ガーデニング

プリムラは種類がいっぱいで育てやすい?苗の選び方は?

関連キーワード

プリムラ」はサクラソウ属でその植物は500~600種があるといわれ、人気となっていますよね。色がなんと紫、赤紫、黄、オレンジ、赤、ピンク、白、青、薄い青、レンガ色、複色などとほとんどの色があるようなカラフルさが魅力です。

花色がはっきりしていてかわいらしいのが印象的な花ではないでしょうか。園芸店やホームセンターでもよく見かけるそんな人気の「プリムラ」の育て方は簡単なのでしょうか。また、いい苗の選び方もご紹介します。

スポンサー

人気のプリムラは育てるのも簡単?

ヨーロッパが原産の「プリムラ」ですが、育てるのはわりと簡単ですが、耐暑性と耐寒性が少し弱いのが特徴となっています。

多年草ですが暑さに弱いために日本で育てる場合は1年で終わってしまうことも多くあります。夏の暑さに弱いので鉢に植えて夏は日陰に移してあげるようにするのもまたおすすめです。

秋から春にかけてと長く花を楽しむことができ、常緑性があるのが「プリムラ」の魅力です。花を長く楽しむには、日によく当てることが大切で、日光が足らないと花があまり咲かなくなったり成長も悪くなったりします。

また、肥料が切れると長く咲き続けないこともありますので注意しましょう。

プリムラ」は乾燥を嫌うために水切れにも気を付けます。水やりでは上から水を遣ると花や葉を痛めてしまうことがあるために株元の土に水を遣るように注意も必要です。

プリムラ」の花や葉は割とデリケートですので水を直接かけないように気を配りましょう。

さらに花殻つみもしっかりやることでよく花も咲くようになります。まめに世話をしてあげることも大切になります。

害虫に関しては、夏にハダニが発生することがありますのでよく見ておきましょう。

そうしたいくつかの注意点はありますが、育てるのは割と簡単ですので、花を長くたくさん楽しむ工夫をしながら育ててみたい「プリムラ」です。

プリムラの種類は花の大きさでも分かれる

多くの種類と花色がある「プリムラ」ですが、例えば「プリムラ・ポリアンサ」はヨーロッパ原産のものが交雑されてできた品種群となっています。

日本では「プリムラ・ジュリアン」などが人気ですが、「プリムラ・ポリアンサ」に赤紫色の小型の品種を交配させて作った品種群が「プリムラ・ジュリアン」です。小型でカラフルな花色が人気となっています。

プリムラ・ポリアンサ」と「プリムラ・ジュリアン」は花の咲き方に違いがあり、「ポリアンサ」は、株元から花茎が出てその先に笠のように花が咲きます。

それに対して「ジュリアン」は、株元で密集したように花が咲きます。元来はこうした花の咲き方に違いがありましたが、今では交配が進み、同じような咲き方にまた変わってきています。

今では2つの品種群の違いは、「ポリアンサ」の花が大きく、「ジュリアン」が小型の花を咲かせるといった花の大きさの違いと言えます。

スポンサー

いい苗の選び方は

プリムラ」の苗は秋から春によく売られていますのでいい苗を選ぶことも大切です。選ぶコツは、根がしっかりして株が大きなもので、緑色の元気な葉がたくさんついているものがおすすめです。

また、つぼみが多く葉っぱが間延びしていないかなどが気を付けて見てみましょう。形の整ったものを選ぶのがコツです。

植える際には、乾燥を嫌いますので水もちがよく水はけのよい土や場所に植えるようにしましょう。

また、苗を買ってきた際に注意をする点は、温室で育てられた苗もありますので特に寒い時に買ってきた場合には急に外に出すのではなく最初は玄関などにおいてから徐々に外に出していくのもいい方法です。

耐寒性が少し弱いので購入時には寒さに慣れるまで気をつけるようにしましょう。

来年も花を咲かせるには

また、夏の暑さが苦手なために一年草としても扱われる「プリムラ」では、来年も花を咲かせるためにもコツがあります。

4月に花が終わったら5月頃に新しい土に植え替えをしてあげることも大切です。土は、赤玉土堆肥腐葉土などを3割ほど混ぜてあげます。株分けできるものは株分けして植えるのもいいでしょう。

上手に植え替えてあげれば株元からまた新しい葉が生えてきます。夏は風通しのいい涼しい所に置いてあげるようにしましょう。元々は、多年草ですので夏を上手に越してあげれば次の年も11月頃からまた花が咲くようになりますので頑張ってみませんか。

スポンサー

プリムラはたくさんの花色を長く楽しんで

プリムラ」の魅力はたくさんの花色があることにもあります。寄せ植えなどもしながらカラフルな色を楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。

暑さ対策をしてあげれば来年の花も期待できますので毎年花を楽しむことができます。冬の寒い時期も花を咲かせてくれるのも嬉しい花です。少し寒さが抑えられるような所で育てるように気を付けてみませんか。

プリムラ」の特徴である長い花の期間を楽しんでみませんか。冬から春にかけて明るくてかわいらしい花色が楽しめてとても魅力的な花ですのでおすすめです。比較的育てやすい花ですので丈夫な苗を選んでみませんか。

