ガーデニング

食べられる?アロマティカスの魅力とは?

2017-12-06

関連キーワード

アロマティカス」という植物を知っていますか。最近多肉植物が流行していますが、「アロマティカス」は葉っぱの形が小さくてかわいらしい印象を与えてくれるぷよっとした多肉植物のような葉っぱが特徴です。

アロマティカス」といった名前から不思議な印象も受けますが、どんな植物なのかについてご紹介していきます。

実は食べられるといわれている「アロマティカス」です。その不思議な特徴について詳しく知って育ててみませんか。

スポンサー

「アロマティカス」とは?かわいらくして育てやすい?

白く柔らかい毛で覆われたぷにぷにした感じもかわいらしい多肉植物の「アロマティカス」は、「アロマ」と名前に付くだけあって香りがいいのが特徴です。実はシソ科でハーブでもあり多肉植物でもあるような不思議な植物です。

ハーブ系の多肉植物とでも言えばいいのでしょうか。葉をこすったりすると特によく香るようになり、ミントのような香りが特徴です。そのまま部屋においておいても香りに包まれます。アロマテラピーなどにも使われる植物です。

インドから南アフリカの暖かい所が原産で、育てやすく日光がよく当たる所で育てるとよく育ちます。多肉植物でよくあるように日光が足りないと間延びして育つようになります。そうならないためにはよく日に当てることが大切です。

寒さには強くないので冬は室内で育てるのがおすすめです。冬の窓周辺の冷気にも気を付けてあげましょう。

育て方としては乾燥気味に育てるのがコツとなっています。水の遣り過ぎには注意をするようにし、冬は特に月に1~2回ほどの水遣りでも大丈夫です。

また、日本の梅雨時の過湿などは苦手のためこの時期に枯らしてしまうことがあります。梅雨時の水遣りには充分注意をしましょう。夏は葉っぱの間引きもして風通しをよくするなど蒸れないように工夫してあげることも大切です。

「アロマティカス」は食べられる?

アロマティカス」は大きさは20cmから大きくなると50cmほどにもなります。しかし、50cmも株が大きくなると茎が固くなり香りがあまりしなくなると言われています。 香りを楽しむならば小さく育てるのがコツです。

また、中南米では食用にされている「アロマティカス」です。ぷにぷにとした葉は美味しそうでもありますよね。同じ食べられる植物の「アイスプランツ」にもちょっと似てるように見えませんか。見ているだけでもかわいらしい葉をしています。

日本では、ハーブとしてレモンウォーターなどに入れて飲んだりする人も多いようです。ハーブティーとして楽しんでもいいようですね。水に入れてもほんのり甘みが楽しめます。ハーブとして野菜などの上にのせて楽しむこともできます。

いろいろな使い方ができそうですので育ててみると楽しみな「アロマティカス」です。見た目もかわいくて食べたり、ハーブティとしても楽しめるなど魅力にあふれていますね。

スポンサー

「アロマティカス」の香りをもっと楽しむ方法は

ハーブティなどで飲んで香りを楽しむだけでなく、「アロマティカス」を香水代わりに楽しむ方法もあります。

香水をつけるように葉っぱを手首にこすって香りを移すことでミントのような甘い香りが漂います。香りは長続きはしないのですが、爽やかな香りを楽しむにはおすすめです。

匂いが気になる台所の生ごみなどにもちぎって入れておくとおすすめです。芳香剤のような役目で使ってみませんか。

家で育てることでこんな風に応用範囲が広がるのも嬉しいものでしょう。いつでも葉っぱは収穫できて使うことができますので季節を問わず便利です。

「アロマティカス」は苗で購入

そんな「アロマティカス」は苗を買ってきて育てましょう。あまり見つけることができない場合はネットなどでも売っていますので購入してみてはいかがでしょうか。

小さくてかわいい葉っぱのため育てにくそうな見た目ですが、初心者でも育てやすく苗から育てることができます。

また、人から株分けでももらうことも簡単にできます。自分でも大きくなったら茎から折って水に挿しておくだけで根が出て増やせます。これを土に植え替えて挿し木で増やすことが簡単にできます。

小さく育ててたくさん増やすのがよく香る「アロマティス」のいい育て方です。

スポンサー

アロマティカスの増やし方は簡単!?

ふっくらとした葉がかわいらしいアロマティカスをもっと増やしたいと考えた場合にその増やし方は簡単なのでしょうか。多肉植物のようでもある葉っぱが魅力のアロマティカス多肉植物とハーブの両方に分類される面白い植物です。
多肉植物の葉っぱのぷよっとしたかわいらしさと香りがいい葉の両方の魅力を楽しんでみませんか。そんなアロマティカスを具体的に増やす方法についてまとめてみました。

アロマティカスの増やし方は?

