小物

初心者でもこんなに色鮮やか!押し花作りで楽しむ季節の花

関連キーワード

色とりどりの季節の花や結婚式のブーケのような思い出の花など、このまま枯らしてしまうのはもったいない花は、押し花にするともっと長く楽しむことができます。でも、いざ作ってみるとなんだか茶色くなってガッカリ……という経験はありませんか?

そんなあなたのために、この記事では正しい押し花の作り方や色鮮やかに仕上げる秘訣をお教えします。ポイントをおさえて、もっと押し花を楽しみましょう。

スポンサー

押し花に向いている花は?

押し花は花を乾燥させて作るものですので、単純に乾燥しやすいものほど押し花にしやすくなります。乾燥しやすい花の特徴は、以下の4つです。

・花びらが薄い
・水分が少ない
・花びら同士の重なりが少ない
・大きすぎない

具体的には、パンジーやビオラ、コスモス、ポピー、ミモザ、かすみ草、シバザクラ、ハーブ類などが乾燥しやすい初心者向きの花です。チューリップやバラのように花びらの数が多く重なっているものは、一旦分解して乾燥させたあと組み立てるなど特別な手順が必要になりますので、初心者にはおすすめできません。意外なところでは小学校の夏休みの宿題でおなじみのアサガオも花びらのつき方が特殊なため難易度が高めです。

また、該当の花であればどれでも良いというわけではなく、できるだけ新鮮で傷のない花を選ぶことも重要になります。特に白い花は、わずかな傷であっても押し花にすることで茶色く変色して目立ちやすくなってしまうので注意が必要です。花のピークが終わってから押し花にするのではなく、ピークのうちに押し花にするように心がけましょう。

出来栄えを決める!押し花の下処理

色鮮やかで綺麗な押し花を作るためには、下処理が重要です。一手間かけて下処理を行なっておくことで、仕上がりもぐんと美しくなります。しっかりと処理しておきましょう。 

まず、花の部分だけを押し花にする場合は茎は花の根元から切り取ります。茎を残す場合や花に厚みのある場合、横から見た状態で押し花にしたい場合などは、厚みのある部分や水分を多く含んでいる部分をカッターナイフなどで削いで薄くしておきましょう。厚みをなくすことで、より早く乾燥させることができます。切りっぱなしになってしまいますが、見えない部分なので問題ありません。

スポンサー

押し花の基本的な作り方

下処理が終わったら、いよいよ押し花作りのスタートです。押し花を作る方法としては、紙の間に挟んで重しを乗せる昔ながらの方法以外に、電子レンジやアイロンを使って短時間で完成させる方法があります。

電子レンジやアイロンを使う方法は短時間で完成されられるので色あせが少ないというメリットがありますが、使用する機器や花の状態によって花が焦げてしまったりうまくできなかったりするので、基本的には以下でご紹介するような昔ながらのやり方がおすすめです。

◆用意するもの◆
・ティッシュ、キッチンペーパー、花和紙などの薄紙
・新聞紙
・重し(2kg程度・花の量によって増減する)
・漫画雑誌や電話帳など厚みがある本か板や段ボールなど平面を保てるもの

◆押し花の作り方◆
1. 新聞紙の上に薄紙を敷く
2. 薄紙の上に下処理を行なった花を重ならないように並べる
3. 花の上に薄紙を乗せる
(押し花にする草花の量が多い場合は、2〜3を繰り返して重ねる)
4. 新聞紙を乗せる
5. 本や板を乗せ、その上に重しを乗せる
6. 1週間〜10日後、花が完全に乾燥したら出来上がり

重しがない場合は本や段ボールで1?4を挟み、紐やゴムでしっかりと固定しておくと良いでしょう。花が完全に乾燥しているかどうかは、薄紙の上から触って確認することができます。完全に乾いているとほのかに温かみを感じ、花は紙のようにペラペラになっています。もし触って冷たく感じるようでしたら、まだ乾燥しきっていません。特に乾燥に時間のかかる花の中心や葉などで確認しましょう。

なお、押し花を直接手で触ると手の水分が押し花に吸収されてしまいますので、乾燥後は素手では触らずピンセットを利用するようにしてください。

色鮮やかな押し花を作る秘訣

さて、ここまで押し花の下処理や基本的な作り方をご説明してきましたが、このまま作ると多かれ少なかれ色あせた押し花ができあがってしまいます。押し花を褪色させてしまう原因は、湿気や紫外線です。花の乾燥が早ければ早いほど褪色を抑えることができるので、色鮮やかな押し花を作るためには以下の3つの工夫を行いましょう。

