仏像

石から板へ。卒塔婆は元お釈迦様の墓標

関連キーワード

墓地と言うと連想するのは何でしょう。墓標、お地蔵様、そして卒塔婆と言ったところでしょうか。ところで、この卒塔婆の持つ本来の意味や由来、込められた意味をご存知でしょうか?

語源はストゥーパ

サンスクリット名はストゥーパと言います。意味としては石塔、もしくは仏塔です。
仏教の発生したインドで見られるストゥーパは大概ドーム状で、塔と言った感はありませんが、仏教大国タイでは塔状の石塔が多く存在します。元はお釈迦様の遺骨を納めた骨壷兼墓標でした。

またの名を板塔婆

墓地でよく見られる細長い板状の物を、一般的には卒塔婆と呼びます。
しかし、卒塔婆というものはこれだけではありません。この板状の物は板塔婆と言う「別名があり、あのクニャクニャしたような独特のラインにもちゃんと意味があったのです。おしゃれデザインではありません。

モデルは宇宙を表す五輪塔

モチーフは仏塔を模した五輪塔です。形状は仏教における宇宙を形成する要素、五大を表しています。
てっぺんから空(先端の尖った団子状。尖っていない場合もあります)、風(半月型)、火(三角)、水(円)、大地(方形)を表し死者の供養の為に建てられるようになりました。卒塔婆は、これを細く引き伸ばした形になります。

卒塔婆を立てるタイミング

卒塔婆はいつ立てるか。実はタイミングがあります。
納骨の時が、初めの卒塔婆供養のタイミングです。後は百箇日などの追善供養などの法要で新しくするのです。「ひいお爺さんの三十三回忌で卒塔婆だらけになっちゃったよ」ということはまずありません。
飽くまで卒塔婆とは故人への供養の気持ちなので、場合によっては一まとめにすることもあります。

卒塔婆に書かれていること

やたら達筆な字でこちゃこちゃ書かれていますが、このこちゃこちゃの内容、一体何だと思われますか?
「怖いからあまり見ない」とお思いかもしれませんが、先祖供養の意味合いもありますので、割と大事なことではあります。
宗派にもよりますが、戒名、故人の命日(年月日)、簡単な経文やお題目、聖句や梵字、願主の名前、いつ供養したかの年月日などです。
願主とは仏様に願いをかける人のことを言います。

まとめ

墓地と言うと何だか怖いイメージがあるでしょう。
細長く、読みにくい字体で何か書かれている卒塔婆も恐怖心を持たせるかもしれません。
しかし実態は、故人や先祖を偲び、供養する為の場所なのです。
卒塔婆はお釈迦様を敬愛する人々が立てた墓標が始まりであり、今尚、供養と言う名の見えない親交の証でもあります。
新たな卒塔婆を立てて心機一転、また新たな日々を生きるのが、衆生の務めなのです。

▲ページトップ