ガーデニング

バーベナの種類がかわいらしい!長く魅力を楽しむには

関連キーワード

サクラソウのようなかわいい雰囲気の「バーベナ」が人気となっています。かわいらしくて色とりどりの花を揃えることができるのが「バーベナ」の魅力です。

一年草多年草と種類もある「バーベナ」です。それぞれに特徴もありますので特徴を知った上で育ててみませんか。また種類と香りを楽しむ方法もご紹介します。

スポンサー

バーベナの種類がいっぱい

バーベナ」は、南北アメリカの熱帯から亜熱帯の暑い地方が原産地です。その種類はというと250種類ほどがあります。

実は、日本にも自生していて「クマツヅラ」という品種があります。開花時期が5月~11月などと長いのが特徴でずっと咲き続けてくれるのが嬉しい花です。小さな花がたくさん咲いている様子はとてもかわいらしいものですよね。

花の色は白、赤、ピンク、紫、複色のものなどがあり華やかな印象です。開花時期が長く、夏の暑い時期にもたくさん咲いてくれるのも人気の一つです。サクラソウのように小さな花が集まって咲き、かわいいボール状のような花になります。サントリーが開発した園芸種に 「花手毬シリーズ」などといったシリーズもあるくらいです。

バーベナ」は初心者でも育てやすく、一年草の場合は、耐寒性があまりないのですが、多年草では耐寒性がややないくらいで耐暑性もあり育てやすいのも人気です。

3月~6月にはポットの苗が園芸店に出回りますので購入してみませんか。これらの耐寒性もあって多年草のタイプには多くの品種があります。強いのでグランドカバーに使われたり、ハンギングバスケットで楽しまれることもよくあります。

また、性質としても立ち上がる姿のものとほふく性がある2種類があります。ほふく性のあるものはグランドカバーにぴったりですよね。

葉の形で分けられる場合に「タピアン」という種類もあり、コスモスのような葉をしていて爽やかで繊細な雰囲気の葉も人気の品種です。

ほふく性のあるバーベナの品種は?

ほふく性のある品種があるということですが、「バーベナ・テネラ」などや花が手毬のようになる「花手毬」シリーズなどがほふくせいがあり、庭に植えると一面に広がります。 「花手毬」シリーズは、大きな花房で花つきがよく、ほふくするため庭が花が咲いたカーペットのようになります。耐寒性があって暖かいところならば庭植えをしていても冬も楽しめるのが嬉しい点といえるものです。

スポンサー

香りが楽しめるレモンバーベナも

また、「バーベナ」はシソ類で「レモンバーベナ」といった同じクマツヅラ科の落葉低木ではヨーロッパなどでハーブとして扱われ、フランス語風では「ヴェルヴェーヌ」と呼ばれています。フランス人がハーブティーにもよく使っているのが「ヴェルヴェーヌ」です。

「レモンバーベナ」という名前のものもあり、レモンに似た甘い香りが特徴でハーブティーとして飲まれています。ただあまり長く飲み続けると胃を刺激する可能性がありますので注意をして飲みましょう。たまにリフレッシュに飲むのにはおすすめのハーブティーです。

こちらの「レモンバーベナ」は、花がかわいいだけでなく、ハーブとしても楽しめるのは魅力ですね。

バーベナは育てやすい?

そんな様々な魅力の「バーベナ」を育てる際に大事なことは日当たりと風通しです。また日本のような酸性土壌を嫌いますので植える際には事前に苦土石灰を加えて土を改良してあげることが必要です。

また、乾燥に強く多湿を嫌いますので水はけが悪い土の場合はパーライトなども加えて土壌改良をしましょう。

さらに、「バーベナ」は一年草多年草では育て方も異なるのが特徴と言われています。「バーベナ」は一年草では、鉢植えで育てるのがおすすめで、夏の暑さにはあまり強くないことや耐寒性もあまりないので鉢植えにして場所を移動して育てるのがいい方法です。

また、多年草の場合は、耐暑性、耐寒性がともにあるために鉢植えでなくても庭に植えて育てるのも大丈夫です。

共通して言えることは、一年草多年草もどちらも日当たりがいいところや風通しがいいところを好みますのでそうした場所を選んで育ててみませんか。

スポンサー

長く花を楽しむための育て方の注意は

バーベナ」の魅力であるかわいらしい花をよく咲かせるためには少し注意点もあります。花が咲き終わったらその花茎の付け根からよく摘んであげることが大切です。花殻つみをよくしないと花があまり咲かなくなってしまいますので注意をしましょう。

また、日当たりがいいところに植えるといいましたが、あまり日が当たらないところに植えてしまうと花も咲かないので気を付けましょう。花が咲かない場合にはそれらのことをチェックしてみるようにします。

また、「バーベナ」の形が整わなくなったら、8月に切り戻しをするのがおすすめです。草丈の半分か3分の1程度までに切ってしまうのがいい方法です。葉っぱが数枚残れば大丈夫ですので切り戻しをします。葉っぱがいっぱいになる「バーベナ」ですので切り戻すことで形を整えていくことも大切なことになります。

「バーベナ」の魅力をたくさん長く味わって

いかがでしたか。「バーベナ」は、かわいらしい花で葉も爽やかで魅力あふれる花です。育てやすい花ですので土を改良することで育ててみませんか。また、花をたくさん咲かせるために日当たりや花殻つみを行って育てるのもコツです。

バーベナ」の花でいっぱいの庭を長く楽しんでみませんか。長期間楽しめるのも「バーベナ」の大きな魅力ですよね。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