手芸

繊細だけど存在感抜群!手作りのワイヤーアクセサリーを楽しもう

2017-12-15

関連キーワード

ワイヤーを曲げていくだけで作れるワイヤーアクセサリーは、手軽で手芸が苦手な人でも挑戦しやすいハンドクラフトです。ワイヤー一本で存在感がありながらも繊細なアクセサリーが作れますし、ビーズや天然石と組み合わせるとより華やかになります。

でも、ワイヤーの種類も豊富でワイヤーを加工するための道具も必要になるなど、はじめる前に知っておきたいことが多いのも事実です。

そこで今回は、これからワイヤーアクセサリーをはじめてみたいと思っている方に揃えておいて欲しい材料や道具をご紹介します。

これだけあれば大丈夫!最低限必要な材料・道具

ワイヤーアクセサリーは、どのようなアクセサリーを作るかによって必要になる材料や道具も増減しますが、ワイヤーのみでアクセサリーを作る場合は以下のものがあれば問題ありません。

ニッパー
ワイヤーをカットするために使用します。ワイヤーによっては非常に細いものや柔らかいものもありますが、刃こぼれなどの原因になりますので絶対にハサミでは切ろうとしないでください。

平ヤットコ
ワイヤーをつかんだり加工するときに使用するものです。ペンチのような形ですがペンチより先が細く、より繊細な作業が行えます。ワイヤーをカットすることはできません。

丸ヤットコ
先端が円錐状になっているヤットコです。ワイヤーを丸く曲げるときに使用します。

ワイヤー
これがなければ始まりません。手芸店のほか、ホームセンターや100均でも手に入ります。

ニッパー、平ヤットコ、丸ヤットコについては、貴和製作所などでセット販売されているものを購入すると良いでしょう。

あると便利な道具

ほかに、以下のような道具があると便利です。

ヤスリ
カットしたワイヤーの先端を滑らかにするために使用します。爪やすりで十分です。なくても構いませんが、きちんと処理しておいた方が服や肌への引っ掛かりが少なくなります。

紙とペン
作品の下書きに使用します。特に文字を表現したい場合などは下書きの上でワイヤーを曲げた方が綺麗に仕上がります。

サインペンや口紅など筒状のもの
ワイヤーを丸く加工するときにサイズにあったサインペンなど筒状のものがあると、それに沿ってワイヤーを曲げることができ便利です。

作るアクセサリーによっては、これ以外にも丸カンやネックレスチェーンなど必要な材料を用意してください。

ワイヤーアクセサリーに使用するワイヤーの種類について

ワイヤーアクセサリーに使用するワイヤーは、形状や素材、太さなどバリエーションが豊富です。

形状は、断面が丸い「ラウンドタイプ」と半円形の「ハーフラウンドタイプ」、そして断面が四角い「スクエアタイプ」の3種類があります。ワイヤーの形状が変わるだけでアクセサリーの印象が違ってきますので、どのような形状が最適かをよくイメージすることが重要です。

素材には真鍮、銅、ステンレス、アルミ、銀、金などの種類があり、それぞれに硬さ(加工のしやすさ)や耐久性、価格が異なります。初心者の方におすすめなのは、「アーティスティックワイヤー(コパーワイヤー)」という銅線を塗装して作られたワイヤーです。値段が手頃で加工もしやすく、カラーバリエーションが非常に豊富なので好みにあったカラーを選ぶことができます。表面が塗装されているので錆びにくいのも嬉しいポイントです。

ただ、やはり価格の安さでいうと100均のワイヤーに軍杯が上がります。ワイヤーの加工に慣れるまで安価な100均のもので練習して、慣れてきたらアーティスティックワイヤーやほかのワイヤーを使うようにしても良いですね。

ワイヤーの太さは0.2mm〜2mmくらいと非常に幅広く、「◯mm」と直径が表記されていることもあれば、「◯番」「#◯」「◯号」のように番手(線番)・号数表記されていることもあります。太さはメーカーによって多少異なりロットによってもわずかに誤差がありますが、番手の数字が大きくなるほど細いワイヤーになるということを覚えておきましょう。 たとえばアーティスティックワイヤーなら直径と番手の対応は以下のようになっています。

#18 …… 約1.0mm
#20 …… 約0.8mm
#22 …… 約0.6mm
#24 …… 約0.5mm
#26 …… 約0.4mm
#28 …… 約0.3mm
#30 …… 約0.25mm
#32 …… 約0.2mm
#34 …… 約0.16mm

初心者におすすめなのは、#20(約0.8mm)から#26(約0.4mm)くらいの太さのものです。初めは太めの#20からはじめて、慣れてきたら徐々に細いものに挑戦していくと良いでしょう。

さあ、今日からワイヤーアクセサリーをはじめよう

ワイヤーアクセサリーは、最低限ワイヤーとニッパー、ヤットコ2種があれば始めることができます。紙に下書きを描いてそれに沿ってワイヤーを加工していっても良いですし、感性の赴くままに曲げていくのも面白いでしょう。ワイヤーにビーズを通したり天然石をワイヤーで包み込んだりすれば、また違った印象のアクセサリーを作ることもできますよ。

ワイヤーアクセサリーは制作途中でそのまま置いておいても解けてしまうということがないので、日常の隙間時間で少しずつ製作するにもぴったりのハンドクラフトです。ぜひ今日から始めてみませんか?

▲ページトップ