仏像

日本独自の山伏と山岳信仰

関連キーワード

ぶぉ〜、とほら貝から独特の音色を奏で、山中で何やら修行をする。そんなイメージを与える山伏。
具体的にこの人たちは何者か、と言えば、山籠もりをしながら仏道の修行をする仏教求道者です。
しかし、何故山籠もりをするのでしょうか?

自然信仰と密教のミックス、山岳信仰

一般的な仏僧と山伏の違いは、まず信仰です。
同じ仏道を志していても、山伏の場合は仏教以前日本人に浸透していた古神道と仏教密教がミックスされた宗教になります。
つまり、神仏習合により日本独自の信仰です。
古神道というのは、いわゆる自然崇拝。あらゆる自然物に神が宿るというもので、山伏の信仰する物は修験道、もしくは修験宗と呼ばれます。
山伏の修行場は寺院ではありません。山で寝泊まりをし、修行をするのです。

何故山なのか

何故山なのか。険しい山を登るのが心身を鍛える、という単純な理由ではありません。
元々山は神聖な崇拝対象でした。水は山から流れて来るし、木の実や動物などのいわゆる「山の幸」も豊富です。
一方で時に火山の爆発も起こる為、あり難いと同時に恐ろしい「異界」物として崇められてきました。
山伏はそんな山で修行をし、山に宿る霊力を受け取って、異界と俗世を繋ぐ一種の懸け橋となり、人々を救うのが目的です。

山伏の出で立ちや修行法など

服装は角張った頭襟(ときん)を被り、麻で出来た法衣(袈裟、鈴懸)を纏い、錫杖や最多角念珠(いらたかねんじゅ)、ほら貝を持つスタイルになります。
ほら貝は「ここにいますよ」との連絡などに使用する物です。
金剛杖や脚絆、火扇など全部で十六の道具を持ちますが、これらは皆不動明王や十界、母胎を表す物です。
修行法としては滝行、断食などがあります。

修験道の祖、役小角

修験道を開いたとされるのが役小角と言う人物。時代としてはなら時代の人物です。
鬼神の前鬼、後鬼を従え、神なる存在、一言主を呪法によって束縛したなどの武勇伝を持ちます。

日本の霊山

【恐山】
青森県にあり、死者を供養したり、イタコによる口寄せ術などで知られます。

【富士山】
日本を代表する山であり、霊山です。火山としても知られており、初夢に見ると縁起がいいと言われるほど畏敬の念を持たれています。

まとめ

鬱蒼とした山。高い山では、日常味わえないような体験が多くあります。
富士山頂から見る御来光も含め、かつての人々が畏敬の念を持つのも当然と言えましょう。

▲ページトップ