ガーデニング

多肉植物「ハオルチア」の育て方、増やし方は簡単?

関連キーワード

最近ではいろいろな多肉植物が流行っていますが、「ハオルチア」はちょっと個性的な多肉植物です。変わった多肉植物を楽しみたい時にはおすすめの種類です。
独特な形をしている「ハオルチア」の育て方や増やし方をご紹介します。

「ハオルチア」はどんな種類?魅力は?

「ハオルチア」は南アフリカが原産で約100種類ほどが作られていて様々なバラエティに富んだ種類を見ることができます。

概して、バラの花のような形になる「ロゼット型」の春秋生育型の多肉植物といった点が特徴です。名前は、英国の動植物学者で、多肉植物の専門家の「エイドリアン・ハウォース」の名前から由来しています。

その種類も多い「ハオルチア」は、葉が堅くてシャープな印象の形をしている「硬葉系」と柔らかな葉で透明感がある印象の「軟葉系」に大きく分かれます。どちらもバラの花のように密に葉が放射状に広がっている「ロゼット型」で、きれいな整った姿になることで人気です。

中には、葉の先に半透明な「窓」と呼ばれるような部分があり、その不思議な透明感から光が透けるような雰囲気が魅力となっています。実はこの窓がレンズの役目を果たして光合成をおこなっているとも言われている箇所です。

そうした他の多肉植物にはない独特な魅力を放っているのが「ハオルチア」です。背丈は2〜20cmとなり、大きさも手ごろで育てやすいのも人気の秘密と言えます。

育てるのは簡単?

育て方はというと、多肉植物なので育てやすく初心者でも育てられるのがいい点です。また多肉植物の中でもあまり強い光も必要にしないのでどこにでも置けます。

室内の明るい日陰であれば鉢植えで育つのも魅力です。直射日光に当てない方がよく育ち、瑞々しい特徴を保つとも言われます。

春秋生育型の多肉植物ですので、3月〜6月ごろの春と9月〜11月までの秋が生育期となります。それ以外の夏と冬は水やりを控えて休眠させるようにして育てるのがコツです。

また、土は、水はけのいい土で育てることが大切で、特に夏、冬は休眠期なので水をやりすぎて根腐れをしないように注意をしましょう。

また、アフリカ産のために日本の湿気が多い梅雨も苦手です。湿気に注意をして水やりに気をつけましょう。それさえ気を付けていれば育てるのは簡単です。

透明感のある葉に水分や養分がたくさん蓄えられているとも言われ、見た感じの美しさだけでなくたくましい「ハオルチア」です。個性的な見た目の姿とは違ってとても育てやすい特徴を持っています。あまり人が育てていない変わった「ハオルチア」を育ててみるのもいいのではないでしょうか。

また、種類によって異なりますが、2〜6月頃には花を咲かせます。花は地味なのでどちらかというとあまり鑑賞には値しません。葉を楽しんで育てるのが多肉植物「ハオルチア」と言えます。

「ハオルチア」の増やし方は?

さて、育てるのも簡単な「ハオルチア」ですが、増やし方はというと、株分けや葉ざし、タネをまいたり、根ざしなどでも増やすことができます。時期としては、生育期の3月〜5月、9月〜10月の春と秋頃にこれらを行うのがおすすめです。

株分けは、株が増えたら株分けをして増やしましょう。「ハオルチア」は成長が早いのも特徴ですので鉢に植えていて根が水を吸わなくなったら株分けをするようにしましょう。

また葉ざしは、多肉植物ならではの増やし方ですが、葉を茎から取り外してそのまま土にさして増やします。その際、増やすためのコツとしては、葉のつけ根の部分を必ずつけて取り外すことが大切です。

また、種まきでは、原種をタネで増やしていくこともできます。一部の種類ですが、根をさして増やしていくこともできますので調べてみるのもいいでしょう。

多肉植物ならではの増やし方がありますので増やす方法もいろいろあって楽に増やせるのがいい点です。

いろいろな場所で「硬葉系」と「軟葉系」の違いを楽しむのもおすすめ

「ハオルチア」には葉の硬さによって「硬葉系」と透明感がある印象の「軟葉系」があることをご紹介しましたが、その両者はそれぞれで随分印象も異なります。

「ハオルチア」を育てていくことに慣れたならば、同じ「ハオルチア」でも様々な種類の中の他のものを育てていくのもいいでしょう。バラエティに富んでいますので、「ハオルチア」だけでもいろいろな雰囲気のものを育てることができます。

どれも個性的な「ハオルチア」でそれらを「ハオルチア」だけで鉢に寄せ植えにしても個性が楽しめるでしょう。

しかも室内の明るい日陰で育てられますので様々な場所に置いて楽しむことができます。場所を変えて「硬葉系」と「軟葉系」の「ハオルチア」を分けて楽しんでみるのもいいでしょう。種類が多いために育てる楽しみにも幅がある「ハオルチア」と言えます。

多肉植物初心者でも初めから個性的な「ハオルチア」を楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。部屋のインテリアとしておくのもおすすめの多肉植物と言えます。

▲ページトップ