1. 薄紙は乾燥シート(乾燥マット)がオススメ
乾燥シート(乾燥マット)とは、押し花専用に作られている薄紙です。吸水力に非常に優れており、ティッシュペーパーやキッチンペーパーなどよりずっと早く花の水分を吸収することができます。

2. 薄紙はこまめに取り替えよう
薄紙は花の水分を吸収して湿気てきます。吸収力に優れた乾燥シート(乾燥マット)を使用した場合、水分の多い花であれば半日程度でシートがすっかり濡れてしまうくらいです。湿気た薄紙をそのまま使用していては乾燥に余計に時間がかかってしまうので、面倒でもこまめに薄紙を新しいものと取り替えて、常に乾燥した状態を保つようにしましょう。

3. ビニール袋に入れて空気中の湿気をガードしよう
水分は花だけでなく空気中にも含まれています。この空気中の湿気が花に移ってしまわないように、重石を乗せた状態でビニール袋に入れて湿気が入り込まないようにしましょう。乾燥シート(乾燥マット)を使わない場合は、お菓子や乾物に入っている乾燥剤を一緒に入れておくとより効果的です。

また、押し花が完成した後も密封して直射日光の当たらない場所で保管するとある程度褪色を防ぐことができます。しかし、完全に乾燥していても植物であることに変わりはありません。どのような処理を行なったとしても、時間の経過とともに徐々に色が褪せてしまいます。この変化も押し花の味であると捉えて楽しんでください。

もしどうしても色が変わってしまうのが嫌だという場合は、色あせ防止剤を使ってみましょう。「押し花の薬 夢花<むか>」をはじめ、様々な色あせ防止剤が専門店やネットショップで販売されています。完全に褪色を止めることはできませんが、何もしないよりはずっと色が長持ちします。

押し花なら季節の花や記念の花をより長く楽しむことのできます。手間も時間もかかりますがその分愛おしさも増すので、「このまま枯れてしまうのはもったいないな」と思うような植物に出会ったら、ぜひ押し花にしてみてください。できあがった押し花を飾ったり、しおりや絵画などを作るのも楽しいですよ。

スポンサー

レジン押し花アクセサリーを作る2つの方法。大人可愛い小物づくり

好みのパーツを閉じ込めてオリジナルのアクセサリーを作れるレジンは、手軽に自分の世界観を表現できるハンドクラフトとして人気を集めています。中でも、押し花を閉じ込めた作品はまさに自然を切り取って閉じ込めたような独特の雰囲気があり、華やかさの中にも品のある大人可愛い仕上がりになるのが魅力です。

あなたも押し花とレジンで一味違ったアクセサリーや小物を作ってみませんか?

使用する押し花

封入する押し花は、花屋で買ったものや自分で摘んだものから自作しても構いませんし、最近では手芸店や100均で封入用の押し花(ドライフラワー)が販売されているのでそれを使用しても良いでしょう。

自作の押し花を使うメリットは、なんといっても花の種類や大きさ、色を自由に選ぶことができるという点です。理想の押し花を用意することができるため、自分のイメージ通りの作品を作ることができます。ただ、押し花を作るための手間や時間が必要となりますし、市販のものと比較するとどうしても色が悪くなってしまいがちです。「押し花の薬 夢花<むか>」などの色あせ防止剤を使用したり、一旦乾燥させてから色水を吸わせて染色し再び乾燥させるなどすると色あざやかな押し花を作ることができます。

市販されている押し花は、染色されているものも多いためカラーバリエーションが豊富で発色も美しいのが特徴です。染色されているものは自然の色合いではなくなってしまっていますが、インパクトがありより華やかな作品作りに役立ちます。花だけでなく、茎のついたものやリーフも豊富です。

なお、押し花は「完全に乾燥しているものを使う」のが鉄則です。わずかにでも水分を含んでいると気泡ができやすくなってしまいますし、何よりレジンの中でカビてしまう恐れがあります。自作の押し花はしっかりと乾燥させてから使うのももちろんですが、市販のものでも空気中の湿気を吸収してしまわないように保管方法に気をつけましょう。

