ガーデニング

魅力的な山野草のフジバカマはどんな植物?増やし方は?

2018-02-04

関連キーワード

フジバカマは質素な花ですが、たくさん咲くと優しくて魅力的な秋の花となり好きな人もいるのではないでしょうか。秋の七草としても知られていて、万葉の時代などの古い時代から日本では愛されている植物です。

小さな花がたくさん集まってまとまって咲いている様子を見るとなんだか愛着がわくフジバカマです。自然な雰囲気がたっぷりといった印象の花です。もっと詳しく魅力を知って庭で育ててみませんか。

フジバカマはどんな植物?

フジバカマは、東アジアが原産地で古くから日本でも見られる植物です。耐寒性、耐暑性のどちらもあり、初心者でも育てやすい山野草と言われます。

現在は自生する環境が少なくなり、実は絶滅危惧種となっている貴重な植物です。ただ、簡単に育てられますのでそれぞれの庭で育ててもっと増やしてほしい植物です。

8月〜10月頃まで優しげな花を咲かせるのが魅力で、優しい色合いが秋の花といったイメージをよく表しています。5mmほどの小さな花がたくさん集まって房状に咲きます。

その様子から花火みたいに咲く花といった印象を持つ人もいます。

まっすぐに茎は伸び、1m〜2mほどに成長し、きれいな株になり、その上部に房状の花が咲きます。

フジバカマといった名前は、花の色が藤色で、花弁が袴のような形をしていることから名前が付いていると言われます。他に、「ヒヨドリバナ」などといった品種もあり、白い小さな花がフワッと集まった状態で咲いているのでヒヨドリのイメージだったのではないでしょうか。かわいらしい白い花を咲かせます。

また、フジバカマの葉っぱは香りがし、中国では「蘭草(らんそう)」や「香水蘭」と呼ばれるほどです。例えると、桜餅の葉の塩漬けされた香りに似ているとも言われます。花の魅力や香りなど、いろいろな魅力を秘めた山野草と言えるでしょう。

そんなフジバカマ(藤袴)について、古今集では歌がいろいろ詠まれています。
「なに人かきてぬぎかけし藤袴くる秋ごとに野べをにほはす」
「やどりせし人のかたみか藤袴わすられがたき香ににほひつつ」
「ぬししらぬ香こそにほへれ秋の野にたがぬぎかけし藤袴ぞも」
どれもフジバカマ(藤袴)の香りにまつわる歌です。いかに印象的な香りになっているかということでしょう。

フジバカマの魅力は?

こうして花も香りも魅力的なフジバカマですが、あらためてフジバカマの魅力をまとめますと素朴で野趣あふれる花がやはり魅力ではないでしょうか。秋を伝える花としての雰囲気を備えています。

一般的な品種は、つぼみの時は濃い色をしていて赤紫の色をしていますが、咲くと薄くて優しいピンクの花が咲きます。ちょっとイメージが変わります。また、白い花を咲かせる「白花フジバカマ」などの品種もあってどの色も優しい色合いが魅力です。

実はキク科のフジバカマだということを知っていますか。キクと同じように清楚な魅力が確かにありますよね。

草丈は、自然に放っておくと2m位までに大きくなるものもあります。全体的に和風な雰囲気がする植物ですが、最近人気のナチュラルガーデンにもおすすめです。山野草の自然な雰囲気、花や葉の色や姿がナチュラルな魅力を持っています。

広がって育っていきますが、フジバカマの魅力を大切に自然な形に育ててみるのがいい育て方です。山野草として成長していく過程の醍醐味も味わってみませんか。

フジバカマを増やすには?どうやって増える?

もし、大きくなりすぎて困る場合には、5月〜6月に株を1/3または1/2程度までに切り戻してあげると同じような大きさが保てますのでおすすめです。増やす場合には、切り取った枝を挿し芽にして増やしていくのがいい方法です。

株が混んできた場合には株分けをして増やしてもいいでしょう。

自生しているフジバカマは減ってきていますので、庭でフジバカマを育ててみることをおすすめします。

耐寒性と耐暑性もあり、植えておくだけで毎年花を咲かせてくれますのであまり手間がいりません。水切れにだけは注意をして育ててみましょう。水辺のような所が元々は好きですので水遣りは気を付けましょう。また、日当たりがいい場所も好きなフジバカマです。

ただ、フジバカマは増える際に、地下茎を横に伸ばしてどんどん増えていきますので少し注意が必要です。特に、地植えの場合には、他の植物の邪魔をしてはびこってしまうことがあります。邪魔をしそうな場合は増えないように区切って植えることも考えておきましょう。

フジバカマでナチュラルガーデンを目指そう

ナチュラルガーデンを目指す場合に植えると、大きくなりますし、自然な姿を楽しむことができます。庭の後ろの方の日当たりが良く、乾燥しづらい場所にフジバカマガーデンコーナーを作ってみてはいかがでしょうか。

秋になって優しい雰囲気の花が咲き、茎の魅力的な香りもするフジバカマを楽しんでみませんか。初心者でも育てやすいので自然あふれる姿を楽しみましょう。葉っぱもたくさんできれいで斑入りの種類もあります。できればたくさんに増やしてみたい植物ですね。

▲ページトップ