ガーデニング

シランはラン科、育て方は簡単?

関連キーワード

シランは紫の色などの花が人気の花です。シランという名前の通りラン科の植物でスッとした花や葉っぱの様子が美しいものです。

ラン科というと育てるのが難しいと思われがちですが、シランの育て方は意外と簡単です。育て方について詳しくご紹介したいと思います。日本が原産地で自生しているシランについてもっと知ることでもっと多くの人に育ててもらいたい可憐なナチュラルな雰囲気が素敵なランです。

★趣味時間おすすめガーデニング動画はこちら★

ラナンキュラスの球根の植え方


スポンサー

シランは「紫蘭」と書き、「美しい姿」が花言葉!

シランは、「紫」と漢字ではなっていて紫の花が一般的です。原産地は日本や台湾や中国で、日本でもよく見られますので実際に花を見たら知っている人も多いのではないでしょうか。

ただ、純粋な野生種は絶滅危惧種にもなっていますので自生しているのを見たら貴重とも言えます。

ランは一般的に育てにくくて初心者には難しい印象ですが、シランはランの中でもとても丈夫な種類です。育てやすくて日当たりがよく適度に湿っている所が好きですので、岩場や林などに自生して育っています。

また、シランは、「紫」と書きますが、紫以外にも白い花を咲かせる「白花紫」や中国で見られる「黄花紫」や中国や台湾にある淡いピンク色の「アマナ」などがあります。海外に自生しているものにはいろいろな色があるようです。そのどれも可憐な姿をしていてシランらしい美しさです。

シランの花言葉はというと、「美しい姿」となっています。ちょっとうつむいた感じに下を向いて咲く姿が涼しげで美しいとされたものです。うつむき加減の様子から一途な思いなどといった花言葉もあるほどです。シランの花は花言葉にも表れるように愛されている花となっています。

シランの花の時期は3〜5月、株分けも必要!

シランの花は、3〜5月に咲きます。ほとんど手がいらないシランですが、日当たりが悪いと花つきが悪くなりますので、日当たりのいい所に植えるように気を付けましょう。たくさん植えて春に花が一斉に咲く姿を楽しみたいものです。

シランは、日当たりがよく湿り気がある場所では放っておいても毎年増えていきます。耐寒性もあって庭植えでも凍結しなければ丈夫に育っていきます。

こうして段々と増えていくシランは、庭に植えていても3〜4年に一度は株分けをしてあげるのがおすすめです。

スポンサー

株分けの際に気を付けることは

シランは、10月頃に株分けをしてあげるのがベストと言われていますが、その際に気を付けなければいけないこともあります。

シランの増え方はとても面白く、地表すれすれのところに大きな球根のような3cm程度の卵型の「バルブ」と呼ばれるものができます。

「バルブ」について詳しくご紹介すると、秋になるとシランの茎の付け根が大きくなって「バルブ」ができます。冬は、この「バルブ」と根だけで冬を過ごし、地上部が枯れてしまうのが特徴のシランです。

その「バルブ」から春になると新芽が出て増えていきます。新芽や花を咲くようになる「バルブ」は、シランにとって大切なものです。株分けの際には、「バルブ」が3つ以上は付いているように株分けするのが気を付ける点です。

庭に植えると1mほどにも育つシランですので、株分けしてたくさん増やしてみるのもいいでしょう。下草として育てたり、鉢植えで30cmほどに育てて増やすのもおすすめです。ランというと育て方が難しいと思っている初心者の方もシランを最初に育ててみるのもいい方法です。

どんなシランを育てる?

シランは春や秋に植え付けるのがよく、多く売られているものとしては白い花の「白花シラン」やリップの先端をピンクに染めたようなので「口紅シラン」と呼ばれるもの、葉のふちに斑がある爽やかな葉っぱの「覆輪シラン」などが有名です。花だけでなくスッとした葉っぱも人気です。

また最近好評なのが真っ白い花のランらしい美しさを見せる「純白花」などです。ランの清楚な美しさを持った植物です。青紫色がきれいな「青花」や形がリップのようになって咲く華やかな「三蝶咲き」なども出てきていて新しく人気となっています。

鉢植えでも庭植えでも簡単に育てられますのでいろいろな花の色のシランを育ててみるときれいでいいのではないでしょうか。ベランダでも鉢植えが育てられそうですので育ててみませんか。

ランの花が好きな方で育てるのが難しいと思っている方や初めてランを育てるという人にとってシランはとても育てやすい種類となっています。

スポンサー

育てるのが簡単で、シランを育てる際のいい点はいっぱい!

シランは、育てやすく1株植えてもどんどん増えていくのが楽しみな植物です。また、肥料をあまりやらなくても育ってくれたりもするのがいい点です。放っておくだけで大きく育ち、たくさんに増えて広がっていきます。

植えておくだけで、毎年春になると花を咲かせてくれるのはとても嬉しいでしょう。丈夫で毎年が楽しみなラン科の植物で、ナチュラルな美しさを持った植物です。ぜひ庭植えや鉢植えで増やしていってみませんか。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