レジンに必要な材料・道具

レジンは初めてという方の場合は、レジンに必要な材料や道具も用意する必要があります。

・レジン液
レジン液には1液だけで完了するUVレジンと2液を混ぜて使用するエポキシレジンがあります。初めのうちは使用方法が簡単で紫外線に当てることで短時間で硬化させることができるUVレジンがおすすめです。

レジン液は100均でも手に入りますが、質の悪いレジン液は気泡ができやすく黄色く変色(=黄変)する早いので、できるだけ質の高いレジン液を選ぶようしましょう。粘度の高いものよりサラッとした粘度の低いものの方が気泡ができにくいです。

・UVライト
UVレジン液を硬化するために使用します。太陽光でも硬化できますが、時間がかかったり天候に左右されてしまうので、2000円程度の安いものでも構わないので用意しておくことをお勧めします。セルフでジェルネイルを行なっている方なら、ジェルネイル用のライトを流用しても構いません。

・爪楊枝
レジン液内にできてしまった気泡を潰したり、レジン液にラメを混ぜたり染色するときに使用します。爪楊枝でなくても、目打ちなど細い棒状のものであればなんでも構いません。

・ピンセット
小さなパーツを配置するときに使用します。レジン液に直接触れると体質によっては手指が荒れたりアレルギーを発症することもありますので、必ずピンセットを使用してパーツを配置してください。

・シリコンマット
レジン液はシリコンにはくっつかないという性質があります。万が一レジン液がこぼれてしまった場合でも、シリコンマットが敷いてあれば安心です。クリアファイルで代用しても構いませんし、トレーシングペーパーやクッキングペーパーを使用しても良いでしょう。

・その他のパーツ
押し花だけでなくラメやラインストーンなど他の素材も封入したい場合は別途用意しておきましょう。

押し花でレジンアクセサリー&小物を作ってみよう

材料と道具が揃ったら制作開始です。押し花でレジンアクセサリーを作る場合、押し花をレジンでコーティングして花の形を生す方法と、レジンの中に押し花を封入してしまう方法の2つのパターンが考えられます。

押し花をコーティングする場合、シリコンマットの上に花のサイズに合うように薄くレジン液を伸ばし、その上に表を上にして押し花を置きます。レジン液を少量押し花の中心に乗せて爪楊枝などで表全体に伸ばしたら硬化。レジン液は多少花からはみ出してしまっても構いません。厚く塗ればぷっくりとした平面に、薄く塗れば硬化時に反り返って少し立体感が出ます。

硬化したら裏も同じように作業し、もう一度表をコーティングして硬化させれば完成です。押し花は非常に繊細で破れやすいので、レジン液を伸ばすときに花びらに触れないように気をつけましょう。

アクセサリーにするために丸カンなどの金具を付ける場合は、目打ちなどで穴を開けるか裏側にレジンを塗るときに金具も一緒に接着してしまいましょう。穴を開けるときに失敗すると取り返しがつきませんので、一緒に接着してしまう方法の方をおすすめします。

ミール皿やモールドなど型を使って押し花を封入するなら、まず型に少量のレジンを伸ばしてから奥行きを意識しながら押し花やその他のパーツを配置し、レジンを流して硬化する作業を繰り返していきます。

スマホケースなどの小物は、コーティングと封入の中間のような手順で作っていきます。まずケースにレジン液を伸ばして押し花などを配置し、その上に少しずつレジン液を伸ばしては硬化していきましょう。

押し花もレジンも永遠のものではないと心得よう

どのように質の高い材料を使っていかに丁寧に作ったとしても、時間の経過とともに押し花は褪色し、レジンは黄変していきます。永遠にその姿をとどめておくことはできないということを知っておきましょう。徐々に上品でアンティークな色合いに変わっていきますので、その変化も楽しんでください。

ジェルでもマニキュアでも!セルフでできる簡単かわいい押し花ネイル

押し花やドライフラワーを使った「押し花ネイル」をご存知ですか?
ネイルシールや手書きとは違うリアルな可愛らしさが人気のネイルデザインです。押し花ネイルにする人が増えるのはやはり花の季節である春ですが、夏は爽やかなブルーにするなどカラーリング次第で季節を問わず楽しむことができます。しかもセルフでもできるとなれば、やってみない手はありませんよね。

いくつかのポイントを押さえておけば、ジェルでもマニキュアでも押し花ネイルはできます。ぜひ指先を可憐に飾ってみてください。

押し花はネイル用に市販されているものがおすすめ

使用する押し花は、自作したものよりもネイル用のデコパーツとして市販されているものをおすすめします。もちろん自作の押し花やドライフラワーを使用しても構わないのですが、自作の押し花はどうしても色がくすんでしまいがちです。市販のものは鮮やかに染色されていてカラーバリエーションも豊富なので、幅広いデザインに対応することができます。

