炎などに効くうがい薬として・湿疹かぶれに効く塗布液として使われていました。

実際に使用すると激しい痛みが伴うこともあり、とりすぎるとかえって害になるとも言われているので、安易に自分で処方してみないようにしましょう。

樹皮を煮出した汁で布を染めると褐色に染まり、塩水に強いことから古くから漁網を染めるのに使われていましたが、この色は「媚茶色」として、江戸時代に流行しました。

▲ページトップ