ガーデニング

シャガは歴史的に古い?アヤメとの関係は?

関連キーワード

「シャガ」という花を知っていますか。一見アヤメのようなランのような花を咲かせる花です。薄く紫がかった白地に青い斑点などが入った花で清楚な印象を受ける花です。「シャガ」がたくさん咲いている様子が好きな人も多くいます。

また、アヤメに似ている花ですが、アヤメとの関係が気になります。「シャガ」について詳しく調べてみました。実は、歴史的に古い花でもある「シャガ」ですが、知られていないことも多い花です。

「シャガ」は、中国由来で日本に広まった植物

「シャガ」という名前は変わっていますよね。漢字で書くと「射干」や「著莪」となります。別名では「胡蝶花(こちょうか)」とも呼ばれています。ランにも似たような花なのでそんな名前もついているのでしょう。

アヤメ科アヤメ属の花で、中国東部からミャンマーなどに見ることができ、日本にも自生しています。日本で有名なのは「スジシャガ」で、葉に白い斑が入っているのが特徴です。300年以上も前から日本で栽培されている植物と言われています。

元々、中国産で「射干(シャガ)」の日本語読みですが、本来「射干」は「ヒオウギアヤメ」のことでそれに似ていることから間違って名前が付けられたとも言われています。

「シャガ」という名前は、元々中国産なので変わった名前となっていることがわかりますね。

中国からかなり古くに伝わった植物で、種小名には「japonica(ジャポニカ)=日本の」という文字が使われていて日本ではお馴染みの花になっています。

日本では低地や森林の湿った場所などにたくさん生えているのをよく見かけることができます。丈夫で生育が旺盛なので根が横に伸びて広がっていくために群生している様子が見られるのです。

本州から九州にかけて日本で広く見られる「シャガ」です。名前は知らなくても見たことがあるという人も実は多いのではないでしょうか。常緑の多年草で、葉っぱもスッとしていて特徴的です。下草などにも利用されていて人気の「シャガ」です。

「シャガ」の花はアヤメとどこが違う?

「シャガ」はもちろん花が魅力的で、アヤメに似た花を咲かせます。アヤメとはどこが違うのかといいますと、「シャガ」の花はアヤメや花しょうぶよりも早く4〜5月頃に咲きます。

花も花径5cm位と小ぶりな可憐な花が特徴です。花色は白と薄青の2色しかないのもアヤメとの大きな違いです。花弁は、縁にギザギザがあってフリルのようにヒラヒラしているのが魅力的です。

「胡蝶花(こちょうか)」という別名があるのは、蝶が飛んでいるように花びらがヒラヒラしている様子から付けられているのではないでしょうか。

私たちはちょっと湿った暗い林の中にたくさんの「シャガ」の花をよく見つけることができます。花は1日だけで枯れてしまう特徴もありますが、次々に花が咲いていきますので楽しめます。

何だか儚い野の花といったイメージの「シャガ」の花です。草丈は30cm〜70cmとアヤメとあまり変わらない位あるでしょう。

実は日本に広まっている「シャガ」は実を付けないと言われていてどうやって日本に広まったのだろうと不思議がられてもいます。

また、「シャガ」とよく似た花に「ヒメシャガ」といった、もっと小さな花が咲く山野草もあります。こちらもアヤメ科アヤメ属ですが、「シャガ」と違って冬には地上の葉が枯れてしまう特徴がありますので「シャガ」と区別することができます。

群生する花が人気!

「シャガ」の花は、可憐な姿や群生して一面に咲いている様子が人を惹きつけます。「シャガ」をたくさん植えてみたいと思っている人も多くいます。

1株植えれば、それが半日陰でも丈夫に育っていき、土も選ばずにどんどん増えていきます。

ただ花を咲かせるためには、半日陰でも肥沃な場所であることが大切です。条件が整わない場合には花が咲かないこともありますので注意をしましょう。

人から1株分けてもらって増やしてみるのもいいでしょう。群生させて小さな花々が咲き乱れるのを楽しんでみませんか。

中国青花 シャガ」なども売られていて30cm〜40cmの小さめの青い花の「シャガ」も魅力的です。茂らせて青色の花の「中国青花 シャガ」をグランドカバーにしてみてもいいですよね。

もちろん白い「シャガ」もグランドカバーにすると、白い蝶が飛んでいるような優雅な庭になります。

「シャガ」は古くから親しまれていて群生しているのが魅力

いかがでしょうか。「シャガ」は実は古くから日本で育つ植物で、森林の近くに群生している所もあります。アヤメよりは野趣あふれる雰囲気です。小さな花が咲き誇った様子はとても美しいものです。アヤメとは異なる自然な雰囲気も楽しんでみてはいかがでしょうか。

育てやすく増やすことも簡単な「シャガ」を庭に植えて「シャガガーデン」を作ってみるのもいいかもしれません。「japonica(ジャポニカ)=日本の」といった名前も付くほど日本らしい「シャガ」です。古い歴史もあって親しまれている花ですので庭でもっと楽しんでみてもいい植物と言えます。

▲ページトップ