初めのうちはあじさいのような大きめの花ではなく、コデマリやかすみ草、レースフラワーなど爪からはみ出さないサイズの小さいものを選びましょう。レースフラワーのようにたくさんの花が根元で繋がっているようなものは、使用する分だけハサミで1本ずつに切り分けておきます。コデマリのような平らな花は、あらかじめ指の上で爪楊枝のお尻を使って裏からグッと押し込んでおくと、花が湾曲して爪の形に合わせやすくなりますよ。また、押し花は必ずピンセットを使って配置してください。

使用したい押し花とネイルに必要な材料・道具を揃えたら、いよいよ押し花ネイルを作ってみましょう。

ジェルで作る押し花ネイル

ジェルネイルは押し花ネイルと相性抜群です。押し花の浮きや空気の侵入、ジェルネイルのリフト(=剥がれてしまうこと)に注意して作業しましょう。

1.ベースジェルを塗って硬化し、未硬化ジェルを拭き取る
2.ベースカラーを2回塗って硬化する
3.クリアジェルを塗り、押し花を配置してから硬化する
コデマリのような多少大きさのある花の場合、クリアジェルを気持ち多めに塗っておくと花を埋め込みやすくなります。配置した花が浮いてしまうようであれば、爪楊枝やウッドスティックで優しく押さえてください。
4.もう一度クリアジェルを塗って硬化する
クリアジェルで押し花を埋め込みます。押し花の周りは特に空気が入りやすいので注意しながら塗りましょう。使用するクリアジェルは硬めのものをおすすめします。そうでない場合は何度か重ね塗りすると安心です。
5.トップコートを塗って硬化すれば完成

押し花以外にネイルシールや他のデコパーツも使用したい場合は、4で押し花をしっかりと埋め込んだあとにデコパーツを配置してから5に進みましょう。また、硬化後は未硬化のジェルをきちんと拭き取ります。

空気が入ると爪の炎症やトラブルの原因となりますので、きちんと密封するように意識してジェルを塗ってください。配置する花の数が増えると空気も入りやすくなってしまいますので、最初は花の数を少なめにして、慣れてきたら徐々に色々なデザインに挑戦すると良いでしょう。

マニキュアで作る押し花ネイル

押し花ネイルはパーツを埋め込めるジェルネイルで行われることが多いのですが、もちろんマニキュアでも作ることができます。

1.ベースコートを塗る
2.ベースカラーを2回塗る
3.ベースカラーが乾かないうちに押し花を配置する
乾いていないベースカラーが接着剤の役割をしてくれます。
4.トップコートを塗って乾かしたら完成

空気が入らないように注意しながら塗りましょう。押し花が浮いてしまう場合は、爪の上からラップで押さえて定着させます。押し花が一緒に剥がれてしまう恐れがあるので、ラップはトップコートがしっかりと乾いたことを確認してから外すようにしてください。

その他のデコパーツを使用したい場合はトップコートを塗って乾かしたあとに配置し、再びトップコートで仕上げてください。使用するなら、接着生のあるネイルシールをおすすめします。

マニキュアで綺麗に押し花ネイルを作るコツは、ベースカラーが乾かないうちに押し花を配置することに加え、トップコートに速乾性のない厚めのものを使用することです。

押し花ネイルは2〜3週間でオフしよう

通常のネイルアートと同様に、押し花ネイルも時間の経過とともに徐々に剥がれてきてしまいます。爪のトラブルを避けるためにも、2〜3週間でオフするようにしましょう。また、押し花は紫外線により退色するため、環境によっては2?3週間のあいだに色味が変化することがあります。

一見難しそうな押し花ネイルですが、ポイントさえ押さえておけばセルフでも十分可能です。かすみ草でブーケを作ってみたり、ドットのように配置してみたり、ネイルシールなどのデコパーツと組み合わせて世界観を表現したりと、アイデア次第で多様なデザインが可能です。SNSなどでもたくさんの人がセルフ押し花ネイルを公開しているので、それを参考にデザインを考えてみても良いですね。ジェルでもマニキュアでも楽しめる押し花ネイルに、ぜひ挑戦してみてください。

スポンサー

    ▲ページトップ