プリムラの寄せ植えの楽しみ方は

プリムラは多くの人に人気です。「プリムラジュリアン」と「プルムラポリアンサ」がありますが、どちらも他の種同士を掛け合わせてできた人気の園芸品種となっています。

最近では園芸店で「ジュリアン」や「プリムラポリアンサ」と書かれているのをよく見かけることも多いのではないでしょうか。

冬から春のあまり花がない時期に華やかな赤、白、ピンク、紫、黄色などの色の花が出回り人気の花となっています。そんなプリムラ寄せ植えでの楽しみ方をご紹介します。

プリムラの特徴と鉢植えでの育て方のコツは

プリムラポリアンサ」と「ジュリアン」についてですが、「プリムラポリアンサ」に他の種を掛けて作られたのが「ジュリアン」です。花も株も「ジュリアン」の方が小型の品種になっています。今ではこの「ジュリアン」の方が可憐で人気がある品種となっているかもしれません。

プリムラは、花の周りに葉っぱも丸く放射線状にあり、全体的に可愛らしい印象で鉢植え寄せ植えにも魅力的です。耐寒性もあり鉢植えで上手に育てることができますので寄せ植えをするのもおすすめです。

鉢植えで育てるコツとしては、メリハリをつけた水遣りすることです。特に花が咲いているときは水切れをしないように気を付けるのが育てるコツとなっています。ただ、過湿にならないようにメリハリをつけないと根腐れをしますので注意が必要です。

開花中には特に花や葉に水を掛けないで土だけに掛けるようにも注意をします。意外と葉っぱや花が繊細で、灰色カビ病などにもかかってしまいます。

プリムラをどんな花と寄せ植えする?楽しみ方は?

プリムラは花が鮮やかで鉢植えで上手に育てられますので寄せ植えもして楽しみたいですよね。寄せ植えをする際の注意点としてあまり過湿にならないことが大切ですのであまり水が好きな植物とは寄せ植えをしないようにしましょう。

また、冬から春の12月~4月に花が咲き、暑さに弱い植物でもあります。それらの性格を知った上で相性のいい植物寄せ植えをしましょう。

プリムラと同じ時期に花を咲かせるビオラとの寄せ植えはおすすめです。ビオラは10月下旬~5月中旬に花を咲かせます。ビオラも過湿を嫌い、どちらもある程度寒さに強いので一緒に植えて玄関先に寄せ植えを置いてもいいですよね。ユーフォルビアなどのちょっと背の高いグリーンのものとも一緒に植えるといいでしょう。

・ピンクで色を揃えてピンクのプリムラカランコエ寄せ植えするのもかわいい寄せ植えになります。カランコエも乾燥に強く、冬から春に掛けて咲きますので花の時期も一緒でおすすめです。春を感じる寄せ植えとしてピンクにグリーンの葉っぱをいっぱい植えこんだ寄せ植えもいいものです。

プリムラとクリスマスローズの組み合わせも素敵です。クリスマスローズも1月~3月に花が咲きますので花の少ない早春の寄せ植えにおすすめです。クリスマスローズの柔らかな花の雰囲気もプリムラとよく合いますよね。

背丈が大きくなるクリスマスローズですのでその前にプリムラを植えれば高低差があってバランスのいい寄せ植えになります。クリスマスローズも乾燥気味に育てますので互いにいい相性です。

・白い花とプリムラ寄せ植えを楽しみたいならばマーガレットやニコチアナがおすすめです。かわいい印象で清楚な白い花と鮮やかな色のプリムラを一緒に植えることでお互いの色が引き立ちますね。

マーガレットは11月~5月にたくさん咲きます。背が高いので後ろに植えるといいでしょう。スッとした雰囲気がプリムラと対照的でよく合います。

・ニコチアナは、5月~10月に小さな可憐な花を咲かせます。白や少し緑がかった色などがプリムラとよく似合います。背丈は30cm~100cmと様々ですが、可愛い小花をプリムラの下に植えこんでみるといいでしょう。

プリムラ同士を赤、白、ピンク、紫、黄色などカラフルな色で揃えて一緒に寄せ植えするのもとても楽しいものになります。春到来といった雰囲気を感じる明るく元気な寄せ植えができますよね。

早春に咲く花を探して寄せ植えを

プリムラは、12月~4月の花が少ない時期に咲き、春を感じさせてくれる花です。寄せ植えを楽しむ場合も同じように早春に咲く花をいろいろ探して一緒に植えましょう。

草丈などについてもプリムラは10cm~30cmと背が低い植物ですので後ろに植える背が高い植物を選ぶのもいいでしょう。

手前に植えるものとしては小花のニコチアナや小さな葉っぱのグリーンを入れるのもおすすめの方法です。

プリムラ寄せ植えでは、色の鮮やかな点を活かして華やかに楽しんでみましょう。色を統一したり、白の花を一緒に入れて色を目立たせたりするのもいい方法ですよね。

プリムラの花を次々と咲かせて寄せ植えを楽しんで

日光に当てると次々と花を咲かせてくれるプリムラです。水の管理に気を付けながら水切れをしないようにかつ根腐れにも気を付けて育ててみませんか。

春前に花が咲くと長い期間楽しませてくれるプリムラです。寄せ植えにしてプリムラと一緒に春の到来を存分に楽しんでみましょう。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