シソ科のハーブのアロマティカスは、葉っぱに特徴があり人気も高い植物ですが、増やす場合には株分けと挿し木と葉挿しの3通りがあります。
意外と簡単に増やすことができますので試してみませんか。挿し木の方法ですと、アロマティカスの生育期の春に挿し木をします。
枝の先の方を2節~3節の長さにハサミでまず切り取ります。次に下の方に付いている葉っぱをなるべく取って少なくしながらそっと土に挿しましょう。土に挿す前に切り取った枝を水に少しつけておくとより根付きやすくなりますのでおすすめです。
土は清潔な土にし、観葉植物の土か多肉植物の土の水はけのいい土に挿します。挿した後はたっぷり水をあげ、しばらくは半日陰かつ風通しのいい場所に置いて育てるようにしましょう。2週間ほどで根付きます。新芽が出たら植え替えると完了です。
また、挿し木で根が出てきたアロマティカスハイドロカルチャーに植え替えて室内で育てるのもいい方法でしょう。ハイドロカルチャーに植えることで清潔に簡単に育てることができますのでインテリアのような感覚で気軽にかわいいアロマティカスを育てることができます。ハイドロカルチャーアロマティカスをキッチンなどに置いて楽しむのもおしゃれでいいですよね。
気軽に育てることができますので、挿し木で小さいサイズのアロマティカスをたくさん増やしてみるのも楽しみになりますよね。

水挿しでも増やすことも可能!

アロマティカスは水挿しでも増やすことができ、水を定期的に入れ替えて清潔な水を保つことで1週間ほどで根が出てきます。水の中でほんの小さな根が出てくるのがわかりますのでよく観察しておきましょう。
水挿しの場合は、根の状況がそのまま見えるのがいい点ですよね。今、根がどのような状態にあるのかをしっかり観察することができますので経過観察ができます。
一度根が出始めると水挿しでも見る間に根が増えていきますので楽しみです。2週間ほど経つと水の中でたくさんの根が伸びている様子を見て取れるようになります。茎からも脇芽が出ているのを観察することができるようになります。

アロマティカスの株分けの方法は

アロマティカスは葉っぱがたくさんあってかわいいのが特徴ですが、株が大きく成長していくにつれて葉っぱが密集してきます。そうなると株の中の方まで光が届かなくなりますので、葉っぱが群れて黄色くなり枯れてくるようになります。下葉が落ちてきます。 あまりに伸びすぎてきたら葉っぱをすいてあげたり、株分けをしてあげたりするのはおすすめです。 また、アロマティカスはあまり大きくなると木化してしまいますので早めに株分けして小さくかわいく育てるようにしましょう。 株分けの具体的な方法としては、まず大きくなってきたら全体の樹形を整えておきます。そこから株分けをするために土から抜き、半分に株を分けます。その後、分けた根っこについている土をくずしながらこれまでと同じ大きさの2つの鉢にそれぞれ植えます。新芽が出るまでは挿し木の時と同じようによく水をやりながら日陰で育てるようにします。

アロマティカスの育て方や樹形の整え方は?

その後は、日の当たる所に置いて育てるのがおすすめです。アロマティカスは、夏の屋外では急に直射日光に当てないように注意をして育てましょう。少しずつ慣らしていくと夏の屋外でも大丈夫になりますので徐々に日向に出していきましょう。
日陰でも育ちますが、きれいな葉の色を保ったり、茎が間延びしたりしないためにはしっかりとやはり日光に当てることが大切です。
また、アロマティカスを増やす場合の樹形の整え方についても工夫をしましょう。アロマティカスは葉っぱがたくさんになるのがかわいらしいので、摘心をしながら脇芽をたくさん作ってあげるようにしましょう。そうすることでこんもりとしたかわいらしい姿になります。
株元から枝が伸びることで、下の方からボリュームがあるように育ててあげるのがいい方法です。

アロマティカスを増やすのは簡単、小さなアロマティカスをたくさん増やして

アロマティカスの増やし方は簡単で、株分け、挿し木、水挿しなどで増やすことができます。どの方法も簡単にできますので小さなアロマティカスをたくさん増やしてみませんか。 あまり大きくならないうちに増やしていくのがおすすめです。ハイドロカルチャーなどで育てていくようにすると室内でもたくさん育てやすくなるかもしれませんね。
かわいらしいアロマティカスを増やしてもっと魅力を堪能しませんか。キッチンから香りがするのもいいですよね。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