西洋画

フランスの最重要芸術家、ドラクロワの人生とは!?

2018-02-09

関連キーワード

有名アーティストたちのデザインモチーフで知られている、「民衆を導く自由の女神」。「自由とは何か」について、深く考えさせられる、今生芸術の中でも重要な作品のひとつでもありますが、この作品を描いたのが、「ウジェーヌ・ドラクロワ」という人物です。

本名「フェルディナン・ヴィクトール・ウジェーヌ・ドラクロワ」であり、ドラクロワの名前で親しまれています。

フランスの19世紀を代表するロマン主義の芸術家ですが、彼は一体どのような人生を送ってきたのでしょうか。今回、ここではフェルディナン・ヴィクトール・ウジェーヌ・ドラクロワの人生を追っていきたいと思います。

フランスで生まれたドラクロワ

ドラクロワが生まれたのは、パリの郊外にシャラントンという街です。1798年、1800年という節目に差し掛かろうという時代に、このドラクロワは生まれています。

父親が外交官シャルル・ドラクロワということで知られており、生活自体は大変裕福であったと見られています。若かりし頃から芸術家を目指していたドラクロワは、新古典主義で知られていた、画家ピエール=ナルシス・ゲランに弟子いりします。

当時から才能に優れていたドラクロワは、強い推薦を受けてサロンへと出展。見事、入選を果たしてプロの画家としての人生を歩み始めました。

賛否両論を巻き起こす

ドラクロワの力強い筆致や、描写などが評価を高めていきますが、1824年にサロンへと出品した「キオス島の虐殺」という作品が物議を醸します。

この2年前に、実際に起きた大虐殺の事件をモチーフにしていたこともあり、それは大変注目を集める一方で、「絵画の虐殺」という酷評を浴びるなど、よくも悪くも大きな話題となった、ということは確かです。その後、「キオス島の虐殺」は政府によって買い上げられていることからも、結果的には芸術作品とした高く認められた、ということになるのではないでしょうか。

七月革命

ドラクロワの人生を大きく左右するキッカケとなったのが、1830年の七月革命です。この七月革命の時に、あの「民衆を導く自由の女神」を作成しています。

実は、この作品を描く前に、イギリスで芸術活動をしていたり、政府から厳しく「画風を変化させてほしい」などの要望を受けたり、舞台衣装のデザインなど、ドラクロワの芸術活動に大きな変化がありました。

今までの強い筆致などはもちろんですが、政府に買取してもらうなど、芸術活動を続けていくための費用捻出など、芸術家としての葛藤に苦しんでいた時期だ、ともいわれています。そんな中、この作品が素晴らしい評価を獲得することになり、政府が買い上げ、後にドラクロワはレジオン・ドヌール5等勲章を授与されることにもなったのです。

モロッコ訪問

ある種、政府のお抱えの芸術家でもあった、ドラクロワはその功績が認められることで、外交使節に随行する記録画家という立ち位置でモロッコへと訪問しています。

その後、ドラクロワが発表している「アルジェの女たち」は、大変有名な作品として知られているのですが、このモロッコへと行った時の作品である、ということで知られています。

政府の期待に応え続けたドラクロワは、リュクサンブール宮殿、パリ市庁舎など、公的な場での装飾も多く手掛けています。結果的に、彼の手掛けた作品の多くは、永遠に残される文化遺産となっていき、パリをパリたらしめる、そんな外観が彼の手によって生み出されていったのです。

ドラクロワは、その後作品を晩年になるまで描き続けたことでも知られており、1863年に最後を迎える直前まで制作活動を続けていたことで知られています。

有名画家に影響を与えた

ドラクロワは、数多くの芸術家に影響を与え続けた画家、ということでも知られています。今までには無かった、新しいアプローチでの色彩表現などは、数多くの芸術家たちに強い影響を与えており、ルノワールやゴッホなど、世界に名立たる芸術家たちが多大なる影響を受けた、とされています。

貴重な日記

ドラクロワを語る時に、多くの人たちは彼の日記について注目をしています。1822年から付けられ始めた日記ですが、途中頓挫はしたものの、1863年の死去するまで描き続けられたというのですから、驚きです。

ジョゼフィーヌ・ド・フォルジュ男爵夫人、ショパンなど、歴史上非常に重要な人物たちとの会話なども収められており、当時のパリや芸術界などを探るための、貴重な資料として現在でも重宝されています。この日記自体は、出版されており、何度か改訂が続けられ、現在では「Jose Corti」から刊行されています。

ドラクロワという人物

ドラクロワは、斬新な構図や色彩使いなどで、多くの画家や芸術家たちに影響を与えた重要人物です。しかし、政府のお抱えとなるように、大変順応性が高く、知的で精神的に高次な感覚を持っていた人物である、ということも推測されます。

今後も、ドラクロワのさまざまな情報は改訂されていき、新たな作品も見つかるかもしれません。今後、ドラクロワについて探求するのも、面白いのではないでしょうか。

▲ページトップ