手芸

ジェルでもマニキュアでも!セルフでできる簡単かわいい押し花ネイル

2017-12-15

関連キーワード

押し花やドライフラワーを使った「押し花ネイル」をご存知ですか?
ネイルシールや手書きとは違うリアルな可愛らしさが人気のネイルデザインです。押し花ネイルにする人が増えるのはやはり花の季節である春ですが、夏は爽やかなブルーにするなどカラーリング次第で季節を問わず楽しむことができます。しかもセルフでもできるとなれば、やってみない手はありませんよね。

いくつかのポイントを押さえておけば、ジェルでもマニキュアでも押し花ネイルはできます。ぜひ指先を可憐に飾ってみてください。

押し花はネイル用に市販されているものがおすすめ

使用する押し花は、自作したものよりもネイル用のデコパーツとして市販されているものをおすすめします。もちろん自作の押し花やドライフラワーを使用しても構わないのですが、自作の押し花はどうしても色がくすんでしまいがちです。市販のものは鮮やかに染色されていてカラーバリエーションも豊富なので、幅広いデザインに対応することができます。

初めのうちはあじさいのような大きめの花ではなく、コデマリやかすみ草、レースフラワーなど爪からはみ出さないサイズの小さいものを選びましょう。レースフラワーのようにたくさんの花が根元で繋がっているようなものは、使用する分だけハサミで1本ずつに切り分けておきます。コデマリのような平らな花は、あらかじめ指の上で爪楊枝のお尻を使って裏からグッと押し込んでおくと、花が湾曲して爪の形に合わせやすくなりますよ。また、押し花は必ずピンセットを使って配置してください。

使用したい押し花とネイルに必要な材料・道具を揃えたら、いよいよ押し花ネイルを作ってみましょう。

ジェルで作る押し花ネイル

ジェルネイルは押し花ネイルと相性抜群です。押し花の浮きや空気の侵入、ジェルネイルのリフト(=剥がれてしまうこと)に注意して作業しましょう。

1.ベースジェルを塗って硬化し、未硬化ジェルを拭き取る
2.ベースカラーを2回塗って硬化する
3.クリアジェルを塗り、押し花を配置してから硬化する
コデマリのような多少大きさのある花の場合、クリアジェルを気持ち多めに塗っておくと花を埋め込みやすくなります。配置した花が浮いてしまうようであれば、爪楊枝やウッドスティックで優しく押さえてください。
4.もう一度クリアジェルを塗って硬化する
クリアジェルで押し花を埋め込みます。押し花の周りは特に空気が入りやすいので注意しながら塗りましょう。使用するクリアジェルは硬めのものをおすすめします。そうでない場合は何度か重ね塗りすると安心です。
5.トップコートを塗って硬化すれば完成

押し花以外にネイルシールや他のデコパーツも使用したい場合は、4で押し花をしっかりと埋め込んだあとにデコパーツを配置してから5に進みましょう。また、硬化後は未硬化のジェルをきちんと拭き取ります。

空気が入ると爪の炎症やトラブルの原因となりますので、きちんと密封するように意識してジェルを塗ってください。配置する花の数が増えると空気も入りやすくなってしまいますので、最初は花の数を少なめにして、慣れてきたら徐々に色々なデザインに挑戦すると良いでしょう。

マニキュアで作る押し花ネイル

押し花ネイルはパーツを埋め込めるジェルネイルで行われることが多いのですが、もちろんマニキュアでも作ることができます。

1.ベースコートを塗る
2.ベースカラーを2回塗る
3.ベースカラーが乾かないうちに押し花を配置する
乾いていないベースカラーが接着剤の役割をしてくれます。
4.トップコートを塗って乾かしたら完成

空気が入らないように注意しながら塗りましょう。押し花が浮いてしまう場合は、爪の上からラップで押さえて定着させます。押し花が一緒に剥がれてしまう恐れがあるので、ラップはトップコートがしっかりと乾いたことを確認してから外すようにしてください。

その他のデコパーツを使用したい場合はトップコートを塗って乾かしたあとに配置し、再びトップコートで仕上げてください。使用するなら、接着生のあるネイルシールをおすすめします。

マニキュアで綺麗に押し花ネイルを作るコツは、ベースカラーが乾かないうちに押し花を配置することに加え、トップコートに速乾性のない厚めのものを使用することです。

押し花ネイルは2〜3週間でオフしよう

通常のネイルアートと同様に、押し花ネイルも時間の経過とともに徐々に剥がれてきてしまいます。爪のトラブルを避けるためにも、2〜3週間でオフするようにしましょう。また、押し花は紫外線により退色するため、環境によっては2?3週間のあいだに色味が変化することがあります。

一見難しそうな押し花ネイルですが、ポイントさえ押さえておけばセルフでも十分可能です。かすみ草でブーケを作ってみたり、ドットのように配置してみたり、ネイルシールなどのデコパーツと組み合わせて世界観を表現したりと、アイデア次第で多様なデザインが可能です。SNSなどでもたくさんの人がセルフ押し花ネイルを公開しているので、それを参考にデザインを考えてみても良いですね。ジェルでもマニキュアでも楽しめる押し花ネイルに、ぜひ挑戦してみてください。

    ▲ページトップ